平昌オリンピック ニュース・エンタメ

羽生結弦・宇野昌磨・フィギュア結果点数エレメンツ比較一覧(ショート)/平昌五輪

投稿日:2018年2月20日 更新日:

 

メダル

 

男子フィギュアスケートの結果は、羽生結弦選手が金、宇野昌磨選手が銀、ハビエル・フェルナンデス選手が銅、4位金博洋選手、5位ネーサン・チェン選手という結果になりました。

別の記事で、フリープログラムのエレメンツをまとめたのですが、ショートプログラムもまとめてみようと思いました。

主なエレメンツの点数やGOEの点数なども比較しています。



 

 

順位

結果をまとめておきます。

順位 選手 ショート フリー  

SP+FP
合計

点数 技術点 演技構成 減点 点数 技術点 演技構成 減点
羽生結弦選手 111.68 63.18 48.50 0.00 206.17 109.55 96.62 0.00 317.85
宇野昌磨選手 104.17 58.13 46.04 0.00 202.73 111.01 92.72 -1.00 306.90
フェルナンデス選手 107.58 59.79 47.79 0.00 197.66 101.52 96.14 0.00 305.24
4 金博洋選手 103.32 60.27 43.05 0.00 194.45 109.69 85.76 -1.00 297.77
5 ネイサン・チェン選手 82.27 41.39 41.88 -1.00 215.08 127.60 87.44 0.00 297.35

 

ショートのエレメンツの点数

ショート上位5名、1位羽生結弦選手、2位ハビエル・フェルナンデス選手、3位宇野昌磨選手、4位金博洋選手、5位ドミトリー・アリエフ選手、それから、スケーティング世界一と言われている6位のパトリック・チャン選手、ショートでは出遅れて17位となったネーサン・チェン選手、以上7名のエレメンツの点数です。

 

1位:羽生結弦選手

「Ballade No. 1 by Frederic Chopin」

点数:111.68、技術点:63.18、演技構成点:48.50、減点:0.00

エレメンツ 基礎点 GOE 点数
1 4 サルコウ 10.50 2.71 13.21
2 フライング キャメル スピン レベル4 3.20 1.00 4.20
3 足換えの シット スピン レベル4 3.00 1.43 4.43
4 トリプル アクセル 9.35 3.00 12.35
5 4 トウループ + 3 トウループ 16.06 2.57 18.63
6 ステップ シークエンス レベル4 3.90 2.10 6.00
7 足換えの コンビネーション スピン レベル3 3.00 1.36 4.36
49.01 14.17 63.18

 

2位:ハビエル・フェルナンデス選手

「Modern Times (Charlie Chaplin ost)」

点数:107.58、技術点:59.79、演技構成点:47.79、減点:0.00

エレメンツ 基礎点 GOE 点数
1 4 トウループ + 3 トウループ 14.60 2.00 16.60
2 4 サルコウ 10.50 2.71 13.21
3 フライング アップライト スピン レベル4 2.90 0.50 3.40
4 トリプル アクセル 9.35 2.43 11.78
5 足換えの シット スピン レベル4 3.00 1.29 4.29
6 ステップ シークエンス レベル4 3.90 1.90 5.80
7 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 1.21 4.71
47.75 12.04 59.79

 

3位:宇野昌磨選手

「Winter (from Four Seasons) by Vivaldi」

点数:104.17、技術点:58.13、演技構成点:46.04、減点:0.00

エレメンツ 基礎点 GOE 点数
1 4 フリップ 12.30 1.43 13.73
2 フライング キャメル スピン レベル4 3.20 0.93 4.13
3 ステップ シークエンス レベル3 3.30 1.07 4.37
4 4 トウループ + 3 トウループ 16.06 1.14 17.20
5 トリプル アクセル 9.35 0.71 10.06
6 足換えの シット スピン レベル4 3.00 1.00 4.00
7 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 1.14 4.64
50.71 7.42 58.13


 

 

4位:金博洋選手

「Crouching Tiger, Hidden Dragon (ost)」

点数:103.32、技術点:60.27、演技構成点:43.05、減点:0.00

エレメンツ 基礎点 GOE 点数
1 4 ルッツ + 3 トウループ 17.90 1.86 19.76
2 4 トウループ 10.30 1.14 11.44
3 フライング キャメル スピン レベル4 3.20 0.79 3.99
4 トリプル アクセル 9.35 2.14 11.49
5 足換えの シット スピン レベル4 3.00 0.79 3.79
6 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 1.00 4.50
7 ステップ シークエンス レベル4 3.90 1.40 5.30
51.15 9.12 60.27

 

5位:ドミトリー・アリエフ選手

「Masquerade Waltz by Aram Khatchaturian」

点数:98.98、技術点:56.98、演技構成点:42.00、減点:0.00

エレメンツ 基礎点 GOE 点数
1 4 ルッツ + 3 トウループ 17.90 1.57 19.47
2 4 トウループ 10.30 1.29 11.59
3 フライング キャメル スピン レベル4 3.20 0.43 3.63
4 トリプル アクセル 9.35 1.00 10.35
5 足換えの シット スピン レベル4 3.00 0.71 3.71
6 ステップ シークエンス レベル3 3.30 0.79 4.09
7 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 0.64 4.14
50.55 6.43 56.98

 

6位:パトリック・チャン選手

「Dust in the Wind by Kansas」

点数:90.01、技術点:45.08、演技構成点:45.93、減点:-1.00

エレメンツ 基礎点 GOE 点数
1 4 トウループ 10.30 1.00 11.30
2 3 ルッツ + 3 トウループ 10.30 1.40 11.70
3 足換えの キャメル スピン レベル4 3.20 1.07 4.27
4 トリプル アクセル (不足) 6.49 -3.00 3.49
5 ステップ シークエンス レベル4 3.90 1.90 5.80
6 フライング シット スピン レベル3 2.60 1.21 3.81
7 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 1.21 4.71
40.29 4.79 45.08

 

17位:ネーサン・チェン選手

「Nemesis by Benjamin Clementine」

点数:82.27、技術点:41.39、演技構成点:41.88、減点:-1.00

エレメンツ 基礎点 GOE 点数
1 4回転 ルッツ (コンビネーション) 13.60 -4.00 9.60
2 フライング シット スピン レベル3 2.60 0.64 3.24
3 足換えの キャメル スピン レベル4 3.20 0.71 3.91
4 4回転 トーループ 11.33 -2.63 8.70
5 トリプル アクセル 9.35 -3.00 6.35
6 ステップ シークエンス レベル4 3.90 1.40 5.30
7 足換えの コンビネーション スピン レベル4 3.50 0.79 4.29
47.48 -6.09 41.39

 

エレメンツの基礎点合計ととGOEの合計点

それぞれの選手の技術の基礎点の合計と、GOEの合計点をまとめてみました。

基礎点とGOEの合計点数を、7人を高い順に並べました。

 順位 結果 基礎点 GOE 点数
1 羽生結弦 49.01 14.17 63.18
2 4位 金博洋 51.15 9.12 60.27
3 ハビエル・フェルナンデス 47.75 12.04 59.79
4 宇野昌磨 50.71 7.42 58.13
5 7位 ドミトリー・アリエフ 50.55 6.43 56.98
6 9位 パトリック・チャン 40.29 4.79 45.08
7 5位 ネーサン・チェン 47.48 -6.09 41.39

 

基礎点が一番高いのは金博洋選手ですが、出来栄えのGOEの差で、羽生結弦選手がトップに立ちました。

やっぱり出来栄えは大事ですね。

7人の技術点では、この順番になりましたが、これに演技構成点が加わり、ショートの結果は、
1位:羽生結弦選手
2位:ハビエル・フェルナンデス選手
3位:宇野昌磨選手
4位:金博洋選手
5位:ドミトリー・アリエフ選手
それから、スケーティング世界一と言われているパトリック・チャン選手が6位、最終結果が5位となったネーサン・チェン選手は17位となっています。

 

スポンサーリンク

 

ショートプログラム、主なエレメンツのGOE点数比較

羽生結弦選手のエレメンツを主として、7名の同じエレメンツを比較してみました。

なお、表中の「順」は、7つのエレメンツ中、何番目に行ったかの順番です。

 

・4回転サルコウ

 順 エレメンツ 基礎点 GOE 点数
羽生結弦 1 4 サルコウ 10.50 2.71 13.21
ハビエル 2 4 サルコウ 10.50 2.71 13.21

同門の羽生選手とハビエル選手、仲のよい姿をよく見ますが、点数までピッタリ一緒です。

 

・フライング キャメル スピン レベル4

 順 エレメンツ 基礎点 GOE 点数
羽生結弦 2 フライング キャメル スピン レベル4 3.20 1.00 4.20
宇野昌磨 2 フライング キャメル スピン レベル4 3.20 0.93 4.13
金博洋 3 フライング キャメル スピン レベル4 3.20 0.79 3.99
ドミトリー 3 フライング キャメル スピン レベル4 3.20 0.43 3.63

GOEの点数が一番高いのは羽生選手です。

 

・足換えの シット スピン レベル4

 順 エレメンツ 基礎点 GOE 点数
羽生結弦 3 足換えの シット スピン レベル4 3.00 1.43 4.43
ハビエル 5 足換えの シット スピン レベル4 3.00 1.29 4.29
宇野昌磨 6 足換えの シット スピン レベル4 3.00 1.00 4.00
金博洋 5 足換えの シット スピン レベル4 3.00 0.79 3.79
ドミトリー 5 足換えの シット スピン レベル4 3.00 0.71 3.71

こちらもGOEは羽生選手が一番高いです。

 

・トリプル アクセル

エレメンツ 基礎点 GOE 点数
羽生結弦 4 トリプル アクセル 9.35 3.00 12.35
ハビエル 4 トリプル アクセル 9.35 2.43 11.78
金博洋 4 トリプル アクセル 9.35 2.14 11.49
ドミトリー 4 トリプル アクセル 9.35 1.00 10.35
宇野昌磨 5 トリプル アクセル 9.35 0.71 10.06
ネーサン 5 トリプル アクセル 9.35 -3.00 6.35
P.チャン 4 トリプル アクセル (不足) 6.49 -3.00 3.49

P.チャン選手、ネーサン選手はジャンプの失敗で、大きく減点となってしまいました。
羽生選手は、さすが得意のトリプルアクセルです。GOE満点です。

 

・4 回転トウループ + 3回転トウループ

 順 エレメンツ 基礎点 GOE 点数
羽生結弦 5 4 トウループ + 3 トウループ 16.06 2.57 18.63
ハビエル 1 4 トウループ + 3 トウループ 14.60 2.00 16.60
宇野昌磨 4 4 トウループ + 3 トウループ 16.06 1.14 17.20

ここでも羽生選手がトップです。

 

・ステップ シークエンス レベル4

エレメンツ 基礎点 GOE 点数
羽生結弦 6 ステップ シークエンス レベル4 3.90 2.10 6.00
ハビエル 6 ステップ シークエンス レベル4 3.90 1.90 5.80
P.チャン 5 ステップ シークエンス レベル4 3.90 1.90 5.80
金博洋 7 ステップ シークエンス レベル4 3.90 1.40 5.30
ネーサン 6 ステップ シークエンス レベル4 3.90 1.40 5.30

ステップでもGOEは羽生選手の点数が一番高いです。

 

さて、いかがだったでしょうか。

そもそも、GOEの点数の合計が羽生結弦選手が一番高いので、当然と言えば当然なのですが、比較したエレメンツについては、すべて羽生結弦選手のGOEの点数が一番高いという結果でした。

ショートプログラムはエレメンツの数が少ないので、1つの失敗でも順位には大きく影響します。

いかに失敗なく滑るかがポイントです。

 

オリンピックでは、今までの確率からいうと、ショートプログラムで首位になった人が、そのまま金を獲ることが多いので、各選手とも、特にショートは大事にしたかったと思います。

緊張するなかで、自分の実力を出し切ることは難しいと思いますが、それができた人に結果がついてくるのでしょうね。

 

 

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-平昌オリンピック, ニュース・エンタメ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930