スポーツ

羽生結弦・最年少国民栄誉賞へ速報・やっぱり納得、だけど騙されない

投稿日:2018年3月2日 更新日:

 

王冠

 

羽生結弦選手の国民栄誉賞が検討されているそうですね。

やっぱり、という感じです。

なんといっても66年振りの快挙です。

これに異議をとなえる人は少ないのではないでしょうか?

そうなるんじゃないかなと思っていた人も多いと思います。

私もその一人です(^^)



 

 

ホントに?

政府の関係者が明らかにしたそうで、有識者の意見を聞いて決定するそうです。

 

理由は?

報道されている内容によると

・66年振りの連覇

文句なしです。

 

・右足首のケガを乗り越え、日本国民に大きな感動をあたえた

感動をもらいました。

でも、ケガを乗り越えている選手は沢山いるので、これは言わなくてもいいのではないかと思います。

 

・個人としては最年少

パチパチパチ👏

 

・ソチ金メダル

・グランプリファイナル4連覇

実績がすごい

 

・東日本大震災後、被災者の支援に取り組んできた

これらにより国民に広く親しまれ、明るい希望を与えている

 

これだけの人ですから、アンチもいるかもしれないけど、やっぱり納得します。

いつもきちんとした受け答えで、好青年。

人間的にも、愛される理由がわかります。

66年振りと言うのが、そもそもすごいですよね。

 

羽生結弦選手は、まだ現役を続けるようですし、あとはご本人が受けるかどうかですね。

 

でもこれはこれ、それはそれ

でも騙されませんよ。

羽生結弦選手が国民栄誉賞をもらうことに異議はありません。

でも政府の人気取りもありますから。

羽生結弦選手に国民栄誉賞を与えたからと言って、よい政府とは限りません。

これはこれ、それはそれ。

よいことはよい、悪いことは悪い。

そのことを忘れず、意識していたいです。



 

 

国民栄誉賞おめでとう!

さて、ごちゃごちゃ書いてきましたが、羽生結弦選手の国民栄誉賞受賞が決まりました。

羽生結弦選手も、快く受けられるそうです。

被災された方々からのたくさんの激励や想(おも)い、今まで一人の人間として育ててくださった全ての方々の想いがこの身に詰まっていることを改めて実感し、その想いが受賞されたのだと思っております。

 

なるほどです。色々な人に支えてもらい、応援してもらったからこそ、断る理由はありませんね。

羽生結弦選手がこの賞を受けるということは、皆の思いや気持ちを受け取るということなんだと思いました。

羽生結弦選手は、感謝の気持ちとともに、被災地の人にとって明るい光になれば嬉しいと言っていました。

成し遂げた功績もすごいですが、こういう人柄をみても、栄誉賞に相応しい人だな、と思います。

羽生結弦選手、おめでとうございます。

なお、授賞式は7月2日です。

 



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-スポーツ
-,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年6月
« 5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。