漫画

抱きしめてついでにキスも6巻あらすじ&ネタバレ・21話〜24話

投稿日:

 

抱きしめてついでにキスも6

 

年下彼氏との甘々ストーリーが話題の『抱きしめて ついでにキスも』。

6巻でも、甘々&胸キュン展開が満載です!

久龍さんと莉桜にも新しい展開が…!

あらすじ&ネタバレを紹介します☆



 

 

登場人物(キャラ)

■朝日奈 たま子(あさひな たまこ・女)
30歳。コスメの会社で働くOL。
竹田くんに出会うまで、8年間彼氏がいなかった。
思ったことが表情に出やすい素直な性格です。

■竹田 虎太朗(たけだ こたろう・男)
23歳。たま子の働く会社に警備員として入ってきた。
イケメン。

■久龍 正宗(くりゅう まさむね・男)
婚活パーティーでたま子を助けてくれたイケメン。
ネット系ビジネスの社長。

■莉桜(りお・女)
竹田くんの元カノであり、久龍さんの元婚約者。
竹田くんと久龍さんをフタマタかけていた。

■ルカ(女)
たま子の同僚。
いつもたま子の恋愛を心配しています。
たま子の恋愛を引き止める役割。

■椛(もみじ・女)
たま子の同僚。
いつもたま子の恋愛を応援しています。
たま子の恋愛を押す役割。

■依未(えみ・女)
竹田くんの姉。26歳、既婚。

■巳木 陽斗(みき はると・男)
メイクアップアーティスト。
たま子とは仕事で一緒になった。

■あつこ(女)
竹田くんの同僚。
たま子と同い年で、たま子とも仲がいい。

 

5巻ラストおさらい

5巻ラストをおさらいします。

5巻では、竹田くんが仕事で始めたプログラミング講座のネット配信でモテはじめます。
たま子はそんな竹田くんを見て、自信をなくし、自分磨きを始めます。
少しすれ違ってしまう二人。

ですが、竹田くんが配信最終回で、たま子の事を、「自慢の彼女っていつも思ってる」と言ってくれた事で、たま子は自信を取り戻し、二人の仲もより深まるのでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

6巻あらすじ

6巻では、新たなキャラが新展開を巻き起こします。
早速あらすじを紹介します。
ネタバレも含みますのでご注意ください。

竹田くんの姉登場!

竹田くんの姉・依未が、竹田くんの配信を見て、たま子に会いたいと言い始めます。

ある日、たま子と竹田くんはお家デートをしています。
そこに、依未から連絡があり、その日にたま子は依未と会う事に。

場面は変わり待ち合わせ場所。
依未は先に着いていました。
竹田くんが配信で話した『めちゃくちゃ可愛い人 見た目も中身も』という言葉を思い出し、自信を無くしかけるたま子。
ですが、『そのままのたま子さんを好きになったんだから』という竹田くんの言葉を思い出し、いつも通りでいようと決めます。

どこか移動しようとしますが、その前にたま子はトイレに。
「なんかやせた?」竹田くんは依未に問いかけると、依未はここの所体調がよくなくてと答えます。

お店に入り、話す三人。

竹田くんの家は、親が忙しく、依未が竹田くんの面倒を見ていたそうです。

仲良くしているたま子と竹田くんを見て、依未は、「安心した」「もう思い残すことはない」と言います。
その発言に別に深い意味は無いと言う依未ですが、謎に思う竹田くん。
依未は食欲も無いのか、あまりお菓子も食べません。

これからどこか移動しようという話になりますが、依未は屋内にしたいと言います。
竹田くんは、どこか悪いのではないかと心配し、依未に迫ります。

すると、なんと依未は妊娠しているとの事!
「もう思い残すことはない」との発言も、何も心配せず子育てに専念出来るという思いからでした。

心配しすぎた竹田くんは、恥ずかしそうに下を向きます。

依未は帰り際、たま子と竹田くんに、「結婚式とか決まったら教えてね」と言います。
まだそこまでいってないと否定する竹田くんですが、「そーなったら教えるから」と依未に宣言してくれます。
その言葉が、「いつかは」と言ってくれているようで嬉しいと、たま子は喜びます。

帰り道。
竹田くんはたま子に、「予約」「ゆっくりしてる間にとられないように」と言い、頬にキスをします。

6巻最初から、甘々な展開ですー!
竹田くんも結婚に少し前向きになってくれてる様子。
私は、たま子以上に、二人に結婚してほしいと思ってます(笑)



 

 

新たなキャラにヤキモチをやく竹田くん

椛は、初めて任されたイベントの仕事で、巳木にオファーする事に。
そこに同席したたま子は、イベントのモデルをやらないかと巳木に誘われます。
一般的なモデルが欲しい、との事。
たま子はそれを引き受けます。

ある日、仕事終わり、たま子は急遽椛と巳木とご飯に行く事に。
その日は実は竹田くんが泊まりに来る日だったのですが、たま子は仕事だからと行く事にします。

そこで、巳木がモデルの星(しょう・女)と仲がいいと聞きます。
今度紹介してもらえる話になり、喜ぶたま子と椛。

食事中、竹田くんから電話が来て、竹田くんはたま子の家で待っていてくれる事に。

食事も終わり、たま子が帰宅すると、竹田くんは、巳木に口説かれてたのではと心配して待っていました。
たま子は、この間の竹田くんの「予約」と言っていた言葉を思い出し、竹田くんが不安に感じるなら何とかしたいと思います。

イベント当日。
竹田くんはあつことイベントを見に来ます。

離れた所でイベントを見る竹田くん。
たま子と巳木が仲良さそうに笑いあったり、イベント終わりに巳木がたま子にハグしたりしているのを見て、竹田くんはモヤモヤしてしまいます。

イベントが終わり、たま子は竹田くんに気付き、竹田くんの元へ駆け寄ります。
竹田くんは、一緒に帰ろうと言ってくれます。
たま子は竹田くんに何か用事がある様子。
どんな用事なのかは、後でと濁します。

そこに巳木が現れ、これから星を紹介してくれると言います。
巳木は皆もどうぞと言ってくれ、竹田くんも行く事に。

巳木の家に向かう道。
竹田くんは、巳木に、彼女はいないのか聞きます。
巳木は、いないと答え、「素敵だなって思う人はたいがいもうパートナーがいたりするんで」と返します。

その言葉に、竹田くんは、「それってたま子さんのことだったりします?」と臨戦態勢。
巳木も、「そうだって言ったらどうします?」と返し、たま子は唖然。

竹田くんは、すごい困ると言いますが、「あげませんけど」と返します。
巳木は、「そうですか」と返した後、とりあえず家に行きましょうと促し、三人は家に向かいます。

巳木の家に着くと、そこにはもう星の姿が。
謎に思うたま子。

すると、巳木の口から、「改めて星ちゃんです 僕の奥さん」と驚きの言葉が!
なんと、ただ巳木は、竹田くんをからかっただけなのでした。

新キャラが出ました!
巳木もイケメンに描かれています。
美森青さんの絵は、皆イケメンなのですが、それぞれ違う特徴のイケメンなので、それも見どころです。



 

 

竹田くんの不安をなくすためたま子が取った行動とは…

巳木の家で、お茶の用意するたま子と巳木。

巳木は、星との話をします。
星は巳木より、9歳年下。
まだ24歳でこれからいくらでも出会いがあるだろうに自分を選んでくれた、だから毎日幸せでいてもらえるように、全力で守っていきたい…そう話す巳木。
たま子は、その気持ちがすごくわかると返します。

巳木の家からの帰り道。
たま子は竹田くんを公園に呼び止めます。

『巳木さんのこと気にしてたし、「予約」とか言ってた事もあったから』と、たま子はペアリングを差し出します。
左手の薬指に着け、『着けておけば予約入ってますって印になるかなって』と照れ笑いするたま子。
竹田くんはとても喜んでくれます。

指輪を着け、嬉しいと幸せそうに笑うたま子。

その笑顔を見て、竹田くんは、星に言われた言葉を思い出します。
それは、星が結婚したいと思った瞬間の話。

巳木の誕生日に星がパスタを作ると、巳木は今まで見た事ないくらい幸せそうな顔をしたそうで。
『私の事大好きなんだなー 愛おしいなー』と思ったら、自然と結婚したいと思ったとの事。

思わず竹田くんは、たま子にキスをします。
そしてたま子を抱きしめ、『今変な事言いそうだからしばらくこうしてて』と言います。

ペアリング!
なんて素敵な展開…!
たま子の幸せそうな笑顔は、竹田くんがキュンとしちゃうのも頷けます。



 

 

竹田くんの会社の運動会!MVPを摂ろうと頑張る竹田くん

竹田くんの勤める会社では、毎年運動会があります。
今年のMVPへの賞品は、豪華温泉旅行宿泊ペアチケット。
誕生日のリベンジをしようと、張り切る竹田くん。

運動会当日。
久龍さんは、弁当の搬入に来る予定の莉桜を待ちます。
告白した後から、全然連絡が無いのです。

一方たま子は、ルカと椛と話をしています。
ルカはたま子に、「もし近日中にプロポーズされたらどうする?」と尋ねます。
ルカは、たま子が依未に会った事について、いい大人が身内に会わせるって中々の事だと言います。

たま子は、プロポーズは無いとは言いつつも、最近の竹田くんの様子を思い出し、意識しだします。

運動会で頑張る竹田くん。
竹田くんはあつこに、何歳くらいまでに結婚したいか尋ねます。
でも実はあつこは、昔結婚して2年で別れていたのでした。

プロポーズされた時、不安要素も多くてやっていけるかなと思った、でもその人の事大好きだったから、彼の気持ちに応えたいと思った、そう語るあつこ。
もっと話し合っていたら違っていたかもしれない、だからたま子の気持ちをちゃんと聞いてあげてほしい、あつこはそう言います。

弁当を搬入しに、莉桜が来ました。
話に行く久龍さん。
莉桜は、手紙を渡し、去ろうとしますが、「10分だけつきあって」と久龍さんは呼び止めます。

階段に座り、手紙を読み始める久龍さん。
その手紙の内容は、とても素敵な内容でした。
最後は、「もう一度となりにいさせてください」「宗くん(久龍さんの事)のことが大好きです」で締めくくられています。
思わず、後ろから莉桜を抱きしめる久龍さん。
こうして、久龍さんと莉桜はまた恋人同士になれたのでした。

運動会は終わり、竹田くんはMVPは取れなかったものの、特別賞を取ります。
その特別賞は、ホテルのディナー&宿泊券。
たま子に電話で、予定を合わせて行こうと話す竹田くん。
その時に、今後の事について話したい事があると言います。

たま子は、ルカに言われた「プロポーズ」の言葉を思い出します。

ホテルのディナー当日。
まだたま子の心の準備は出来ていません。
竹田くんの話とはどんな話なのか、気になる展開です…!

久龍さんと莉桜、無事恋人同士に戻れてよかったです☆
そしてたま子と竹田くん、二人の今後の話はどんな話なんでしょうか…!
気になる展開です。



 

 

作品データ

作者:美森 青
タイトル:抱きしめて ついでにキスも
巻数:6巻(21話〜24話、番外編)
出版社:株式会社 集英社(マーガレットコミックス)

Renta!でみてみる

 

■こちらもどうぞ

 

6巻まとめいかがでしたでしょうか。

6巻も甘々で胸キュンな展開がたくさん詰め込まれていました!

そして、どんどん深まるたま子と竹田くんの関係が気になりすぎて…。

早く7巻が読みたいです(*^^*)



 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画
-, , , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク