SAKUSAKU気分

毎日の暮らしにちょっとしたアクセント、サクサク気分で行こう

ニュース・エンタメ

原大智生出演インタビューまとめ(モーグル銅メダル)/スッキリ

投稿日:2018年2月15日 更新日:

 

メダル

 

平昌オリンピックで、日本勢メダル第一号、銅メダルをとったモーグルの原大智選手

スッキリに生出演したときの、原大智選手のインタビュー内容をまとめました。



 

 

原大智選手簡単なプロフィール

原大智(はら だいち)

生年月日:1997年3月4日 (20歳)
身長:172 cm
体重 75 kg
出身:東京都渋谷区
・中学卒業後、単身カナダへ留学
カナディアン・スポーツ・ビジネス・アカデミー卒
所属:日本大学スポーツ科学部競技スポーツ学科に在籍

・W杯最高順位4位
・オリンピックは初出場
・2017年アジア冬季競技大会(冬季アジア札幌大会)のデュアル・モーグルで銀メダルを獲得

 

エピソード

・スキーとの出会いは3歳
・モーグルのスクールに小学生6年生から通う
・中学生の時の体育の成績は「3」、陸上が苦手で長距離はクラスで最下位だった

おそらく運動神経については、普通だったと思うのですが、そんな成績でも銅メダルが獲れると思うと、勇気づけられますね。

センスや努力が必要だとは思いますが(^^;)

 

銅メダルをとれたポイント

モーグルの得点の配分は、

・ターン:60%
・エア:20%
・タイム:20%

という割合になっています。

原大智選手の強みはターンで、得点の割合が一番多いです。

その辺りがポイントだったようです。

他の番組で、原大智選手と他の選手の滑りを比較していましたが、上半身は安定していて、膝もピッタリついていて、とても綺麗でした。

そして、この競技には太ももの筋肉が大事とのこと。

スッキリで春菜さんが原大智選手の太ももを触っていましたが、膝上にこぶができているかのように盛り上がっていて、ビックリしました。

 

最近の成績

・2015-2016年 W杯の年間ランキング 日本人最高の8位

・2017年のシーズンは、世界選手権23位

昨シーズンは、思うような結果を残せずにいて、今シーズンも不調でした。

そんな中、出場したオリンピックでした。

 

オリンピック代表に選ばれて

不調の中、日本の代表に選ばれた原大智選手は、次のように言っています。

・4番手として挑んだオリンピックだった

・最近成績をあげられなかったので、気持ちでは負けないようにしていたが、注目度はない

・メダルがとれたらいいな、と思っていた

あまり期待されていなかったというのは、プレッシャーがなくてよかったのかもしれませんね。

伸び伸び滑れたのかもしれません。



 

 

オリンピックに参加して

コースについては、次のように言っています。

・コースは、何の巡り合わせか、自分のスキーに本当にあっていた

・難しくしようとして作ったのではないかと思うようなコースだった

・今までのW杯などのコースとはコブやコース設計が全く違った

・それが合っていて、自分が好きなコースだった

・他の選手が苦戦するなか、自分は滑るのが楽しかった

凄く楽しかった、ホントに楽しかった、ここまで試合を楽しめたのは初めて

最初こそ緊張はしたと思いますが、決勝は笑顔で本当に楽しそうでした。

何度も「楽しかった」と言っています。本当に楽しかったんですね。

ここまで楽しむ選手も、なかなかいないように思います。

 

両親への感謝

「この喜びを最初に誰に伝えたいか?」という問いに、若干クイ気味で、即座に「親です」と答える原大智選手。

「やっと親孝行できた、感謝している」と言っていました。

そして、その日に電話で「今まで本当にありがとう。」と伝えたそうです。

世の中のお父さん、お母さん、きっとこんな息子が欲しかったと思っていることでしょう。

原大智選手は、今も群馬県川場村のスキー場に練習に通っているそうです。

車を運転してくれるお父さんや、お母さんに感謝していました。

 

お父さんは、原大智選手のことを、
「始めたころから、金メダルを獲ると言っていた。執念でしょうね。」
と言っていました。

家族みんなでつかんだメダル、という感じがしますね。

 

有名になりたかった

凱旋帰国羽田空港では、

・こんな僕でも大勢の方がみてくれるのを大変うれしく思う

・小さい頃有名になりたいと思っていた、有名人に近づけたかなという思いはちょこっとある

と言っていました。

 

小さい頃からで、何でもいいから有名になりたいと、漠然と思っていたそうです。

やんちゃな男の子というイメージです。

 

モーグルを始めてからは、「モーグルで有名になる!」と6年生のときに思ったそうです。

 

そして、一番やりたいことを聞かれたら、なんと「TVにもっと出たい」、「TVで観る人に全部会いたい」という、ミーハーな答えが返ってきました。

何とも無邪気というか、可愛い人です。

 

スッキリのMC、加藤さんに

「誰に一番会いたいか?」と聞かれて返答に困っていました。

加藤さんも意地悪な質問をしますね。

原大智選手は、「加藤さんにも一番会いたかった」と気を遣っていました(^^;)

 

インタビューの間、ずっとニコヤカで楽しそうでした。

受け答えを聞いても、チャーミングな人だな、と思いました。

まだ、これからも大会に出場すると思いますが、これからも頑張って欲しいです。

 

 

それでは、

最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-ニュース・エンタメ
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


平昌オリンピック・パラリンピック

2018年4月
« 3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。