ニュース・エンタメ

西城秀樹さんの軌跡・新御三家時代の活躍.脳梗塞からの復活.プロフィール/死去訃報

投稿日:2018年5月17日 更新日:

 

マイク

 

歌手の西城秀樹さんがお亡くなりになりました。

西城秀樹さんと言えば「ヤングマン/YMCA」。

若かりし頃は、新御三家の1人として大人気でした。

その西城秀樹さんが63歳という若さでお亡くなりになったことは衝撃です。

西城秀樹さんの活躍を振り返ってみました。



 

 

西城秀樹さんプロフィール

誕生日:1955年4月13日(63歳)

出身地:広島県広島市東区

デビュー:1972年、ビクターより「恋する季節」で歌手デビュー

キャッチフレーズ:「ワイルドな17歳」

愛称:「ヒデキ」

この時代、63歳は若いです。

 

西城秀樹さんの活躍の軌跡

若い人には知られていないかもしれませんが、西城秀樹さんは、本当に大スターでした。

スーパーアイドルで、ファンの熱狂ぶりは嵐も負けると思います。

多くのヒット曲があり、ドラマや映画、バラエティー、CMなどにも出演しています。

 

ヒット曲

西城秀樹さんの歌唱法は「絶唱型」と言われていました。

全身全霊をこめて、喉が張り裂ける様な、叫びにも似た歌い方なのです。

この迫力ある情熱的な歌唱に女性ファンは圧倒されて、興奮で失神する人もいました。

最大のヒット曲は「ヤングマン/YMCA」

絶唱が印象的な「傷だらけのローラ」

少し変化球の「ブルースカイブルー」

セクシーな「ギャランドゥ」などあげたら切りがありません。

当時は「ザ・ベストテン」など音楽番組が多く、西城秀樹さんは常連でした。

 

CM

CMは「バーモントカレー」が有名です。

決め台詞は「ヒデキ、カンゲキ!」です。

懐かしいです。歳がバレテしまいますが(^^;)

 

映画

映画は何といっても「愛と誠」

『愛と誠』は、『少年マガジン』で連載されていた漫画で、西城秀樹さん自身この漫画のファンでした。

人気絶頂での主役で、相手役は4万人の中からオーディションで決まりました。

西城秀樹さんの代表作です。

 

ブロマイド

当時はアイドルのブロマイドが大人気でした。

西城秀樹さんのブロマイドの売り上げは、月間1位を何度もとっています。

歴代最多の記録で46回獲得です。



 

 

新御三家

新御三家とは、郷ひろみさん、野口五郎さん、西城秀樹さんをさします。

郷ひろみさんは、現在の印象とはだいぶ違い可愛らしい美少年でした。曲も「男の子 女の子」など独特です。

 

野口五郎さんは、現在とあまり変わらず歌唱力で勝負というキャラクターです。

 

そして西城秀樹さんは、情熱的でセクシーで男らしいというキャラクターで、健康的なイメージもありました。

実際西城秀樹さんはスポーツマンで、当時人気だった「オールスター運動会・水泳大会」という番組では、競泳や走高跳などで大活躍でした。

とにかく元気でパワフルな方。

だからこそ2003年に脳梗塞を患ったときは、正直意外だったし、ショックでした。

 

2度の脳梗塞からの復帰

2003年6月(48)に脳梗塞を発症します。懸命なリハビリにより復活。

そして2011年12月(56)に再発。

これにより右半身の麻痺と言語障害の後遺症が残りました。

 

ときどきTVでリハビリの様子や、現在の生活の様子をお見かけしていました。

そして細微な言語障害や、右半身の麻痺はあるものの、懸命にリハビリをし、ライブも行っていました。

 

亡くなられた原因

先月自宅で倒れられ、病院に搬送されました。

一命はとりとめたものの、意識は戻らなかったそうです。

2018年5月16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなられたそうです。

通夜:25日
告別式:26日
青山葬儀所にて

 

リハビリを続け、決してあきらめなかった西城秀樹さん。

突然の訃報に驚きました。本当に残念です。

ご冥福をお祈り申し上げます。



 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-ニュース・エンタメ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年9月
« 8月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。


 

主婦バイト隙間時間で稼げる在宅ワーク
スマホや初心者でも5分でOKの簡単な仕事も!