漫画

ゆびさきと恋々・ミュージカル化も決定|4巻あらすじ&ネタバレ・13話,14話,15話,16話

投稿日:

 

ゆびさきと恋々

 

『ゆびさきと恋々(れんれん)』の4巻が発売されました(*^^*)

ミュージカル化も決定した本作品。

耳が生まれつき聞こえない女の子・雪の純粋な恋愛模様が人気を呼んでいます。

4巻のあらすじ&ネタバレを紹介させていただきます!

※『ゆびさきと恋々』は、手話が使われている作品です。
また、スマホのメッセージアプリなどでの会話も使われています。
あらすじでは、わかりやすいように、その点を少し省略して書いていますのでご了承ください。


 

 

登場人物(キャラ)

・雪(ゆき・女)
生まれつき聴覚障害がある大学生。19歳。
まっすぐな性格で、頑張り屋な印象。
手話やジェスチャーで自分の感情を表すところはとても可愛いです。

・逸臣(いつおみ・男)
雪と同じ大学の先輩。23歳。
ある日雪が困っているところを助けます。
バイトをしながら、バックパックで世界中を回っています。
まっすぐな雪に興味を持っている様子。
ちょっと掴みどころのないところがありますが、それが魅力でもあります。

・りん(女)
雪の友人。
雪と同じ大学で、逸臣と同じ国際サークルに入っています。
明るく活発な女の子です。

・京弥(きょうや・男)
逸臣のいとこで、逸臣がバイトするバーの店長。
りんの好きな人でもあります。
いつも優しく、自由奔放な逸臣を心配している様子。

・桜志(おうし・男)
雪の幼馴染で、同じ大学。
手話を覚えていて、何かと雪を心配しています。
雪が好きな様子?だけどわかりにくく、雪からしてみたらなぜかつっかかってくる幼馴染という印象。

・心(しん・男)
逸臣の親友。美容師。
エマの事が好き。

・エマ(女)
逸臣・心の友達。
逸臣の事がずっと好き。

 

3巻のおさらい

3巻の展開をおさらいします。

3巻では、雪と逸臣が初めてキスを交わします。

逸臣は、「ちゅーしていい?」と聞いたのですが、雪は、「ぎゅーしていい?」と口を読み間違えてしまう、という可愛いエピソードでした。

その後、逸臣は雪に、親友の心(しん)に紹介したいと言います。

耳のことで、少し不安がる雪のために、逸臣は雪に手をつなごうと言います。

「雪が帰りたくなったら強く握って」

差し出された手を雪はとり、二人は心の家へ向かいます。

4巻は、心に雪を紹介するシーンから始まります。

早速あらすじをご紹介します。

ネタバレも含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

4巻あらすじ&ネタバレ!

心の家に着いた雪と逸臣。

心は、二人を家にあげます。

色々話しかける心ですが、返事をするのは全て逸臣。
そして、逸臣は雪が耳が聞こえないことを告げます。

心は驚きはするものの、偏見はもっていない様子。
それよりも、逸臣の、雪に対する優しい表情に驚いている様子です。

雪・逸臣・心でお茶を飲みながら、付き合うまでに至った経緯を話す逸臣と心。

心は雪に、『何言ってるかわかる?』と話しかけ、口の動きを読んだ雪は頷きます。

「逸くんの事好きなんだ?」
心に改めて聞かれる雪。

伝えた事がないけれど、改めて手話で『好き』と伝えます。
逸臣の目を見て、手を繋いで…。
とてもいいシーンです。ドキドキが伝わってきます(*^^*)

そして逸臣と心は、お互いの友達・エマの話をします。

「エマには俺から話しとく」「逸くんからだとショックでかいと思うから」
心はそう言うのでした。



 

 

二人だけの合図

心の家からの帰り道。

「雪あの時間違えてただろ」「“ちゅー”と“ぎゅー”」
逸臣からそう言われ、赤くなる雪。

『驚かせたなら今度から合図する』と言う逸臣。

その合図は、頬をつねるという合図で…。
二人だけの合図になるのでした。

この、頬をつねるシーンも、雪のドキドキが伝わってくる描写になってます。
ぜひ作品を読んでみて欲しいです★

 

手話合宿

逸臣が手話で雪と話しているのを見て、りんも手話を覚えたいと言い始めます。

それをキッカケに、雪・逸臣・りん・京弥の四人で手話合宿に行くことに。

そして、雪のバイト探しにも進展が。

同じく耳の聞こえない友達・まどかに、紹介してもらえそうなのです。喜ぶ雪。



 

 

手話合宿当日。

逸臣の運転する車で向かうことになり、助手席の雪は運転する逸臣の格好良さにドキドキします。

そして、りんが考えたゲーム・願望しりとりで盛り上がります。

願望しりとりとは、スケッチブックに願望を書いてしりとりするというもの。

運転している逸臣の分は、代わりにりんが書きます。

逸臣は「う」から始まる願望を言うのですが、それは、「海を超えて彼女と旅行」というもの。

それを聞いたりんも京弥も照れてしまいます。

そして雪も、スケッチブックに書かれた文字を見て、とても嬉しい気分に。

だけど、まどかからバイトの件の連絡が来ず、少し落ち込む雪。

 

星よみ協会の無料講座

覚える用語は2つ。シンプルで新しい星読みで感動と自立を手に入れる。

星と心がつながる講座

 

手話合宿先は山。

京弥が持ってきたキャンプ道具でテントを張り、はしゃぐ雪たち。

京弥が作った昼ごはんを食べた後、りんと京弥は散歩へ。
この手話合宿で、りんと京弥の関係も進展します。

りんと京弥の思いが通じ合うんです。
とてもいいシーンです。詳細は作品でご確認を(^^)

雪と逸臣は、川で遊んだ後、テントで休みます。
いい雰囲気になる二人。

「この後どうする?」「まだ帰したくない」そう言う逸臣に、ドキドキしながら、雪も「帰りたくないです」と返します。
そこに、逸臣は雪の頬をつねり…。

それは『キスしていい?』の合図。
雪は覚悟を決めますが、そんな雪を見て、逸臣は頬にキスをします。



 

 

初めてのお泊り

手話合宿の帰り。

雪と逸臣は、二人きりになり、居酒屋で打ち上げをします。

そこで終わりかと思いきや、居酒屋の次に向かったのは、逸臣の家で…。

「泊まるっていうか一緒にいるだけだから緊張すんな」

そう言う逸臣ですが、雪はドキドキしっぱなしの一晩を過ごすのでした。

 

5巻に続くラストは・・・

そして、4巻ラストでは、雪と逸臣の関係に焦った様子の桜志が逸臣に会いに来ます。

逸臣はそんな桜志を連れ出し…。

5巻ではどんな展開になるのか気になるところです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

作品データ

作者:森下 suu
タイトル:ゆびさきと恋々
巻数:4巻(13話〜16話)
出版社:株式会社 講談社(KCデザート)

Renta!でみてみる

 

■こちらもどうぞ

 

『ゆびさきと恋々』は、セリフが少なく絵で魅せているシーンが多いので、とても引き込まれます。

4巻も、逸臣の行動にドキドキしている雪に、共感しっぱなしの1巻でした!

5巻は2021年9月発売予定とのこと。

続きが楽しみで仕方ありません!



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画
-, , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク