漫画

最近おすすめの少女漫画『君は春に目を醒ます』4巻あらすじ&ネタバレ

投稿日:2019年12月23日 更新日:

楽天市場

 

3巻では気になる展開で終わっていた『君は春に目を醒ます』。

続編の4巻、あらすじ&ネタバレを早速紹介してまいります!



 

 

『君は春に目を醒ます』4巻あらすじ!ネタバレ!

3巻では、学校祭のジンクスをもとに、絃・千遥・弥太郎のそれぞれの想いが動き出すところで終わっていました。

早速、その後どうなったのか、ご紹介します!

千遥の行動と、弥太郎の気持ち

3巻ラストでは、

『後夜祭のライトアップの瞬間に好きな人に触れると結ばれる』

というジンクスを実行しようと頑張る絃が描かられていました。

それに対し、

『絃の好きな人は自分ではないか』

と気付いた千遥は、妹のようなものと思っていた絃の気持ちに戸惑い…。

思わず後夜祭で絃を置いて逃げ出します。

そこからストーリーは4巻へ続きます。

後夜祭の人ごみに押され、転びそうになった絃の手を掴んだのは、弥太郎。

あまりの人ごみに、弥太郎は絃の手を引き、人気のないところへ連れ出します。

そして弥太郎は絃へ、

「ジンクスのことは知っている」

と告げた上で、

「(手を掴んだのは)他意はない」

と伝えます。

その上で、

「オレとお前が付き合うとかありえないだろ」

と寂しそうな笑顔で絃へ告げます。

ついに弥太郎が動き始めた!というところでしょうか。
3巻ラストでモヤモヤしていた読者も多いはず!(私もでした)
4巻最初からの弥太郎の動きに、更にストーリーが気になる展開に進んでいきます。

 



 

 

千遥と弥太郎の、絃への想い

その後、弥太郎は千遥を探しだします。

千遥の口からこぼれたのは、

「絃の好きな相手はオレなのか?」

という質問。

弥太郎は、

『千遥が絃の気持ちに気付いたから逃げ出した』

ということを知り…。

弥太郎は千遥へ、

「絃が泣いているところをもう見たくない」

「その気がないなら、絃の気持ちに気付いたことは黙っていろ」

と言い放ち、その場を後にします。

一人きりになった千遥が思い出すのは、『人工冬眠』前の絃の姿と、今の絃の姿。

そして、弥太郎から言われた、

「絃が泣いているところをもう見たくない」

という言葉を思い返す千遥。

絃がまた泣いているのでは思い、思わずその場から駆け出します。

千遥が絃を見つけ出し、絃は千遥へどこに行っていたのかと、心配していたと、怒ります。

そこに千遥が感じたもの…。

それは、『今の絃への思い』なのではと、私は感じました。

弥太郎と千遥の直接対決が、ついに始まりました。
弥太郎の今までの片思い歴は長いので、そこは千遥にも勝てないところだと私は思っています。
千遥は、年齢の割には恋愛に疎いところがあると感じているので、どうなっていくのか気になりますね!

 



 

 

動き出す弥太郎!一方千遥は…

文化祭も終わり、日常に戻る絃たち。

そんな中、絃は、後夜祭の時のさみしそうな弥太郎の笑顔が忘れられずにいます。

一方弥太郎は、

『千遥が『人工冬眠』から目覚めていなければ、絃の一番近くにいたのは自分だったのでは』

と一瞬でも思ってしまい、自己嫌悪に陥ります。

そこから、弥太郎目線での絃とのエピソードが綴られていきます。

小学生時代の、ついつい絃に意地悪してしまっていた自分や、その事で絃との関係がギクシャクしてしまった過去…。

過去を思い返しているうちに、下校が遅くなる弥太郎。

たまたま、絃も下校するところでした。

弥太郎は絃を送って帰ります。

絃と話しているうちに、絃への気持ちがこみ上げる弥太郎。

今まで呼んだことのなかった名前を、ついつい呼んでしまい…。

慌てたように弥太郎は、

「絃って呼んでもいい?」

と尋ねます。

「いいに決まっている」

そう絃は返事をして弥太郎と別れますが、絃は弥太郎の『変化』に気付きます。

弥太郎はもしかしたら私が好きなのでは…と考え始める絃。

次の日。

絃と弥太郎の間の『変化』に気付いた千遥。

そこからどんどん、千遥も、絃への気持ちが変化していきます…。

弥太郎がついに本格始動です!
それに感化されるように、千遥の気持ちも動き出し…。
絃・千遥・弥太郎の3人の気持ちが、どんどん交錯していきます。

 

4巻ラストでは、絃と千遥、杏と澪(3巻で登場!)のダブルデートも。

そこでも千遥の気持ちに大きな変化が…!?

どんな変化なのか、ぜひ読んでみてくださいね!

 

作品データ

縞あさと
『君は春に目を醒ます』4巻

 

■【Renta!】で試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
漫画をお得に読むならRenta!でレンタル

■こんな記事もあります。

 

今回は、今までくすぶっていた弥太郎が、ついに動き始めました!

弥太郎目線での絃とのエピソードもあり、これまでの読者も納得する展開&更に気になる展開へとなりましたね。

千遥もついに、絃への気持ちが変わっていくようです。

作者の縞あさとさんは、気持ちの変化の描写が素敵ですねー!

5巻が楽しみです。

2020年春頃、5巻発売予定とのこと。

早く読みたいですね!



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です