漫画

『君は春に目を醒ます7巻』32話・33話・34話・35話・36話あらすじ&ネタバレ

投稿日:2021年3月19日 更新日:

 

君は春に目を醒ます

 

人工冬眠という少しだけファンタジーな世界観で進んでいく、『君は春に目を醒ます』。

ついに7巻が発売されました!

早速、あらすじとネタバレを紹介していこうと思います☆



 

 

登場人物(キャラ)

■絃(いと・女)
高校2年生の女の子。
小さい頃から幼なじみの千遥が好き。
まっすぐひたむきな性格。

■千遥(ちはる・男)
絃の幼なじみで、実は7歳年上。
高校2年生の時に、病気で人工冬眠(コールドスリープ)をし、7年眠っていたため、絃と同級生として過ごす。
絃が大好きだが、恋愛には疎い。

■弥太郎(やたろう・男)
絃のもう一人の幼なじみ。高校2年生。
絃のことがずっと好きだが、好きだから絃に意地悪してしまっていた過去も。
ぶっきらぼうだが優しい。

■杏(あん・女)
絃たちの後輩で、高校1年生。
絃の逆で、同級生の幼なじみ澪が人工冬眠し、同級生ではなくなってしまった。
明るく元気な女の子。
澪が大好き。

■澪(みお・男)
杏の幼なじみ。
杏と同い年だが、3年間人工冬眠したため、同級生ではなくなってしまった。
中学1年生となり、思春期真っ盛り。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

6巻ラスト振り返り!

6巻では、絃・千遥・弥太郎の三角関係が気になる中での修学旅行で終わっていました。

弥太郎に告白された絃は、弥太郎の前で千遥と仲良くする事に気が引けてしまいます。
だけど、修学旅行の自由時間、絃の班は千遥・弥太郎の班と一緒に過ごすことに。

なんとなく気まずい空気の中、千遥とボートに乗る絃。
千遥は『弥太郎いい子だしお似合いだと思う』と、弥太郎と絃との仲に口出しします。
それに怒った絃は、更に千遥と気まずくなってしまいます。

それに勘付いた弥太郎は、微妙な表情をした絃に「今日はオレといろよ」「少しは気分マシにしてやるから」と言い、絃を連れ出します。
おかげで絃の気分もマシになるのでした。

そして、夜。
千遥は絃の部屋を訪れ、謝ります。
その姿はまるで子供みたいで…。
「もう全然年上には見えないよ」
「でもそれでいいよね 私たち同い年なんだから」
優しく微笑む絃に、千遥は過去のトラウマ(6巻ネタバレ参照)が溶けていくのでした。



 

 

7巻あらすじ&ネタバレ

7巻でも、引き続き修学旅行の夜から話が進んでいきます。

早速あらすじをご紹介します!

ネタバレも含みますのでご注意を。

 

修学旅行の夜・・・

絃と千遥は仲直り。

だけど、なんとなく千遥と弥太郎は気まずいまま…。
それを見かねた同じ班の友達に、千遥と弥太郎は同じ部屋にされ、一晩過ごすことに。
2人は言葉をほとんど交わさず寝る時間になりますが、千遥が弥太郎に話しかけます。

「昼間……絃とどうしてた?」
千遥の問いかけに「……お前に言われたことで暗い顔してたから連れ出した」
そう返す弥太郎。

千遥は弥太郎に、自分の気持ちを話します。
過去の感情に固執していて、絃を妹だと思うのをやめることに抵抗があったこと。
でも今日、やっとそこから抜け出すことが出来た気がすること。

そして弥太郎も自分の気持ちを話します。
千遥が言った言葉で絃を傷つけたことは許さないこと。
正直、未だに千遥が同い年にならなきゃよかったと考えてしまうこと。

謝らないと言う弥太郎に、千遥はそれでいいと返します。
『「絃をいじめてたクソガキ」って印象のまま、いい奴だって知ることもなかっただろうから、オレは弥太郎と同い年になれてよかった』
そう伝えた千遥。

2人の気まずい空気も、本音を言い合えたことで、変わっていくのでした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

修学旅行が終わり、千遥は撮った写真を眺めます。

そこには、絃が隠し撮りした千遥の寝顔の写真が。

それを見て千遥は、思わず「好きだよ絃」と口をこぼします。

千遥にとって、初めての自覚なのでした。

やっと千遥の気持ちが動き始めました。

絃との関係も進んでいくのが楽しみです。

でも中々簡単にはいかないようです…。



 

 

初めてのバレンタイン!

人工冬眠から目覚めて初めてのバレンタイン。
千遥は、人工冬眠前は絃と毎年マフィンを作っていたことを振り返ります。
そして、澪と一緒にマフィンを作って絃に告白しようとしますが、失敗してしまいます。

一方絃は、弥太郎になんとなく遠慮してしまい、本命チョコは作れないでいます。
弥太郎だって遠慮されたくはないだろうけど、それでも気にしてしまう自分に腹立たしく感じる絃。

バレンタイン当日。
絃は弥太郎に隠れて友チョコを千遥に渡します。
だけど、弥太郎に見つかってしまい…。
欲しがる弥太郎に、「もう“ついでに”とか“余ってるから”とかで弥太郎に何かあげたりしたくないから!」と言って逃げる絃。
そんな絃の行動を、弥太郎は嬉しく感じます。

その後、絃は杏から、千遥が絃にマフィンを作ってくれていたことを聞きます。
それを聞いた絃は、本命チョコは渡せなかったけど、せめて少しでも特別だと伝わるようにと、千遥を家に呼び出し、一緒にマフィン作りをします。

マフィンが焼き上がり、仲良く食べる絃と千遥。
千遥は、絃と二人きりなことに緊張していると言い出します。
どうして?と尋ねる絃に、千遥は向き直り、気持ちを伝えようとします。
だけれどそこに、絃の母が帰ってきてしまい、気持ちは伝えられず…。

その時のことを、後日弥太郎に、もっと簡単に言えると思ってたと、千遥は語ります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

7巻ラスト

順調に進んでるように見える7巻。
だけれど、ラストに差しかかり、絃・千遥・弥太郎の三角関係がまた絡み合います。

絃の通う高校にある、文化祭後夜祭のジンクス。
『ライトアップされる瞬間に好きな人に触ると両思いになる』というもの。
絃はそれを千遥に試そうとしましたが、うまくいきませんでした。(3、4巻ネタバレ参照)

千遥は文化祭のジンクスを知らないと言っていたので、思い切って試していた絃でしたが、実はそのジンクスを千遥が知っていたと判明。

つまり、絃の気持ちに、千遥は気付いていたという事。
そして文化祭後の夜祭では、千遥は絃とはぐれたフリをしています。
絃はその事を思い出し、それが千遥の答えだと思い、千遥の前から逃げ出します。

その日の夜、千遥は絃を呼び出し、自分の気持ちを伝えようとしますが、素直に受け取れない絃はそれを遮り、千遥の気持ちは絃を傷つけないために、絃を見る目を頑張って変えた物ではないのか、それは恋とは言わない…そうぶつけるのでした。
そして絃は、クリスマスにもらったネックレスを千遥に返し、その場を去ります。

翌朝、早くに登校した絃は、弥太郎に会います。
弥太郎と共に化学室へ行く絃。

弥太郎は、絃の気持ちに気付いた千遥に口止めしたのは自分だと、絃に謝ります。

絃は千遥の事を「本当に好きになってくれたのかも。なのに千遥くんのこと信じられなくて……そんな自分が嫌で」と吐露し、つい弥太郎の前で泣いてしまいます。

弥太郎は、泣き出した絃を抱きしめるのでした。



 

 

作品データ

作者:縞 あさと
タイトル:君は春に目を醒ます
巻数:7巻(32話〜36話)
出版社:株式会社 白泉社(花とゆめコミックス)

 

■こちらもどうぞ

 

うまくいくかと思いきや、こじれてしまった絃たちの関係。

こじれたまま、物語は8巻へ進んでいきます。

8巻は2021年夏発売予定とのこと。

続きが楽しみです!



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク