スポーツ

フィギュアルール改正.変更点まとめ・新ルールいつから?ジャンプ.採点方法

投稿日:

 

スケート靴

 

今シーズ、フィギュアスケートの国際ルールの改正が行われます。

4日からスペイン・セビリアで国際スケート連盟(ISU)の総会が行われていて、変更内容が検討されていましたが、現時点で決まっていることをまとめました。



 

 

フィギュアスケート・ルール改正

ジャンプ重視ではなく、演技全体のバランスを重視する方向で改正検討

 

変更点

ジャンプの数の変更

フリーで繰り返し跳ぶことができる4回転ジャンプを1種類

 

男子の変更:演技時間・ジャンプの数

■フリーの演技時間

4分半→女子と同じ4分に短縮される

■ジャンプの数

8→7に減



 

 

採点方法

技術点

技術点で各要素につける出来栄え点をプラス5~マイナス5の11段階に拡大

※現行は3~マイナス3の7段階

 

ジャンプの採点

現行は、演技後半に跳んだジャンプは基礎点が1.1倍だったものに制限がかかった

改正後は、以下のジャンプのみが1.1倍となる
・ショートプログラムは最後の一つ
・フリーでは最後の三つ

 

新ルール適用

2018~2019年シーズンから適用される

 

 

近年、難しいジャンプを数多く跳ぶことで、高得点を狙うようになっていました。

今回の改正は、ジャンプの質の高さ、演技全体のバランス、出来栄えを重視した変更になっているようです。

ジャンプの数や演技時間など、男子選手への影響は大きそうです。

特に演技時間が短くなることは、コーチ陣にとっては不評です。

短い時間の中に、多数のコンテンツを入れることになり、選手への負担が増えます。

演技全体のバランスや出来栄えを考えれば、短くまとめるのはかなり大変ということのようです。

ジャンプが1本減ったからと言って、30秒も縮まるわけではありませんし、今までと勝手が変わり確かに大変です。

 

ルール変更が度々行われる競技は意外とありますね。

その度に、そのルールに対応していく選手は、本当にすごいと思います。

それができるのが、トップアスリートとということなのでしょうね。



 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-スポーツ
-,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年6月
« 5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。