平昌オリンピック

ザギトワ&メドベージェワエレメンツ点数比較女子フィギュアFS/平昌五輪

投稿日:2018年2月26日 更新日:

 

オリンピックメダル

 

別の記事で、女子フィギュアスケート・シングルの選手、アリーナ・ザギトワ選手とエフゲニア・メドベージェワ選手の、ショートプログラムについて比較しました。

今回は、ザギトワ選手とメドベージェワ選手の、フリープログラムのエレメンツを比較してみたいと思います。



 

 

ジャンプの難易度

ジャンプは、難易度の難しい順に、次の通りです。

①アクセル
②ルッツ
③フリップ
④ループ
⑤サルコウ
⑥トウループ

 

フリープログラム・エレメンツ点数

フリー:アリーナ・ザギトワ(OAR)

フリーの合計点数は、アリーナ・ザギトワ選手とエフゲニア・メドベージェワ選手で同点でした。

表中の「順」はプログラムの中で行った順番です。

エレメンツ 基礎点 GOE 記録
1 コレオ シークエンス レベル1 2.00 1.70 3.70
2 フライング キャメル スピン レベル4 3.20 1.07 4.27
3 ステップ シークエンス レベル4 3.90 1.80 5.70
4 3回転 ルッツ 6.60 0.50 7.10
5 ダブル アクセル + 3回転 トーループ 8.36 1.40 9.76
6 3回転 フリップ + 2回転 トーループ + 2回転 ループ 9.24 1.20 10.44
7 レイバック スピン レベル4 2.70 1.07 3.77
8 3回転 ルッツ + 3回転 ループ 12.21 1.70 13.91
9 3回転 サルコ― 4.84 1.40 6.24
10 3回転 フリップ 5.83 1.70 7.53
11 ダブル アクセル 3.63 0.57 4.20
12 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 1.50 5.00 演技点 トータル
 計 66.01 15.61 81.62 75.03 156.65

 

フリー:エフゲニア・メドベージェワ(OAR)

メドベージェワ選手のエレメンツの得点です。

エレメンツ 基礎点 GOE 記録
1 3回転 フリップ + 3回転 トーループ 9.60 1.40 11.00
2 3回転 ルッツ 6.00 1.60 7.60
3 フライングからの 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 1.07 4.57
4 ステップ シークエンス レベル4 3.90 2.00 5.90
5 3回転 フリップ 5.83 1.90 7.73
6 3回転 ループ 5.61 1.70 7.31
7 ダブル アクセル + 2回転 トーループ + 2回転 トーループ 6.49 0.79 7.28
8 3回転 サルコ― + 3回転 トーループ 9.57 1.60 11.17
9 ダブル アクセル 3.63 0.71 4.34
10 コレオ シークエンス レベル1 2.00 1.80 3.80
11 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 1.14 4.64
12 レイバック スピン レベル4 2.70 1.14 3.84 演技点 トータル
 計 62.33 16.85 79.18 77.47 156.65

 

フリープログラム点数差比較

基礎点 基礎点差 GOE GOE点差 技術点 技術点差 演技点 演技点差 FS点
ザギトワ 66.01 +3.68 15.61 81.62 +2.44 75.03 156.65
メドベージェワ 62.33 16.85 +1.24 79.18 77.47 +2.44 156.65

GOEの合計も演技構成点も、メドベージェワ選手の方が上回っています。

ザギトワ選手は難易度の高いジャンプと、後半にジャンプを跳んだため、基礎点が高くなりました。

その辺りが「フィギュアスケートとしてはどうなのか」と言われている理由なのでしょう。

確かにそうかもしれません。

難しいジャンプや、後半にジャンプを集めることは、やはり体力がある若い人に有利だと思います。

でもその代わり、芸術面やスケーティングの技術は、年を重ねるごとに厚みをましていくような気がします。

その弱点をザギトワ選手は、基礎点で補ったということなのかな、と思います。

ルールから外れているわけではないし、誰が悪い訳でもないのでしょう。

もし問題があるのなら、ルール改正で解決していくのだろうと思います。



 

 

同エレメンツで比較してみた

ザギトワ選手と、メドベージェワ選手が行ったエレメンツの中で、同じものを並べて比較してみました。

 

・3回転ルッツ

 エレメンツ 基礎点 GOE 記録
メドベージェワ 2 3回転 ルッツ 6.00 1.60 7.60
ザギトワ 4 3回転 ルッツ 6.60 0.50 7.10

 

・ステップ シークエンス レベル4

エレメンツ 基礎点 GOE 記録
メドベージェワ 4 ステップ シークエンス レベル4 3.90 2.00 5.90
ザギトワ 3 ステップ シークエンス レベル4 3.90 1.80 5.70

 

・3回転フィリップ

エレメンツ 基礎点 GOE 記録
メドベージェワ 5 3回転 フリップ 5.83 1.90 7.73
ザギトワ 10 3回転 フリップ 5.83 1.70 7.53

 

・ダブルアクセル

エレメンツ 基礎点 GOE 記録
メドベージェワ 9 ダブル アクセル 3.63 0.71 4.34
ザギトワ 11 ダブル アクセル 3.63 0.57 4.20

 

・コレオ シークエンス レベル1

エレメンツ 基礎点 GOE 記録
メドベージェワ 10 コレオ シークエンス レベル1 2.00 1.80 3.80
ザギトワ 1 コレオ シークエンス レベル1 2.00 1.70 3.70

 

・足換えの コンビネーション スピン レベル4

エレメンツ 基礎点 GOE 記録
メドベージェワ 11 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 1.14 4.64
ザギトワ 12 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 1.50 5.00

 

・レイバック スピン レベル4

エレメンツ 基礎点 GOE 記録
メドベージェワ 12 レイバック スピン レベル4 2.70 1.14 3.84
ザギトワ 7 レイバック スピン レベル4 2.70 1.07 3.77

 

比較できたエレメンツの中では、「足換えの コンビネーション スピン レベル4」以外は、メドベージェワ選手のGOEの方が点数がよいです。

演技構成点でもメドベージェワ選手の方がザギトワ選手を上回っています。

その分をザギトワ選手は、ジャンプの基礎点で点数を稼いだということになります。

ちなみに基礎点の差は、3.68です。

この差をメドベージェワ選手は、出来栄えや演技構成点で補い、フリープログラムでは同点に持ち込みました。

難しくて、辛いジャンプを跳んだザギトワ選手、技術の高さと演技でみせてくれたメドベージェワ選手、どちらにも拍手を贈りたいです。

素敵な演技をありがとう。

 

ザギトワ選手とメドベージェワ選手のショートプログラムのエレメンツの比較はこちら

その他のフィギュアスケートの記事、平昌オリンピック関連の記事をまとめています。

↓ ↓ ↓

平昌オリンピック記事一覧(随時更新中)

 

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-平昌オリンピック
-, , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930