2020冬ドラマ

ドラマアライブ|視聴率ランキング&感想と評価・2020冬ドラマ1月スタート

投稿日:2019年12月12日 更新日:

 

 

フジテレビの木曜10時は、『アライブーがん専門医のカルテー』です。

この枠は『モトカレマニア』の後になります。

だいぶ雰囲気が変わり、今期は医療系ドラマ。

主演は松下奈緒さん、木村佳乃さんで、二人とも女医の役です。

ドラマを観た人の主な感想や視聴率をまとめています。



 

 

番組情報

『アライブーがん専門医のカルテー』
フジテレビ

放送日時

木曜 夜10時~

スタート日

1月日9(木) 夜10時~

脚本

倉光泰子
(『刑事ゆがみ』『ラヴソング』他)

演出

髙野 舞
(『隣の家族は青く見える』『昼顔』他)



 

 

主な出演・キャスト

松下奈緒・・・ 恩田 心
木村佳乃・・・ 梶山 薫
清原翔 ・・・ 結城涼
岡崎紗絵・・・ 夏樹奈海
中村俊介・・・ 恩田匠
三浦翔平・・・ 関河隆一
田辺誠一・・・ 須藤進
藤井隆 ・・・ 光野守男
木下ほうか・・・阿久津晃
高畑淳子・・・ 高坂民代
北大路欣也 ・・・恩田京太郎
ほか

 

主題歌

須田景凪「はるどなり」

音楽は『モンテ・クリスト伯』の眞鍋昭大さんです。

 

ドラマ概要

外科医2人の女医。内科の中でも腫瘍内科〈メディカル・オンコロジー〉というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”
彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描く。

公式HPより

 

主な感想&評価

ドラマを観た人の主な感想です。

■初回をみた人の感想

・ガンは身近な病気なので見ていて辛いところもあるが、ただの医療ドラマではない要素もあって、少し救われる

・患者の気持ちに寄り添ってくれる先生がいるって羨ましい。心に染みるドラマだった

・薫先生は、罪滅ぼしで心先生をサポートしているのかな。どう展開していくのか見続けたい

・普通の医療ドラマではなさそうで続きが気になる

・まだ1話目だけど、よいドラマになりそうな気がする

・3つの「あ」、あせらない、あわてない、あきらめない。ガン治療においてリアルな言葉だ

・抗がん剤が使えないと先がみえなくなって辛い

・辛い題材だから、ハッピーエンドで終わらせて少しでも光がみえるものにして欲しい

・見応えがあって、見入ってしまった

・患者さんには現実を突きつけられるドラマだと思う。自分だったらどんな選択をするのか考える

・石野真子さんに感情移入した

・ガンはドラマの題材としてはどうか?あまりみたくない

好意的な感想が多かったですが、やはり題材が題材なので否定的な意見もありました。

特にご本人や身近な人が病気の経験をされている場合は、ガンという病気をドラマの題材にして欲しくないとのこと。

そういった方を除くと、真面目で堅実さがいい、重いテーマだけど見応えがあり、よいドラマになりそう、と全体的な評価はまずまずです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第1話・1/9

・暗く難しい話題に真面目に取り組んでいるところに好感をおもてる

・男性の乳がんや若い女性の乳がん、それぞれの苦悩が描かれていて涙が出てきた

・1話の中に、その人となりが分かるエピソードがギュッと詰まっている。見応えがある

・キャスティングが素晴らしく、ドラマであることを忘れてしまう

テーマがテーマなので、暗い、あんな病院や先生はいない、廊下で患者の話をするのはありえない、などの意見もあるものの、キャストが素晴らしい、見応えがあるという感想が多いです。

私も自然と見入ってしまい、自然と涙するシーンがありました。

見応えあるなぁと感じています。

 

第2話・1/16

医療現場や、それぞれのキャラクターを丁寧に描いているところに好感を持っている人が多いです。

今回は乳がんのエピソードでしたが、最後の時間を人のために使う人、若くてなかなか受け入れられない人、男性の乳がんについても描かれ、考えさせられたという人も多いです。

また、木村佳乃さん、ふせえりさん、寺脇康文さんの演技が素晴らしく、とても評価されています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第3話・1/23

3話は、在宅看護かホスピスかという内容でしたが、このエピソードをきっかけに自分だったら?と考えた人もいたようです。

また、心の旦那さんが亡くなる悲しい回でした。

家族が元気でいることの幸せを改めて感じた人もいるようです。

今回も泣かされるシーンが多かったですが、私は特に北大路欣也さんが流石だなぁと思いました。

表情や立ち姿から悲しみが滲み出ていて、病室の隅に立っているの見ただけで涙がこみあげてきました。

ただ、どっぷりと重たい内容なので、それがしんどいという人もいるようです。

 

第4話・1/30

子供が自分よりも早く逝ってしまった父親の苦しみ、悲しみがヒシヒシと伝わってきました。

そんな北大路さんの演技に涙した人は多数。

私もその一人です。北大路さん流石です。

いつもキリっとした威厳ある役が多いけど、このお父さん役で、改めてすごいなぁとファンになってしまいました。

匠の分も用意してカレーを食べるシーンには泣けた人も多かったようです。

なかなかしんどい内容ですが、どの役にも感情移入できるリアルなドラマかなと思います。

気になるのは三浦翔平さん演じる謎のジャーナリストですね。

薫先生のことで、心先生は今以上に傷つくのではないかと心配している人もいます。

他から心先生の耳に入る前に、薫先生から事実を伝えて欲しい、そういう意見があります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第5話・2/6

薫先生、やっと言えましたね。

心先生も辛いけど、ずっと隠していた薫先生も辛かったでしょう。

これから二人がどう向き合っていくのか、二人の関係がどうなっていくのか、興味をもって見ている人は多いです。

部外者の勝手な願いですが、二人は本当に良い関係だったので、願わくば許し、許され、本当の親友になって欲しい。

でも、あのジャーナリストの様子によると、匠の死の原因は、薫先生ではないような気がします。

 

第6話・2/13

引き込まれるドラマですね。

今回は、医療ミスの原因が須藤先生だということが分かりました。

何となく、そうじゃないかなぁという感じはありましたね。

今回は、北大路欣也さんの出番がなくてちょっと寂しいという意見も。

 

第7話・2/20

北大路さんと平田満さんはやっぱり存在感ありますね。

お二人の演技に引き込まれた人が多いようです。

今期は医療ドラマが多いですが、その中でもリアリティのあるドラマなので、見ていてしんどくなる人はいますね。

ドラマだからこそ、失敗しないでみんな助かるストーリーがいいという意見があります。

逆に、丁寧に描かれていていいドラマだと評価する人もいます。

匠の死についての話がひと段落して、あとは女医二人が力を合わせて患者を救うストーリーにピントがあっていくのでしょうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第8話・2/27

毎回、考えさせられるドラマです。

今回はガンの再発がテーマでしたが、もし目の前に苦しんでいる人がいても、なんと声をかけたらいいのか分かりません。

どんなに相手のことを思っていても、思っているからこそ、言葉にして伝えるのは難しいのかもしれませんね。

また、今回は、毎回楽しませてくれた高坂さんの出発もありました。

高坂さんを演じた高畑敦子さん、さすがです、よかった、という声が多いです。

もう高坂さんは出てこないのかなと思ったら寂しいです。

重いテーマのドラマですが、おんころ先生と薫先生が、お互い励ましたり励まされたりしている関係がホッとさせてくれるようです。

 

第9話・3/5

高畑敦子さん、すごいです。

高畑さんの演技に引き込まれた人が沢山いました。

重いテーマですが、毎回1時間があっという間。

そして自然と涙が流れてしまうという人が多いですね。

 

第10話・3/12

今週もよかったですね。

お互いを思いやる兄弟、素敵でした。

皆さん、いろいろな思いを胸に、このドラマをみているようです。

梶山先生、再発なんですね。

心先生と梶山先生の関係がすごく好きだったので、とにかく助かって欲しい。

そしてまた、二人で患者さんと向き合う治療をして欲しいと願います。

来週はいよいよ最終回。

悲しい最終回になりませんように。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

最終話・3/19

いいドラマでした。観ていた人はそう持っている人が多いです。

最終回は、いい意味で涙腺崩壊でした。

薫先生は「もしかしたら・・・」と思った人も多かったようですが、出来すぎかもしれないけど、やっぱり希望の持てる終わり方でよかったと思います。

北大路欣也さんの「普通の女性が輝いているところ」というくだりもよかったですね。

出演者の皆さん、素晴らしかったですが、その中でも大御所の高畑敦子さんと北大路欣也さんの存在感はさすがと、改めて認識させられました。

素敵なドラマだったと思います。

もし続編があるなら、今度は女性2人でタッグを組んで、患者さんをバンバン救うストーリーが見たいです。



 

 

平均視聴率

平均視聴率は、関東ビデオリサーチ調べ、速報値です。
全話平均は、各放送回の視聴率を単純に平均したものです。
放送後、随時更新します。

各話視聴率

第1話・1/9:8.4% ※拡大

第2話・1/16:7.7%

第3話・1/23:8.4%

第4話・1/30:6.1%

第5話・2/6:7.2%

第6話・2/13:7.4%

第7話・2/20:6.0%

第8話・2/27:5.7%

第9話・3/5:6.4%

第10話・3/12:6.9%

最終話・3/19:7.0%

全話平均:7.0%

 

視聴率ランキング

順位放送日視聴率
11話1/98.4
23話1/238.4
32話1/167.7
46話2/137.4
55話2/67.2
6最終話3/197.0
710話3/126.9
89話3/56.4
94話1/306.1
107話2/206.0
118話2/275.7

■冬ドラマ全体の視聴率ランキングはこちら

↓ ↓ ↓

2020冬ドラマ|視聴率一覧&比較ランキング(随時更新)1月スタート

 

アライブはFODで

※2020.3.13時点の情報です。配信状況はFODのサイトで確認してください。

 

■こんな記事もあります。

 

フジは『Dr.コトー』や『コード・ブルー』など、人気の医療ドラマを放送してきました。

今回は「がん」をテーマにしたドラマとのこと。

新たなヒットドラマになるのでしょうか?



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2020冬ドラマ
-, , , , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です