SAKUSAKU気分

毎日の暮らしにちょっとしたアクセント、サクサク気分で行こう

平昌オリンピック

平野歩夢銀メダル!決勝結果記録・トリック(技)/ハーフパイプ平昌オリンピック

投稿日:2018年2月14日 更新日:

 

メダル

 

予選3位で決勝に進出した平野歩夢選手、銀メダルを獲得しました!

大怪我からの復活です。おめでとうございます。

平野歩夢選手の決勝での成績をまとめました。

順位や点数、主なトリックなど、成績をまとめています。

なお、主なトリックは実況で聞き取れたものを記載していますので、聞き漏れや聞き間違いがある可能性があります。参考程度になりますので、ご了承ください。



 

 

平野歩夢選手簡単なプロフィール

平野歩夢(ひらの あゆむ)
生年月日:1998年11月29日(19)
生誕地:新潟県村上市
身長:165cm(160cmという情報もあります)
体重:50kg
種目:スノーボード・ハーフパイプ
所属:木下グループ

2017年3月
アメリカ、コロラド州で行われたバートンUSAオープンで6mの高さから転倒し全身を強打。
左ひざ靭帯損傷、肝臓損傷、全治8週間という重傷を負い選手生命を脅かされた。

練習再開は2017年5月
恐怖心と戦っていたのを支えたのは父親だった。

そして、その怪我を乗り越え、
2018年1月 X GAMES Aspen2018で、
・フロントサイドダブルコーク 1440
・キャブダブルコーク 1440
史上初の4回転技連続成功させ、99点で優勝!

 

決勝ルール

・決勝は12人が出場

・試技は3回、そのうちベストスコアを採用

・ジャッジ6人が100点満点で点数をつけ、最高得点と最低得点を除いた4人の平均点が得点になる。

・5~6回、空中で技を行う

・技の難易度、完成度、高さなどを全体の印象でジャッジ

ハーフパイプ
・全長260m
・幅21.0m
・高さ7.0m
・角度82度
・全体の傾斜18度

 

平野歩夢選手・男子ハーフパイプ決勝結果

10番滑走

・RUN1
点数:35.25(転倒)

・RUN2
点数:95.25

・RUN3
点数:43.25(転倒)

順位:銀メダル獲得!

 

平野歩夢選手インタビュー

・S.ホワイトのパフォーマンスについて

これはやられたなと素直に思った。

悔しさは残っているので、それを晴らすために、これからまたゼロからやり直していきたい。

・2大会連続の銀メダルについて

前回も銀メダルで、上を目指すために4年間かけて練習してきたので、悔しさは残っているが、自分が今できる範囲では全力でできたと素直に思う。

・楽しかったですか?

楽しかったです。3人みんなで争って、順番もよい並びで、今まで一の大会だったのではないかと思う。

・大きな怪我がありましたが

全ての人達に感謝しかない。その力がこの結果になったと思う。

 

参考

・金メダル:アメリカ S.ホワイト 97.75

・銅メダル:オーストラリア S.ジェームズ 92.00



 

 

男子ハーフパイプ決勝の実況より、主なトリック

解説:中井考治
・2002年ソルトレークシティーオリンピック・ハーフパイプ5位入賞
・2006年トリノオリンピック・ハーフパイプ日本代表

実況:伊藤隆佑

なお、主なトリックは実況で聞き取れたものを記載しています。
漏れや聞き間違いがあると思うので、参考程度です。
「・」は中井氏の解説
※印は、試技後のコメント

RUN1

点数:35.25

実況より主なトリック
グーフィースタンス
最初のエア
・高いです、メランコリーグラブ
フロントサイド
ダブルコーク
・1440 完璧ですね ※スムーズさとグラブの長さすごい、高さ5.8m
1440!横4回転
キャブ
・ダブルコーク???ですね ※1440、その後1080にしようとした?
あぁ・・・
横3回転、回転抑えましたが、転倒してしまいました

・トリックの高さが高い、13m近く上空にとんでいた
・スイッチスタンスのキャブ、1080を狙っていたが、空中で少し外に飛び出てしまったと思ったのか
・もう少し内側に入っていればランニングできた
・(失敗が)珍しい

 

RUN2

点数:95.25

実況より主なトリック
グーフィースタンス
(ファーストエア)※5.5m
・高いです、クリーンです
ダブルコーク 1440 ※完璧です、グラブもずっと掴んでいる、回転のスムースさ、1080に見えるような回し方だ
・いいですね
キャブで1440 ※スイッチの1440、完璧、グラブもずっと掴んでいる
・持ってきました、???です
つなげた!
・1260 いいですね ※ダブルコークの1260、これも完璧
3回転半!
・バックサイド 1260 完璧です! ※グラブも長い

決めてきた
・これは素晴らしいRUNです

5回のヒットだけ、あえて回数を抑え、ストレートエアそしてオリンピックで初めてのバックトゥバックのダブルクコーク、1440、1260を4連続で決めました

・やってくれました、安定感もすごかった

・最初のエアの高さ、ミスが1つもない

 

RUN3

点数:43.25

実況より主なトリック
グーフィースタンス
ファーストエア
・高さがあります、メッソドグラブ ※メランコリーから反っている
フロントサイド
・???サイド1440 ※フロントサイド、ダブルコーク、1440、グラブ長い
横4回転
・キャブダブルコーク1080
3回転にしました ※着地は完璧だったが、少し前に体制が崩れてしまいリズムが崩れた
・???サイド1260
3回転半持ってきましたが、3回目は転倒です

・1440の着地で前に乗ってしまったため、(その後の)ダブルコーク1080になっていた

 

参考・予選成績

男子ハーフパイプ予選 平野歩夢選手結果

7番滑走

・RUN1
点数:87.50

・RUN2
点数:95.25

第3位で決勝進出決定!

 

 

ご覧いただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-平昌オリンピック
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


平昌オリンピック・パラリンピック

2018年4月
« 3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。