平昌オリンピック

日本男子ハーフパイプ結果一覧・予選、決勝順位・点数記録・成績/平昌オリンピック

投稿日:2018年2月14日 更新日:

 

オリンピック

 

日本男子ハーフパイプの予選結果と決勝の結果をまとめました。

平野歩夢選手、片山来夢選手、戸塚優斗選手、平岡卓選手の点数を一覧にまとめています。



 

 

ルール

・予選は30人が出場(今回は29人)、上位12選手が決勝に出場

・試技は予選は2回、決勝は3回、そのうちベストスコアを採用

・5~6回、空中で技を行う

・技の難易度、完成度、高さなどを全体の印象でジャッジ

・ジャッジ6人が100点満点で点数をつけ、最高得点と最低得点を除いた4人の平均点が得点になる。

ジャッジ
・スロベニア:IZTOK SUMATIC
・ドイツ:STEFAN MUNZ
・スイス:CHRISTIAN BEUTLER
・カナダ:JOHN MACDONALD
・アメリカ:CONNOR MANNING
・日本:RYO HASHIMOTO

ハーフパイプ
・全長260m
・幅21.0m
・高さ7.0m
・角度82度
・全体の傾斜18度



 

 

予選結果一覧

予選通過は12位まで

順位 RUN1 RUN2
平野歩夢 3 87.50 95.25 平野選手予選詳細記事へ
片山来夢 5 85.50 90.75 片山選手予選詳細記事へ
戸塚優斗 10 80.00 65.25 戸塚選手予選詳細記事へ
平岡卓 13 26.00
(転倒)
75.75 平岡選手予選詳細記事へ

 

決勝結果一覧

順位 RUN1 RUN2 RUN3
平野歩夢 銀メダル 35.25
(転倒)
95.25 43.25
(転倒)
平野選手決勝詳細記事へ
片山来夢 7 85.75 25.00
(転倒)
87 片山選手決勝詳細記事へ
戸塚優斗 11 39.25 転倒 棄権 戸塚選手決勝詳細記事へ

参考:
・金メダル:アメリカ S.ホワイト 97.75
・銅メダル:オーストラリア S.ジェームズ 92.00

 

戸塚優斗選手は、2本目のRUNで転倒し、怪我の為3本目は棄権となりました。

怪我の具合は大変心配です。

平野歩夢選手は、金に届かなくて悔しさはあるけれど、今自分ができる範囲では全力でできたそうです。

選手が悔いのないパフォーマンスができれば、それが一番だと思うので、よい大会になったのではないでしょうか。

 

 

それでは、
ご覧いただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-平昌オリンピック
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930