平昌オリンピック ニュース・エンタメ

羽生結弦SP滑走時間とSP結果速報・公式練習やコメントなど/フィギュア平昌五輪

投稿日:2018年2月16日 更新日:

 

冬オリンピック

 

いよいよ今日はフィギュアスケートの男子、ショートプログラムの競技があります。

やっぱり注目は羽生結弦選手、ケガのため、演技をみるのは久しぶりです。

羽生結弦選手の練習の様子、佐野稔氏、織田信成氏のコメント、ショートプログラムの滑走順を滑走時間も含めて、また予選結果も、放送終了後に、まとめていきたいと思います。

 

ショートプログラム滑走順

主な選手の滑走順をまとめました。

第4組

カナダ パトリック・チャン選手(27) 午後0時58分
日本 田中刑事選手(23) 午後1時5分

 

第5組(最終組)

日本 羽生結弦選手(23) 午後1時48分
アメリカ ネイサン・チェン選手(18) 午後1時54分
ロシア個人出場 ミハイル・コリヤダ選手(22) 午後2時1分
日本 宇野昌磨選手(20) 午後2時7分
スペイン ハビエル・フェルナンデス選手(26) 午後2時14分
中国 金博洋選手(20) 午後2時20分

 

1番滑走なので、コンディションは維持しやすいかもしれません。

佐野稔氏の話では、氷直後なのでリンクが滑りやすく、よいそうです。

羽生結弦選手のコメントでも、1番滑走は大好きな滑走順だそうなので、くじ運がいいのも羽生結弦選手は何か持っていますね。

 

4回転ジャンプについて

この中で、ミハイル・コリヤダ選手は一番難しい4回転ルッツが飛べます。

4回転が5種類飛べるのは、ネイサン・チェン。

羽生結弦選手が試合で飛んだ4回転ジャンプは、難易度の難しい順に、

①ルッツ
②ループ
③サルコウ
④トウループ

の4種類です。

織田信成氏や佐野稔氏の話では、ケガの原因となったルッツは飛ぶ必要がないと言っていました。

その分加点で稼げるからです。

でも羽生結弦選手選手は、飛ぶかもしれません。



 

 

羽生結弦選手、練習で決めたジャンプ

・前日の公式練習で、4回転ループを初めて成功

・朝の公式練習では、アクセルと4回転3回転を決める

 

羽生結弦選手のコメント

・順調にきている

・フリーで4回転ループを飛ぶ可能性は?という質問に「はい!」

 

佐野稔氏のコメント

・調子がよい、上り調子とのこと

・ジャンプを降りたあとの姿勢が今までよりもよくなっている、バーレッスンを沢山やったのでは?

・氷の上の練習を我慢して、陸上でのリハビリをしっかりしてきた様子が分かる

・羽生結弦選手は加点がもらえるのが強み

織田信成氏の話でも、調子がよいとのこと。

 

やっぱり怖いのはネイサン・チェンでしょうか。

フィギュアスケートは若い人は有利だと思いますし、思いがけないような力を発揮して、金をさらっていくってこと、あるような気がするので。

でも、ただジャンプの数が多いだけで、技術面や芸術面では、圧倒的に羽生結弦選手の方が上です。

もちろんジャンプはすごいし、羽生結弦選手自身もジャンプを飛ぶことは重要だと思っています。

でもジャンプだけで優勝して欲しくない、というのも正直な気持ちです。

 

羽生結弦選手は実績があるし、ストーリー性もあります。

ケガから復活して金をとるなんて、羽生結弦選手らしいエピソードです。

全てを出し切って、羽生結弦選手自身が納得できる滑りができて、金をとって欲しいです。

絶対王者として君臨することを信じて、応援します!

 

ショートプログラム結果

・田中刑事選手

最初の4回転は転倒

点数:80.05
技術点:40.30
演技構成点:40.75
減点:-1.00

 

・羽生結弦選手

点数:111.68
技術点:63.18
演技構成点:48.50
減点:0.00

 

・宇野昌磨選手

点数:104.17
技術点:58.13
演技構成点:46.04
減点:0.00

 

ショートの結果はこのようになりました。

詳細は、別の記事でまとめています。

よろしければこちらもどうぞ↓

 

ご覧いただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-平昌オリンピック, ニュース・エンタメ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930