平昌オリンピック

高木菜那マススタート金!速報決勝結果順位・女子スピードスケート/平昌五輪

投稿日:2018年2月24日 更新日:

 

オリンピックメダル

 

日本に4つ目の金メダルをもたらしたのは、スピードスケートの髙木菜那選手でした。

髙木菜那選手と言えば、パシュートチームで金メダルを獲った選手です。2つ目の金メダルになりました。

そして髙木美帆選手のお姉さんです。

女子マススタートの順位結果の速報です。



 

 

女子マススタート順位結果

金:髙木菜那(日本)、得点60

銀:金ボルム(韓国)、得点40

銅:イレーネ・スハウテン(オランダ)、得点20

4位:サスキア・アルサル(エストニア)、得点15

5位:李丹(中国)、得点6

6位:マリナ・ズエワ(ベラルーシ)、得点3

 

マススタートには、やはりパシュートの選手だった佐藤綾乃選手も出場していましたが、トップのカナダ選手がバランスを崩し、巻き込まれて転倒、予選敗退となってしまいました。

 

佐藤綾乃選手インタビュー

・腕の痛み大丈夫でしょうか?

やっぱり悔しいんですけど…腕の痛みは今少し痛いです。

腕の痛みよりも、メダルを逃してしまったのが悔しくて、転んだ時も後ろについていて、行けるな、と感じていたので、まさか転倒してしまうことになるとは思っていなかったので、悔しいです。

 

髙木菜那選手インタビュー

・マススタートの初代女王です、今の気持ち聞かせてください。

この種目が始まってから、銀メダルや銅メダル表彰台に登ったことはあったのですが、金メダルという一番高いところには登ったことがなかったので、この最高の舞台で、初めて一番高いところに立てて本当に嬉しいです。

一回目で佐藤が転んでしまったので、二人でワンツーフィニッシュを狙っていたんですけど、佐藤の分まで金メダルを獲りに行くぞという気持ちでやって、パシュートでもメダルが獲れたので、落ち着いてマススタートに挑めたと思います。



 

 

マススタートとは?

マススタートとはどんな競技なのでしょうか?

聞きなれなかったので、少しまとめてみました。

・マススタートとは、スピードスケートの種目の一つ

・マラソンのスタートのように12人(1回戦)あるいは16人(決勝)の選手が同時にスタートして、トラックを滑走する競技

・1周約400mのトラックを16周し、4周ごとに獲得したポイントの合計得点で順位を争う

・2015年に世界距離別選手権で採用され、今回の平昌オリンピックで初めてオリンピック種目となる

 

今回初めてオリンピックの競技になったばかりの種目でした。

聞きなれなくて当然でした。

 

髙木菜那選手、2つ目の金メダル、おめでとうございます。

日本の女子選手が、1つのオリンピックで2つの金メダルを獲るのは、夏、冬通して髙木菜那選手が初めてとのことです。

そして、日本に4個目の金メダル、ありがとう!

 

平昌オリンピック関連記事をまとめています。

平昌オリンピック記事一覧(随時更新中)

 

ご覧いただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-平昌オリンピック
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


FODロゴ

2018年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。