ニュース・エンタメ

小室哲哉さんの会見後、ワイドショーをみて感じたこと

投稿日:2018年1月22日 更新日:

 

 会見

 

ワイドショーで、小室さんの会見のこと、あーだこーだと言っています。

どの番組でも取り上げるので、どうしても耳に入ってきます。



 

 

小室さん会見後のワイドショー

私の勝手な気持ちですが、

「あそこまで言ったのだから、もうそっとしておいてあげればいいのに」

「部外者が小室さんのことを話し合うことに、なんの意味があるのだろう」

そう思ってしまいます。

 

でも、他の人がなんと言っているのか気になってしまう、というのも否定できません。

 

私も結局、野次馬なんだな、と思うとちょっと後ろめたい・・・。

 

批判されている部分

小室さんの苦労を分かるとした上で、批判されていることがあります。

1点目は、KEIKOさんの病状を話した部分です。

 

あそこまで話したことが許せない、話さなくていい、介護が大変の一言でいい、言うのはおかしい、失敗だ、などという意見です。

 

私は「許せない」とは思いませんでしたが、会見をみているときは「そこまで言う必要はあるのかな?」と思いながらみていました。

でも見終わったときは、違う思いになりました。

 

もう1点は、不倫騒動に対する会見なのに、引退会見になってしまったこと。

 

いいか、悪いかは私には分からないけど、話しの流れを聞いて、私は理解はできました。

 

だから、マスコミから質問がいくつか出たところでTVを消しました。

聞く必要がないと思ったし、マスコミの質問を聞きたくないと思ったから。

 

批判している人に向けて

私は介護はしたことがないし、偉そうなことを言える立場でもありません。

小室さんのことは、曲こそ知っていますが、特別ファンではないし、かといって嫌いなわけでもありません。

ただ、一方的な意見を言う人に、少しは人の気持ちを考えるすき間を作って欲しいと思いました。

 

批判されている内容も分かります。
でも、断定してそれだけを押し付けるのではなく、他にも可能性があるかもしれない、ということを視野に入れて欲しいなぁと思いました。



 

 

会見から感じたこと

私は、小室さんがKEIKOさんの病状を話したことについて、

あそこまで言ってしまう精神状態だったんだな。

どうしても男女の関係を否定したかったんだな。

あそこまで言わないと、たぶん分かってもらえない、会見が終わった後も、ずっと疑惑として報道され続けると思ったんだな。

もう疲れきってしまって、すべてをさらけ出して、この報道を終わりにしたい。

そんな思いだったのかもしれないな、と感じました。

 

例えば不倫の釈明会見として、「体調が悪かったので、来てもらった」と言ったところで、信用してもらえないだろうし、ワイドショーも「そんなことは通用しない」と言うでしょう。

言ったら言ったで責められ、言わなければ「説明不足だ」「通用しない」と言われ、どちらにしても報道が続くことには違いないのかもしれませんが。

 

引退について小室さん自身、報道は「きっかけ」と言っています。

今回の報道の責任を取るという意味もあると言っていますが、いろいろなことが重なり、今回の報道で心が折れたのだと感じました。

続くであろう報道に対応すること、もう一度引退会見をすること、そういう気力がなかったように感じました。

今日頑張れば、という気持ちで、あれだけ長い時間かけて、会見をしたのかもしれないと。

もし不倫の釈明と引退は別にするべきなら、不倫の釈明会見が終わった後、これから引退会見をします、とすればよかったのかな?

 

スポンサーリンク


 

会見では、小室さんが引退を決意するまでの状況や、心の流れの経緯を話したのだと思います。

話し上手な人ではないと思うのですが、

介護の話→自分の体調→A子さんとの関係→仕事に対する自信喪失→引退

という話しをされたのだと私は理解しました。

これでA子さんの話も、引退の話も全部話したことになります。

ただ「引退」を先に言ってしまったので、引退会見が印象に残ってしまったのだと思いますが。

 

今回の会見は、小室さんにとっては、無意識のうちに自己防衛が働いたのかもしれません。

これ以上のストレスは耐えられないから、それから逃げたかったのだと。

 

精神状態の違い

テレビに出演している人は、出演して、自分の意見を言えるだけの体調と精神状態を持っています。

社交的な人や、ズケズケとものを言える人は、人の意見をねじ伏せるだけの力もある。

 

元気な人が何を言っても、自分の精神状態をベースに話すので、批判的になる。

元気な人からみたら「KEIKOさんのことをあそこまで言うのはおかしい」「引退を一緒にするのはおかしい」と思うかもしれないけど、それは健康な人だからそう思えるのだと思う。

 

小室さんの状態や精神状態を想像できない人が、あれこれ想像して話をしても、結局その想像は、元気な人の考え方、理性、倫理観の範疇を出ないのだと思いました。

 

疲れているときは、正常な判断ができないこともあります。

心が疲れていれば、なおさらです。

ときに、何でも自分が悪い、罰を与えられている、と感じてしまうこともあります。

 

コメンテーターの人の中には、小室さんの精神状態を視野にいれて、コメントしている人もいます。

人間性の違いなんだな、と思いました。

 

言論の自由

本当のところは本人にしか分からない。

言論の自由もあります。

マスコミの人は自分の仕事をしているだけ。

こんなことを書いている私も、結局、人の事をあれこれ言っている。

やっていることは、マスコミと同じなのかもしれない。

 

でも言論の自由があるのなら、私の感じたことを書いてもいいのかもしれないと思いました。

 

こういう話題を好む人もいます。

雑誌が売れるから書く、視聴率が取れるから報道する。

仕方のないことです。

でもその内容にうんざりしたり、やめてほしいと思っている人もいます。

そして、不愉快な気持ちになったとき、私のように何か言いたくなってしまう人もいます。

結局、報道に反応すること自体、マスコミの思惑にはまっているのでしょうね。

嫌ならマスコミの報道をみないという選択肢もあるのに。。。

書きながら、ホントは無視することが一番なのになぁと、自分のこらえ性のなさを感じています。

 

 

私の勝手な思いを、
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-ニュース・エンタメ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年7月
« 6月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。