ニュース・エンタメ 平昌オリンピック

平野歩夢銀メダルは妥当?誤審?絶対王者のアピール?プロの意見は?/平昌オリンピック

投稿日:2018年2月15日 更新日:

 

メダル

 

平野歩夢選手は最大のライバル、ショーン・ホワイト選手との激戦の末、銀メダルとなりました。

でも本当は、平野歩夢選手の方が上だったのではないかと、疑問を持っている人もいるようです。

ショーン・ホワイト選手のグラブが、ボードではなくブーツをつかんでいたことから、誤審ではないかとささやかれています。

朝の番組でも、コメンテーターからそのような質問が出ていました。

スッキリ、ビビット、モーニングショーでプロスノーボーダーの方の話が紹介されていたので、意見をまとめました。



 

 

スノーボード誌の編集長 野上大介氏

確実に連続4回転を決めないと、メダルはないということが決まったので、平野歩夢選手のプレッシャーにはなったと思う。

日本テレビ:スッキリより

 

モーニングショーでもコメントしていたので追記します。

・グラブは技の得点に大きく影響する

・完成度は平野歩夢選手の方が上

・ハーフパイプの採点システムに問題がある

・全体の印象で決めているので、主観が大きい

・滑走全体の総合的な印象で審判がジャッジする

・ショーン選手の滑り終わったときのガッツポーズは、自分が完璧に滑り切ったというアピールにもなっていたと思う。それはオーディエンスを巻き込み、エンターテインメントとしては素晴らしいかった。

・そのパフォーマンスが審判の印象を左右したのではないか

そのように語っていました。

 

プロスノーボーダー 平岡暁史氏

平野歩夢選手の滑りについて

・大きいストレートエアから一気に加速して4回転、4回転、3回転半、3回転半の4連続

・4回転2連続はオリンピック史上初めて

 

誤審ということについては、次のような意見を言っていました。

ショーン・ホワイト選手は、追い詰められて最終滑走のプレッシャーのなか、あのルーティンをしたのがいい印象を与えたのではないか。

・ストーリー性をを含めて、イメージで上回った

・平野歩夢選手がもうひと技やったら金だったと思う

・平野歩夢選手は、3本目に(ショーンを上回る技を)用意してたのだと思う

・ショーン・ホワイト選手は31歳、平野歩夢選手は19歳、まだこれからチャンスがある

 

実は、平野歩夢選手は他の番組のインタビューでこんなことを言っています。

ショーン・ホワイト選手は、よいパフォーマンスができると、オーバーアクションで喜びアピールするが、アピールすることで印象がよくなり、加点があるのでは?という問いに、

そういうことはあると思う」と言っています。

ただ平野歩夢選手は、「自分には(あのようなパフォーマンスは)できない。自分は滑りだけでみせれればいい」と言っていました。

ハーフパイプは全体の印象もジャッジの中に入っています。

だから、やっぱり印象というものも、採点には影響したのかな、と思いました。

テレ朝:モーニングショーより



 

 

プロスノーボーダー 藤沼倒氏

平野歩夢選手の滑りについて

・ものすごい滑りだった

・どこの国際大会にいっても優勝するRUNだった

・今持っているトリックを出し切ったといっても過言ではない

そして、ショーン・ホワイト選手と平野歩夢選手との差は、数がキーではないかと言っていました。

 

◆平野歩夢選手の2回目の滑り

回転数
バックサイドエア-メランコリーグラブ0
フロントサイドダブルコーク14404
キャブダブルコーク14404
フロントサイドダブルコーク12603.5
バックサイドダブルコーク12603.5
合計15

 

◆ショーン選手の3回目の滑り

回転数
フロントサイドダブルコーク14404
キャブダブルコーク14404
フロントサイド5401.5
ダブルマックツイスト12603.5
フロントサイドダブルマック12603.5
合計16.5

 

確かに、回転数でいうとショーン選手が上回っています。

二人が本当に素晴らしい滑りをしたので、甲乙つけがたく、最後は回転数で決めた、ということもあるのかなぁと思いました。

 

ちなみに、各選手の点数は次の通りです。

メダル1回目2回目3回目
ショーン・ホワイト選手94.2555.0097.75
平野歩夢選手35.2595.2543.25
スコッティ・ジェームズ選手92.0081.7540.25

 

TBS:ビビットより

感想

お話を聞くかぎり、ショーン・ホワイト選手の金、そして平野歩夢選手の銀は妥当という意見のようです。

ハーフパイプのジャッジは、技の難易度、完成度、高さなどを全体の印象で採点します。

「全体の印象」というのは、曖昧な感じもしますが、さまざまな点を考慮して、ショーン・ホワイト選手が金ということになったのでしょう。

 

平野歩夢選手自身も、

「素直に2位だったのかなと認められる滑りだった」

「ショーン・ホワイト選手も、自分以上の滑りをしたかな、と全体的に感じる」

と言っています。

 

そして、「すべてを本番で皆にみせられたのが、結果より嬉しい」と、メダルの色ではなくて、いかに全てを出し切れたか、ということにこだわっていました。

だから平野歩夢選手自身が、満足のいく滑りができたことだけでいいのではないか、金でなかったことは少し残念だったかもしれませんが、素晴らしい滑りをみせてもらい、どちらが上なんて関係なく、素直に「銀メダル」を喜びたいと思いました。

 

もし誤審だということになって、平野歩夢選手が金に繰り上がったとしても、平野歩夢選手は嬉しくないのではないかと思いました。

きっと、誰にも文句言われない、絶対的な1位をとりたいいんじゃないかな。

私の勝手な印象ですが、いろいろなインタビューをみていて、そういう人間性を感じました。

 

 

 

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-ニュース・エンタメ, 平昌オリンピック
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


FODロゴ

2018年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。