平昌オリンピック ニュース・エンタメ

宇野昌磨・中居正広インタビュー全文・宇野面白珍回答に笑いと大物感/平昌五輪

投稿日:2018年2月19日 更新日:

 

銀メダル

 

元々注目されていた宇野昌磨選手ですが、オリンピックで銀メダルを獲り、ますます注目度が増しました。

各メディアで話す宇野昌磨選手のコメントを聞いて、大物なのか?、天然なのか?、どちらにしても、可愛らしく面白く感じているのは私だけでしょうか。

宇野昌磨選手の話を聞いて、すっかりファンになりました。

 

色々な番組でインタビューを受けていますが、今回は中居正広さんと鈴木明子さんがインタビューをした時の内容をまとめました。

全文書いていますが、読みやすさを考えて、語尾など多少端折ってまとめている部分もありますが、ご了承ください。



 

 

インタビュアー、インタビュイー

中居正広:中居

鈴木明子:鈴木

宇野昌磨:宇野

 

宇野昌磨 × 中居正広インタビュー

中居君がスタジオの隅で、宇野選手に向かって「すごい出てるよ眠そうな感じ」と言って、宇野選手は照れ笑い。

 

中居:
インタビューや滑りもみていますが、こんなに眠そうな宇野君を見るのは初めてですね。
銀メダルを獲るとこんなに 睡魔に襲われるのかって感じているのではないでしょうか?

宇野:
そうですね、オリンピックメダリストっていうのが、こんなに大変って、これがオリンピックなんだって実感をしています。

スタジオ大笑い

中居:
もうちょっと前に感じて頂けたら(笑)。。。
ショートとフリー、羽生先輩の後だったじゃないですか。

宇野:
羽生選手の演技を見て自分の演技を迎える、僕はすごく見たいタイプなので。

中居:
人の滑りを見る人と、見ない人に分かれるって言いますけど、宇野選手は見る方なんですね。

宇野:そうですね、全員見ますね、自分の前。

鈴木:昔からですか?

宇野:
世界で戦うようになってから、みんなの演技を見てて楽しいって思い始めてから。

中居:それは観戦モードもちょっと入っているんですか?

宇野:結構ヒマなんですよね、自分の演技が始まる前って。

スタジオ大笑い

中居:ルーティンが暇。。。

宇野:やることがないので・・・。

中居:
それぞれルーティンがあると思うんですよ、 暇を感じてしまうんだね、宇野選手の場合は。

鈴木:(笑いながら)楽しむってありえない!

 

中居:
観戦モードだよね、すげえなぁあの人、誰々選手すごいなーって言う。

フリーで羽生選手の点数が出ました。宇野選手がシーズンベストの214.97とっていれば金メダル見えるんじゃないかなって、冷静に考えられたりしますか?

宇野:
そうですね考えていました。

僕が今できる構成でちゃんとまとめたら、優勝できる点数だなと思いながら試合に挑んで、ループをしょっぱなから失敗して、よしあとは自分のことを頑張ろうと思いました(笑)

中居:
言葉は悪いかもしれませんけどニターっとしましたよね?

宇野:(笑いながら)もう笑えてきました

鈴木:
これですよ、もう次元が違うので、これは世代の違いなのかな(笑)分からないんですけど。

中居:なんで笑っちゃった?

宇野:あまりにも早すぎる失敗だったので。(笑)



 

 

ここで、浅田真央さんとの3ショットの写真が紹介されました。

浅田真央さんからのメッセージは、
「ゆずくん、しょうまおめでとう、すごい、すごい、すごすぎる、最高でした」

 

中居:浅田真央さんはどんな存在?

宇野:
昔からずっと練習している姿を見て、これだけ練習しないとトップ選手になれないんだっていう、自分がどれだけ辛くても、もっともっと頑張っていたって思います。

 

中居:
この人ってあげるならば、感謝の気持ちを伝えたい、感謝したいっていう方はどなたでしょうか?

宇野:
自分はそこまで厳しいタイプではなかったので、厳しくしてくれたお母さんに一番感謝したいなって思います。

中居:
お母さん喜ぶと思うな。
最後に今何がしたいですか?

宇野:寝たいです。

皆笑い

中居:寝てください。

 

拍手の中、皆に「おやすみなさい」と言われている宇野昌磨選手でした。

 

一応、間に(笑)を入れましたが、そこだけでなく、宇野選手の言葉で笑いが起こる、明るく楽しいインタビュイーでした。

 

 

感想

宇野昌磨選手は、オリンピックに対して特別なことは感じなかったと言っていましたが、眠気でそれを感じるとは、本当に可愛らしいです。

 

フィギュアスケートは好きで、結構みていますが、自分の演技の前が「ヒマ」って言う選手を初めてみました(笑)

聞いたときには、あまりにもすごくて、ビックリし過ぎて大爆笑してしまいました。

それも観ていて楽しいって。大物です。

 

でも、いろいろな選手の演技を観ることって、大事だし、自分のためにもなると思います。

宇野昌磨選手は、「世界で戦うようになってから」と言っているので、トップクラスの選手の演技が間近で観れることが贅沢というか、楽しいのかな、と思いました。

そして、そんな宇野選手だからこそ、いろいろな選手の演技から、沢山のものを吸収して、銀メダルを獲ることができたのだろうと感じました。

 

「厳しくしてくれたお母さんに感謝」というところも意外でした。

宇野昌磨選手の練習量の凄さは聞いています。誰よりも練習する選手です。それなのに「自分は厳しいタイプではない」って。

 

メダリスト記者会見では、「やり残したことはあまりない、2位という結果は嬉しく思います。」と言っていました。

選手としてはそれが一番いいことですね。そんな風に思える試合ができてよかったです。

日本に、頼もしいスケーターがまた一人誕生したと思います。

 

これからますます活躍することと思います。

ケガがありませんように。

応援しています。

 

 

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-平昌オリンピック, ニュース・エンタメ
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930