平昌オリンピック

女子フィギュア苦言?ザギトワ&メドベージェワエレメンツ点数比較SP/平昌五輪

投稿日:2018年2月26日 更新日:

 

オリンピックメダル

 

女子フィギュアスケートシングルでは、金のアリーナ・ザギトワ選手と銀のエフゲニア・メドベージェワ選手のプログラムの構成について、苦言が呈されているようです。

基礎点が高くなる後半にジャンプをまとめて跳び、点数を稼いだアリーナ・ザギトワ選手は、ルール通りに演技しているので問題はないものの、フィギュアスケートとしてはどうなのか、という意見もあります。

今回は、そんな2人の選手のショートプログラムのエレメンツの点数、GOEに注目してまとめてみました。



 

 

ジャンプの難易度

ジャンプは、難易度の難しい順に、次の通りです。

①アクセル
②ルッツ
③フリップ
④ループ
⑤サルコウ
⑥トウループ

 

ショートプログラム・エレメンツ点数

ショート1位:アリーナ・ザギトワ(OAR)

ショート1位はアリーナ・ザギトワ選手でした。

表中の「順」はプログラムの中で行った順番です。

 順エレメンツ基礎点GOE技術点
1フライング キャメル スピン レベル43.201.144.34
2ステップ シークエンス レベル43.901.805.70
33 ルッツ + 3 ループ12.211.5013.71
43 フリップ5.832.107.93
5ダブル アクセル3.630.934.56
6レイバック スピン レベル42.701.364.06
7足換えの コンビネーション スピン レベル43.501.505.00演技点トータル
34.9710.3345.3037.6282.92

 

ショート2位:エフゲニア・メドベージェワ(OAR)

ショートの2位はエフゲニア・メドベージェワ選手です。

 順エレメンツ基礎点GOE技術点
1フライング キャメル スピン レベル43.201.214.41
2ステップ シークエンス レベル43.902.106.00
33 フリップ + 3 トウループ10.561.4011.96
43 ループ5.611.807.41
5ダブル アクセル3.631.004.63
6足換えの コンビネーション スピン レベル43.501.294.79
7レイバック スピン レベル42.701.293.99演技点トータル
33.1010.0943.1938.4281.61


 

 

ショートプログラムの点数差比較

基礎点、GOE、演技構成点の差を出してみました。

基礎点基礎点差GOEGOE点数差技術点技術点差演技点演技点数差トータル差SP点数SP点数差
ザギトワ34.97+1.8710.33+0.2445.30+2.1137.62

 ー

 

+1.3182.92+1.31
メドベージェワ33.10

 ー

 

10.09 ー43.1938.42+0.80 ー81.61 ー

フリーでは、合計点が同点だったので、ショートでのこの点数差が、そのまま全体の点数差になりました。

ザギトワ選手は、基礎点が高いジャンプを跳んでいるので、それが点数に反映されたのだと思います。

GOEもザギトワ選手の合計点数の方が高く、メドベージェワ選手は演技構成点で加点をもらっていますが、ザギトワ選手との技術点との差に届かずでした。

演技構成点も重要な要素だと思いますが、どうしても技術点の方が点数差はつけやすいのだと思いました。

 

同エレメンツで比較してみた

ザギトワ選手と、メドベージェワ選手が行ったエレメンツの中で、同じものを並べて比較してみました。

・フライング キャメル スピン レベル4

 順エレメンツ基礎点GOE技術点
ザギトワ1フライング キャメル スピン レベル43.201.144.34
メドベージェワ1フライング キャメル スピン レベル43.201.214.41

 

・ステップ シークエンス レベル4

エレメンツ基礎点GOE技術点
ザギトワ2ステップ シークエンス レベル43.901.805.70
メドベージェワ2ステップ シークエンス レベル43.902.106.00

 

・ダブル アクセル

エレメンツ基礎点GOE技術点
ザギトワ5ダブル アクセル3.630.934.56
メドベージェワ5ダブル アクセル3.631.004.63

 

・レイバック スピン レベル4

エレメンツ基礎点GOE技術点
ザギトワ6レイバック スピン レベル42.701.364.06
メドベージェワ7レイバック スピン レベル42.701.293.99

 

・足換えの コンビネーション スピン レベル4

エレメンツ基礎点GOE技術点
ザギトワ7足換えの コンビネーション スピン レベル43.501.505.00
メドベージェワ6足換えの コンビネーション スピン レベル43.501.294.79

GOEの合計点でみると、ザギトワ選手の方が上なのですが、今回比較してみたエレメンツについては、「レイバック スピン レベル4」以外は、メドベージェワ選手の方がGOEの点数はよかったです。

残りの2つのエレメンツのGOEの合計点をみてみたら、ザギトワ選手が3.60、メドベージェワ選手が3.20でした。

当然ですが、この差でGOEの合計点はザキトワ選手の方が上になりましたが、二人の選手のエレメンツの出来栄えは拮抗していると思いました。

今回はザキトワ選手が金となりましたが、どちらにしても高いレベルのたたかいでした。

 

エレメンツの数が多いフリーの方が、点数の差が分かりやすいかもしれないです。

別の記事でフリーも比較してみました。

 

ザギトワ選手と、メドベージェワ選手のフリープログラムのエレメンツの比較はこちら

フィギュア関連記事、その他の平昌オリンピック関連の記事をまとめています。

↓ ↓ ↓

平昌オリンピック記事一覧(随時更新中)

 

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-平昌オリンピック
-, , , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年9月
« 8月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。


 

主婦バイト隙間時間で稼げる在宅ワーク
スマホや初心者でも5分でOKの簡単な仕事も!