漫画

私のおすすめ少女漫画『君は春に目を醒ます-5巻』あらすじ&ネタバレ

投稿日:2020年5月14日 更新日:

 

君は春に目を醒ます

 

私がハマっている漫画『君は春に目を醒ます』。

5巻のあらすじ&ネタバレを紹介してまいります!



 

 

『君は春に目を醒ます』キャラ紹介!

キャラが増えてきたので、キャラクターの紹介をさせていただきます!

・絃(いと)
高校2年生の女の子。
小さい頃から幼なじみの千遥が好き。
まっすぐひたむきな性格。

・千遥(ちはる)
絃の幼なじみで、実は7歳年上。
高校2年生の時に、病気で人工冬眠(コールドスリープ)をし、7年眠っていたため、絃と同級生として過ごす。
絃が大好きだが、恋愛には疎い。

・弥太郎(やたろう)
絃のもう一人の幼なじみ。高校2年生。
絃のことがずっと好きだが、好きだから絃に意地悪してしまっていた過去も。
ぶっきらぼうだが優しい。

・杏(あん)
絃たちの後輩で、高校1年生。
絃の逆で、同級生の幼なじみが人工冬眠し、同級生でなくなってしまった。
明るく元気な女の子。
澪が大好き。

・澪(みお)
杏の幼なじみ。中学1年生。
杏と同い年だが、人工冬眠し、3年眠っていたため、同級生ではなくなってしまった。
思春期真っ盛りで、杏からの気持ちに素直になれない。

 

『君は春に目を醒ます』5巻あらすじ!ネタバレ!

4巻ラストでは、千遥の気持ちが揺れ動き、とある決意をするところで終わっていました。

その後どうなったのか、早速あらすじをご紹介します!

ネタバレも多少含むのでご注意を!



 

 

クリスマスデート!?千遥と絃の関係に進展が

クリスマスが近付き、4巻ラストで、千遥は絃へ、一緒に過ごそうと誘いました。

それを受け絃は、デートだと考えていいのか、思い悩みます。
今までの千遥なら、絃を妹だと思って(女の子として見ていなくて)気軽に誘っていたから…。

きっと子供の頃は普通に過ごしていたから、それと同じ感覚だろうと思う絃。

だけれど千遥は、水族館に行こうと誘ったり、夜はイルミネーションを見たいと言ったり、なんだかとても、デートっぽい…。
ドキドキする絃。

一方千遥は、絃を妹として見る事をやめると決意していたのでした。
そして、それはもう弥太郎にも電話で宣言しています。

翌日、学校の屋上にて、その宣言について千遥へ問いただす弥太郎。
千遥は、「まだ絃への気持ちが恋愛感情になるかはわからない」と言います。

「でも絃は特別で離れたくない」
「ちゃんと同い年の女の子として向き合って、絃の存在がどう変わるのか知りたい」
そう続け、「もう少しで絃と同じ気持ちがわかりそう」とも千遥は語ります。

言葉を失う弥太郎。
そこに千遥は、「弥太郎のこと好きだ、だけど遠慮はしない」と更に続けます。
そんな千遥にのまれ、弥太郎は何も言えず、休み時間が終わるのでした。

 

「かわいくしていったらちょっとは伝わるかな」絃の決意

絃は、杏とともに、クリスマスの日の服を買いに出掛けます。

4巻で、絃・千遥&杏・澪の4人で遊園地ダブルデートをした後から、澪の態度が柔らかくなったという杏。
クリスマスは一緒に過ごせないけれど、初詣には行くことになったと杏は絃に話します。

服を選ぶ絃と杏が見掛けたのは、どうやら絃へのクリスマスプレゼントを選んでるらしい千遥の姿。
見なかったことにする絃と杏ですが、「期待しちゃう」と絃は杏に話します。

「かわいくしていったらちょっとは伝わるかな…」
気合を入れる絃。
服だけでなく、メイクもしていくことに。

『このおでかけがどんな意味を持つのかは私次第でも変わる』
『私がデートにする』

絃は決意をします。

決意した二人のクリスマスデート!

とてもいいシーンばかりなので、敢えてあらすじ&ネタバレはしません。

ぜひ本作を読んでみてくださいね!

 



 

 

杏と澪の関係に変化が!絃は更に決意します

クリスマスデートにて、絃は千遥の変化を感じます。
期待していいのかと思う絃。

年明け、絃と千遥は、初詣へ向かいます。
二人で手を合わせている中、絃は、去年まで、「千遥の病気が治り、目覚めるように」お願いしていたことを思い出し、叶っていることに喜びを感じます。

千遥がお守りを買っている中、絃の目に映るのは縁結びのお守り。

そこに出くわしたのは、弥太郎。
絃はまさか縁結びのお守りを買ったのでは…と焦ります。

だけど、絃が買っていたのは、健康のお守り。

「(縁結びと)ちょっと迷ったけど、神様の助けを借りるのはこっち(健康)だけで」と強く微笑む絃に、弥太郎は更に焦ります。

なぜなら、学園祭の時には、絃は、千遥との関係をジンクスに頼ろうとしていたから。

その時とは変わる何かが、クリスマスにあったのではと思ったわけです。

そんな絃たちは、杏と澪が初詣に来ているところを見かけますが、なんと杏が大声で澪へ告白しているところ。

「ぶっちゃけ両思いなんだから、もう付き合おうよ〜!!」
澪へ熱く気持ちをぶつける杏。

そんな杏に、澪は、あっさりとOKを出します。
それは、杏の頑張りが澪の心を動かしたからでした。

絃はそのシーンを見て、涙が止まらなくなります。

杏の告白が成功したこと。
そして、「これからしようとしていること」への不安。

そんな色んなことが、ないまぜになって、溢れたんだと、絃は思います。

そして絃は決意し、弥太郎へ宣言します。

「私 千遥くんにもう一度告白する!」

ついに絃はもう一度告白することを決意します。

だけれどその決意が揺らぎそうな展開もまだ待ち受けています。

どんな展開があったのか、それはぜひ本作を読んでみてくださいね!

 

 

作品データ

作者:縞あさと
タイトル:君は春に目を醒ます
巻数:5巻
出版社:株式会社 白泉社(花とゆめコミックス)

 

■【Renta!】で試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
漫画をお得に読むならRenta!でレンタル

 

■こちらの記事もあります

 

5巻では、色んな関係や気持ちの変化が起きました。

今後の展開が楽しみすぎます!

きっと今後、弥太郎ももっと深く関わっていくんだろうなと私は予想しています。

6巻が発売されたら、またまとめさせていただきますね!



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画
-, , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です