平昌パラリンピック

平昌パラリンピック成田緑夢金メダル!スノーボード結果記録速報スラローム

投稿日:2018年3月16日 更新日:

 

オリンピックメダル

 

平昌パラリンピックから新種目となったスノーボードで、メダルを期待されていた、成田緑夢選手が、金メダルを獲得しました!

今回の種目は、スノーボードバンクド回転(バンクドスラローム)です。

スノーボードクロスに引き続きのメダル獲得です。

男子スノーボードバンクド回転(バンクドスラローム)の結果・記録をまとめました。



 

 

バンクド回転(バンクドスラローム)

・コース上の旗門を、規定どおりに通過してゴールしたタイムを争う

・同じコースを3回滑る

・一番早いタイムで順位が決まる

 

立位のカテゴリー

上肢障がいクラス
SB-UL

下肢障がいクラス
SB-LL1
膝より上の切断など、比較的重度な下肢障がいの選手が出場

SB-LL2
膝より下の切断やまひなど、SB-LL1クラスよりも軽度の下肢障がいの選手が出場

 

バンクド回転(バンクドスラローム):結果・記録

カテゴリーは、下肢障がい、LL2クラスです。

順位 選手 1回目 2回目 3回目 記録
成田緑夢 日本 50.17 (1) 49.61 (1) 48.68 (1) 48.68
Evan Strong アメリカ 51.03 (3) 50.05 (3) 49.20 (2) 49.20
Matti Suur-Hamari フィンランド 51.05 (4) 51.64 (4) 49.51 (3) 49.51
4位 Mike Shea アメリカ 50.45 (2) 50.01 (2) 49.70 (4) 49.70
5位 Carl Murphy ニュージーランド 52.00 (5) 51.80 (5) 50.21 (5) 50.21

1本目、2本目、3本目と、1位をキープしての金メダルです。

スノーボードクロスに引き続きのメダル獲得本当におめでとうございます!



 

 

競技後のコメント

成田緑夢選手の競技後のコメントです。

「最高ですね。文句のない最高の大会となりました。全部挑戦の一本で、全部ベストを更新したので完璧かなと思います。

 

そうですよね。3本ともずっとトップでした。完全勝利です。

 

成田緑夢選手・プロフィール

成田緑夢選手のプロフィールを簡単にご紹介します。

名前:成田 緑夢(なりた ぐりむ)

誕生日:1994年2月1日

1998年:長野オリンピックでスノーボードのデモンストレーターを務める

2012年11月からフリースタイルスキー・ハーフパイプに取り組み始め、

2013年1月、2月のFISワールドカップに3回出場

2013年フリースタイルスキー世界選手権の日本代表に選出

姉が今井メロ、兄が成田童夢という、スノーボード一家の次男

 

2010年当時、成田緑夢選手は、ショーン・ホワイトが見せた新技「ダブルマックツイスト1260」を一発で決める技術を持っていたそうです。

ショーン・ホワイト選手と言えば、平昌オリンピックのハーフパイプで、平野歩夢選手と激闘のすえ、金メダルを獲った選手です。

将来を有望視されていたのは、間違いありません。

 

でも、2013年にトランポリンの練習中の事故で、ケガをしてしまいます。

左足の腓骨神経麻痺という重傷でした。

 

平昌パラリンピックでは、スノーボード競技で出場しましたが、2020年の東京パラリンピックの出場も目指し、走り高跳びに取り組んでいます。

 

障害を乗り越え、さまざまな競技に挑戦している成田緑夢選手。

いろいろな競技を通じて、身体能力もより培われているのかもしれません。

それが成果につながっているのかな、と思いました。

 

 

ご覧いただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-平昌パラリンピック
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031