99.9

ドラマ99.9のダジャレ、小ネタ、おやじギャグ&視聴率速報・シーズンⅡ第2話

投稿日:2018年1月21日 更新日:

 

99.9ロゴ

 

松本潤さん主演のドラマ99.9、とりあえず簡単にダジャレの速報です。

視聴率についても記載しています。

最新放送回はこちら【第9話】


 

 

番組情報

日曜劇場 99.9 刑事専門弁護士シーズンⅡ 第2話

放送:TBS、2018年1月21日(日) 夜9時~

 

キャスト

・深山大翔・・・松本潤

・佐田篤弘・・・香川照之

・尾崎舞子・・・木村文乃

・斑目晴彦・・・岸部一徳

・明石達也・・・片桐仁

・坂東健太・・・池田貴史(いとこんち店長)

・加奈子・・・岸井ゆきの(深山ファンの常連客)

・藤野宏樹・・・マギー(斑目事務所のパラリーガル)

・中塚美麗・・・馬場園梓(斑目事務所のスタッフ)

 

・川上憲一郎・・・笑福亭鶴瓶(山内の上長・東京地裁所長代行)

 

ゲスト

・大友検事正・・・奥田瑛二(検事正)

・丸川貴久・・・青木崇高(検察官)

・三宅宏之・・・小倉一郎(交番の警察官)

・小倉・・・薬丸 翔(交番の警察官)

・藤原・・・不破万作(コンビニ店長)

 

第二話 あらすじ

深山は、父の事件で新たな遺留品が出てきたことで、26年前の父の事件を調べ始める。

事件の舞台となった故郷の金沢へ、深山、佐田、明石、尾崎が集結。

金沢地方検察庁には、以前、深山が担当した事件の検察官だった丸川貴久(青木崇高)が人事異動で赴任しており、深山は丸川に調査の協力を仰ぐ。

丸川はシーズンⅠでの自分の行動を反省したのか?、すごく協力的。

新たに出てきた遺留品を調べるうちに、西塞山の羽津鯉(はつこい)神社で売られているお守りだということを突き止め、羽津鯉(はつこい)神社に向かう。

お守りが売られていることを確認し、西塞山の入山記録を調べ、真犯人をみつける。

その証拠をもって、深山は父の事件の担当検事だった宿敵・大友検事正(奥田瑛二)と対峙する。



 

 

第二話 ダジャレ速報

第2話(2018年1月21日放送)のダジャレ速報です。

 

深山の父親の事件を調べるために、金沢へ行った深山と尾崎
宿泊先でのお風呂上がり。

深山が「ひゃくまんゴクゴクフルーツ牛乳」を飲むときに(金沢の百万石にかけている)

「いただきマツコデラックス」

 

深山、父親との回想シーン。
父親がハンバーグを深山に出す際に、

「おまちどうサマードリーム」

深山、一口食べる。

父「どうだうまいか?」

深山「うん、この味」

父「うんこの味」

回想シーンが終わり、深山「17点・・・」とつぶやく。

 

いとこんち

「こみ」4つ+「中」で仕込み中

今回の募金は「熊本大分応援募金」になっていました。

CDのジャケットはタイトル「オヤツじゃないのよバナナは」帯「パクリじゃないのよオマージュは」

 

斑目が佐田宅に訪れ、朝ごはんを食べるときに、

斑目「いただきマングース、だっけ?」

佐田「言わなくていい」

斑目がアサイージュースを飲んで、

斑目「朝日、アサイー」

 

回想シーン。
深山の父が、被害者の女の子に料理をだすときに、

父「めしあが、サクリスティ」

 

佐田が金沢へ到着。
調査報告を聞きながら、佐田が金粉入りのお茶を飲む。
佐田の唇には金粉がついてしまうが、佐田は気付かない。

深山に促されて、佐田は自分の意見を得意げに披露。
それに対し深山が(ニヤニヤ唇をみながら)「光ってるなぁ」←佐田は「冴えてる」という意味に受け取っている。

佐田「26年間解けなかった謎は、検察が表に出さなかった証拠の中に隠されているかもしれない」

深山、ニヤニヤしながら「確かに、溶けてない」(湯呑に残った金粉をみる)

 

検証のため、西塞山へ登る深山、佐田、明石、尾崎。

途中の案内標識には「いろけよりく池(この先2km)」

山頂にある神社の名前は、羽津鯉(はつこい)神社。

そこには「原稿提出の御守り」と書かれた掲示物が。

 

「原稿提出の御守り」

日本古来より助監督たるもの(電影箱局における江々出伊も同じ)演出を助ける為に存在しなければならない。

その数多い仕事の中の一つに作り物の原稿を考えると言う仕事があるだけの事で、他の仕事を抱えながら大変だとは思うがやらなければならない最も大事な仕事の一つである。

原稿とはそもそも演出を助けるために作り物を美術に頼む時の図面のような物で、そもそも美術側から催促されること自体間違いなものであるし、また助監督から「これの原稿必要ですかね?」なんて質問は愚問である。

そして、露毛藩に行けない助監督の為に、露毛藩写真を渡しているのは、ただ単に雰囲気を掴んで欲しい訳ではなく「こんな所に隠し看板があるのか・・」とか「この貼り紙も原稿を出した方がいいかな」などと考えて欲しいからなのである。

その事を理解して頂いていれば、こんな貼り紙をわざわざ作らなくても済んだなと考えるわけである

羽津鯉神社 美術製作神

 

助監督への戒めでしょうか(^^;)

撮影で使われたこの神社は、武蔵御獄神社だと思います。

 

 

大友検事正がホテルのソファーで電話をしているシーンで、
画面左端に忍者とスタッフの攻防が。

 

入山記録から証拠を発見し、急に外に走り出す深山。
突然のことにビックリして、佐田、明石、尾崎は深山を追いかけて外に出る。

深山は、「どれでも一盛り99円」と書かれた、無人の野菜販売のところに駆け寄り、

深山、インゲンを手にとり「透明人間、と、うめいインゲン」

明石「32点」、佐田は大喜び。

深山、きゅうりを手に取り「きゅうり 走りだして、(トマトを持って)トマトったでしょ」

深山、ナスを手に持ち「ナスすべなし」

佐田大爆笑、喜ぶ佐田に、深山が再度「ナスすべなし」

佐田「サイコーのヒットだよ」と大笑い。

 

深山、佐田、尾崎が大友検事正の所へ行き、事件の真相を話す場面。
交番での回想シーン。

交番の壁には、石川秀美の「Hey!ミスターポリスマン」のポスターが。

そのポスターには「石川の笑顔を守る石川県警」という標語が。

そして、この交番にいた若手の警察官(犯人)は、石川秀美さんと薬丸裕英さんの息子さんで「薬丸翔」さんなのだそうです。

お母さんの石川秀美さんと親子共演ということらしいです。ポスターですけど(^^;)

この小ネタは、番宣の王様のブランチで明かされていました。

 

今回も、盛りだくさんでした。

たぶん、拾い切れていません(^^;)

 

ドラマの最後で、大友検事正と深山のにらみ合い、見ごたえありました。
奥田さんと松潤の表情、よかったです。

最後の佐田の言葉もよかった。
「裁かれる人の人生には誰も責任を負おうとしない。裁判とは一体誰のためにあるんでしょうね。」
もし、このドラマのようなことが本当にあるのなら怖いです。

 

 

第二話の視聴率

シーズンⅡ
第二話視聴率:18・0%

・平均視聴率18・0%
・タイムシフト視聴率(録画機器などで放送後7日以内に視聴)12・5%
・リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率の合計(重複は差し引く)の総合視聴率28・4%

 

シーズンⅠ
第二話視聴率:19・1%

(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

第一話よりも視聴率はよいです。

シーズンⅠでも一話より二話目の方が視聴率がよいので、傾向としては同じですね。

シーズンⅡの方が、シーズンⅠより、若干視聴率は低いですが、テレビ離れは進んでいるし、リアルタイムでテレビを観る人も少なくなっているので、まずますの数字かな、と思います。

 

シーズンⅡの視聴率 まとめ

第一話:15・1%

第二話:18:0%

 

シーズンⅠの視聴率 まとめ

第一話:15・5%

第二話:19・1%

第三話:16・2%

第四話:16・3%

第五話:18・9%

第六話:13・3%

第七話:17・7%

第八話:18・6%

第九話:16・5%

第十話(最終回):19・1%

シーズンⅠの全話
最高視聴率:19・1%
全話平均視聴率:17・2%

 

毎回更新するつもりですので、よろしかったら遊びに来てください(^^)

 

 
『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』 の各放送回はこちらをどうぞ!
 【第1話】  【第2話】  【第3話】  【第4話】  【第5話】  【第6話】  【第7話】  【第8話】  【第9話(1)】  【第9話(2・最終回)】
 

 

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-99.9
-, , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年7月
« 6月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。