漫画

『君は春に目を醒ます』完結!10巻あらすじ|47話〜49話・番外編・おまけまんが

投稿日:

Amebaマンガ

人工冬眠(コールドスリープ)という、ちょっとファンタジーな世界の恋愛模様を描く『君は春に目を醒ます』。

遂に完結しました!

今回は、どう完結したのか、あらすじ&ネタバレを紹介させていただきます。



 

 

登場人物(キャラ)

■絃(いと・女)
高校2年生の女の子。
小さい頃から幼なじみの千遥が好き。
まっすぐひたむきな性格。

■千遥(ちはる・男)
絃の幼なじみで、実は7歳年上。
高校2年生の時に、病気で人工冬眠(コールドスリープ)をし、7年眠っていたため、絃と同級生として過ごす。
絃が大好きだが、恋愛には疎い。
最近、絃への恋心を自覚した。

■弥太郎(やたろう・男)
絃のもう一人の幼なじみ。高校2年生。
絃のことがずっと好きだが、好きだから絃に意地悪してしまっていた過去も。
ぶっきらぼうだが優しい。

■尾白しほり(おじろ しほり・女)
絃達と同い年の高校2年生。
もうすぐ人工冬眠に入る関係で、千遥が相談役を任される。

 

君は春に目を醒ます 9巻ラストおさらい

9巻ラストでは、弥太郎の長年の想いが遂に終わりを告げました。

その事で、やっと弥太郎は前に進めます。

絃も、弥太郎の真剣な想いを受け、前に進む決意をします。

10巻は遂に最終巻。

あらすじ&ネタバレを紹介していきます!

 
タロット占い協会の無料講座で基本が学べる
女性のための無料タロット占い講座
 
スポンサーリンク
 

 

君は春に目を醒ます 10巻あらすじ&ネタバレ

#47

絃は、千遥とちゃんと話をする事を決意し、放課後、話をする約束を取り付けます。

しかし、絃との約束の時間の前。

千遥の目の前で、しほりが倒れてしまい、そのまま病院へ。

しほりは、このまま人工冬眠する事になるかもしれなくなり、千遥は絃との約束の場所へ、行けなくなってしまいます。

そんな千遥の背中を押したのは、しほりと、その場にたまたま居合わせた弥太郎。

背中を押された千遥は、絃の元へ、走っていくのでした。

せっかく進みかけた絃と千遥が、また離れてしまう…!?と思いきや、しほりと弥太郎のおかげで進展出来そうです。

弥太郎、フラれたばかりなのに(だからこそ?)背中を押していてえらい!と思ってしまいました。



 

 

#48

しほりは、病室のベッドで、弥太郎と話をしています。

千遥が目覚めるまで7年待ち続けた絃。

私はそんな風に誰にも待っててほしくない、と、しほりは話します。

それに対し、弥太郎は、友達でも家族でもない、気遣う必要のない自分が、しほりを待ち続けると約束します。

弥太郎の将来の夢は、人工冬眠装置の技術士。

だからこそ、忘れようがないから、と。

一方千遥と絃。

絃は帰ろうとしますが、やはり今日話をしたいと思います。

そう思っているときに転んでしまい、千遥に子供の頃もらった大事なヘアゴムを壊してしまいます。

これが答えなのかと、泣きじゃくる絃。

そこに、千遥が現れます。

そして、千遥は、改めて告白。

絃も素直に自分の気持ちを伝え、2人はキスを交わします。

やっと、絃と千遥の想いが通じ合った瞬間です。

告白シーン、とても良いシーンです。

ぜひ作品でどんなシーンなのか読んでほしいので、あっさりめに書かせていただきました。

桜が舞う中の告白シーンは、この作品の集大成だと思います!



 

 

最終回(49話)

病院へ戻った千遥と、付いてきた絃。

そのまま人工冬眠する事になったしほりに挨拶をし、帰り道。

千遥と絃は、弥太郎に、付き合う事になったと報告をします。

そして、話題は千遥の誕生日に。

絃は、千遥がずっと眠っていたから、18歳の誕生日を迎えるのはすごい事と喜びます。

ある日の学校。

絃は、千遥に返してしまったネックレスを、千遥が大事に持っているのを見かけ、やっぱりもらう事にします。

そして、千遥の誕生日をどうするかの話をする2人。

千遥は、絃とこれからの話が出来る事を喜びます。

物語は進み、10年後。

人工冬眠装置の技術士になった弥太郎は、しほりが目覚める瞬間に立ち会います。

それはまた、桜の咲く、春の季節なのでした。

『君は春に目を醒ます』遂に終わってしまいました…!

とても綺麗な終わり方でよかったです(*^_^*)

9巻から出てきたしほりが中々いい味を出してましたね!

次は、そんなしほりが主人公の番外編をご紹介させていただきます。



 

 

番外編

番外編では、10年経って目覚めたしほりと、弥太郎の後日談が描かれています。

しほりは、弥太郎の家に出入りするようになり、次第に弥太郎を特別に想うように。

弥太郎も、10年待ち続けてたとあって、しほりを可愛がっている様子。

そんな2人が、両想いになるまでを描く番外編。

私としてはこれを読まないと『君は春に目を醒ます』の完結とは言えない、と感じてしまうくらい好きでした!

しほりの自由な性格と、弥太郎の面倒みのいい性格、2人の相性はぴったりだと思います。

 
タロット占い協会の無料講座で基本が学べる
女性のための無料タロット占い講座
 

 

おまけ

おまけまんがは、1〜5ページの描き下ろしまんがが4作収録されています。

絃の小さな頃の話から、高校生活の話など、『君は春に目を醒ます』ファンならぜひ読んでおきたいまんがばかりです!

ララ本誌で読んでいた方も、ぜひおまけまんが読んでみてくださいね!

 

作品データ

作者:縞 あさと
タイトル:君は春に目を醒ます
巻数:10巻(47話〜49話、番外編、おまけまんが)
出版社:株式会社 白泉社(花とゆめコミックス)

 

■こちらもどうぞ

 

絃と千遥の両片想い、どう解消されるのかなと思ってましたが、綺麗に両想いになりました!

『君は春に目を醒ます』らしい、爽やかで温かみのあるラストでした。

春に最終巻が発売されて、それもまた時期があっていていいですね(*^_^*)

また縞あさとさんの新作が出たら読みたいと思いました!



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画
-, , , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク