2018春ドラマ

あなたには帰る家がある・視聴率一覧・感想まとめ随時更新/中谷・玉木2018春ドラマ

投稿日:2018年4月17日 更新日:

 

家

 

2018年4月スタート、TBSの春ドラマ「あなたには帰る家がある」の視聴率と感想をまとめています。

夫婦のあるあるを描いたドラマですが、好き嫌いがあるようで、視聴率はどうなるでしょうか?



 

 

番組情報

TBS
「あなたには帰る家がある」
毎週金曜日、夜10:00

スタート
4月13日(金)夜10時スタート
初回15分拡大

 

「あなたには帰る家がある」主な感想まとめ

第1話・4/13

・ドロドロになるのが楽しみ

・両親と同じような感じで面白い

・あんな感じはよくある、夫婦あるあるだ

・不倫するのが簡単すぎる

・夫婦あるあるがもっとあるかと思った

・もっと明るいドラマかと思っていた

・いがみ合うのをみているのが辛い

 

第2話・4/20

・1話よりもコメディー感があった

・主要キャストがよく、来週も楽しみ

・ユースケと木村さん夫婦はみていて辛い

・展開が偶然すぎる

・コメディードラマにして欲しい

 

第3話・4/27

・男性にとってどちらの奥さんが良いのかと考えてしまった

・洋画の「隣の女」を思い出した

・深刻にならずかなり笑って観てる。佐藤家は見てて面白い

・高校生の子供が気付いてるのは可愛そう

・3話は重かった、逆に3話は面白かったという意見も

・普通のドラマは他人事で観れるけど、これは観ていて心が痛くなる

 

第4話・5/4

・綾子のメンチカツ、怖かった

・中谷さんの様々な表情や演技がいい

・「浮気される側にも原因がある…わけないだろー!!」の絶叫、上手い!

・来週の展開が楽しみ



 

 

第5話・5/11

・綾子はサイコパス、ほんとうに怖すぎ、一緒に露天風呂なんてありえない

・木村多江さんのすべての女性を敵に回すような演技がすごすぎ、

・綾子の不倫は初めてではないと思う。太郎が可愛そうに見えてきた

・橋の上で茄子田が言ってたことは核心をついていた

・木村多江、ユースケの怪演、玉木のダメっぷり、中谷のなく演技、役者が上手い

 

第6話・5/18

・慎吾くんが心配、どこにも救いがない

・茄子田は嫌いだけど、綾子に「指が」と言われ、一瞬自分のことだと思ったユースケの演技で、思わず可愛そうになってしまった

・麗奈は家族が壊れていたことを突然知りショックだったと思うが、自分の感情をストレートに親にぶつけることができるのだから、幸せに育って来たのだと思う

・いちばん守りたかった麗奈を傷つけてしまい、真弓が別れを選んでも仕方ないと思う

・人生を変えたい綾子に、周りが巻き込まれた感じ

・ドラマとわかっていても、ズカズカと人の家にあがり、部屋をメチャクチャにし、麗奈を傷つけた綾子に腹が立つ、嫌悪感をいだく

 

第7話・5/25

・「今まで1回でも 自分から動いたことあんのか、おっさん」と投げ飛ばしたのはスッキリした

・真弓が秀明に感謝の気持ちを伝えたのは良かった

・さっさと離婚届出せばいいのに1時間ずっと引き延ばしでイライラ

・安易な復縁になったらガッカリする

・太郎は通帳を隠すが、綾子はしっかりへそくりを準備していて何もかも用意周到。秀明の住所はどうやって知ったのか?恐ろしい

・綾子が出てくると、オカルトコメディー。吹き出してしまいそうになるくらい面白い。もはやホラーだ

・綾子の言動は不快

 

第8話・6/1

麗奈に言った「頑張れ」の意味は人によって解釈が違い、

・麗奈が部活を辞めても、辞めなくても、離婚しても親だから、この先何があっても麗奈の味方だという気持ちの表現

・麗奈は何を頑張ればいいのか? そもそも浮気した父親に言われたくない

・父親が、好きな男の子の母親と浮気していたのは相当ショック。麗奈の気持ちを考えると、両親が頑張れと叫ぶシーンはなぞすぎる

・麗奈が「3人がいいよ」って本音を言えた、よいシーンだった

など

 

・子供が受けた心の傷は分かりつつも、玉木宏のおどおどした、挙動不審なパパキャラがおかしくて笑ってしまう

・綾子は鍵を盗んだけど、それは犯罪。警察に届ければ綾子を撃退できるのに、それができないのが秀明

・綾子の執拗さは半端ない、イライラする。秀明も脇が甘すぎるからすぐつけ込まれる

・綾子の猛ダッシュには笑えた

・離婚しても、何だかんだとコミュニケーションがあり、相手を思いやれる。離婚しなくてもよかったのでは?

・綾子の異様っぷり、秀明のまぬけさ、茄子田の亭主関白ぶり、真弓の不器用さ、それぞれのキャラクターを見事に表現している。だからドラマとして成り立っていて、面白さも際立っている

綾子の猛ダッシュには、嫌悪感を覚えた人もいましたが、どんな感動的なドラマより忘れられない、このドラマの名シーン、綾子は怖いけど笑えた、と大爆笑した人が多かったようです。

 

第9話・6/8

・秀明は離婚したのに真弓につきまとい、未練がましい

・綾子につきまとわれて迷惑しているのに、ハッキリ拒絶できない、病院にまでつれていく秀明にイライラする

・茄子田は横柄で自分勝手で女の敵だと思っていたが、不器用なだけで、実はいい人なんだと思った

・茄子田がハッピーバースデーを歌うシーンは、茄子田の誠実さが出ていると思った

・真弓と茄子田のディナーシーンは、茄子田の人間味が溢れていて、今までのイメージが覆った。幸せになって欲しい

・綾子は誰かに依存することをやめて、成長してほしい

・綾子は秀明が好きというよりも 自分にないものを持っている真弓のものが欲しいのだと思った。過去も同じようなことがあったのだろう

・綾子は合鍵を盗む、不法侵入、ストーキング、飲食店への料理の持ち込み、犯罪とルール違反のオンパレード。人の気持ちは無視、自分勝手な最悪の女で、どんな理由があったとしても擁護できない

・綾子は怖いし、気持ち悪い。、アナコンダはツボだった

・綾子は子供の心配を全くしない、自分の思いを押し通すだけの、愛情のない人だと思う

・真弓は人の話を聞かない。秀明の話もちゃんと聞いてあげればいいのに

・完璧な人間はいない。4人ともダメな所が沢山あるが、自分のダメな部分に気がつけるかどうかだと思う

 

第10話・6/15

・意表を突いた展開で面白かった

・毎回、主人公変わり面白い。秀明が主人公かと思っていたが、それぞれにとっての「帰る場所」はどこなのか?ということがテーマなのだと思う

・「あなたには帰る場所がある」は、綾子に対しての言葉だと思う

・最初は嫌な奴だった茄子田が、実はいい人だった。お通夜のシーンはカッコよかった

・茄子田の息子慎吾が父親を選んだときはスカッとした。慎吾はあんな状況でも、ちゃんと育っていた

・慎吾は茄子田にちゃんと愛されていた

・綾子は昔からだらしなく、人のものを欲しがる人だった。親や姉からの扱いは当然

・いくらなんでも、義兄の子を身ごもった綾子をお見合いさせるなんて非常識

・綾子は幼少期から姉と比べられ、劣等感を植え付けられてきた。綾子の性格は、そんな環境から育ったもの

・当時の時代背景からいけば、綾子の結婚をすすめた両親の対応は理解できる。綾子が茄子田を選んだ理由も分かった

・綾子のやったことはひどいが、義兄には罪はないのか?

・綾子は自分のコンプレックスを、人の物をとることで埋めていた。姉より自分の方が魅力があるのだと、今までそうやって生きてきたのでは?

・茄子田の母(綾子の姑)は嫌な人だと思っていたが、綾子の過去をしって、姑の気持ちが分かった。それを踏まえると綾子の行動は勝手すぎる。ただ、慎吾にまで話をしていたのはいただけない

・真弓は茄子田の人間性に惹かれているのだと思う

・真弓の茄子田へのキスは、人の物を欲しくなる綾子への挑発

・真弓は綾子の過去を知り、茄子田の綾子への思いも知った。人の物を欲しがる綾子の習性を利用して、綾子を茄子田の元へ行かせるための画策

 

 

平均視聴率一覧

第1話・4/13:9.3%

第2話・4/20:8.1%

第3話・4/27:9.1%

第4話・5/4:6.5%

第5話・5/11:8.0%

第6話・5/18:7.9%

第7話・5/25:9.0%

第8話・6/1:7.7%

第9話・6/8:8.2%

第10話・6/15:9.7%

※ビデオリサーチ調べ(関東地区)

 

放送終了後、更新していきます。



 
見逃したドラマ、もう一度みたいドラマはありませんか?
ドラマだけでなく、アニメや映画、スポーツなど、幅広いジャンルで配信サービスがあります。
今なら無料キャンペーンやお得なプランがあります。
各社のサービスをまとめていますので、是非チェックしてみてくださいね。
 
動画配信サービス比較はこちら
↓ ↓ ↓
動画配信サービスで見逃し無し!お得な見放題プランや無料キャンペーン  
 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2018春ドラマ
-, , , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年6月
« 5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。