2020冬ドラマ ドラマ

トップナイフ|視聴率ランキング・感想評価・2020冬ドラマ

投稿日:2019年12月17日 更新日:

2020年1月スタート、日本テレビの土曜夜10時は天海祐希さん主演の『トップナイフ-天才外科医の条件-』です。

視聴率や観た人の感想などをまとめています。



 

 

番組情報

『トップナイフ-天才外科医の条件-』
日本テレビ

放送日時

毎週土曜日 夜10時~

スタート日

2020年1月11日 夜10時スタート

脚本

林宏司(ドロ刑 -警視庁捜査三課-、コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命 他)

演出

大塚恭司(高嶺の花、女王の教室 他)

主題歌

JuJu『STAYIN’ ALIVE』

主な出演・キャスト

天海祐希・・・深山瑤子
椎名桔平・・・黒岩健吾
広瀬アリス・・・小机幸子
永山絢斗・・・西郡琢磨
古川雄大・・・来島達也
三浦友和・・・今出川孝雄
宮本茉由・・・玉井静香
福士誠治・・・犬飼剛
森田望智・・・小沢真凛
藤本泉・・・伏見愛子

ドラマ概要

舞台は「手術の天才」が集まる東都病院脳神経外科。

「トップナイフ」呼ばれる「手術は成功して当たり前」を求められる、超一流の技術を持った医師達が集まっている。

「脳動脈のスペシャリスト」と呼ばれる深山瑤子(天海祐希)は、脳外科の個性的な医師たちをまとめるよう、部長の今出川孝雄(三浦友和)から命ぜられていた。

医師たちは、それぞれ心に秘密や葛藤を抱えながら、患者と向きあっていく。



 

 

主な感想&評価

ドラマをみた人の主な感想です。

・可もなく不可もなくという感じだった

・スピード感や緊張感が足りないような気がした。演出のせいなのかな?

・キャストは豪華だけど、今一つ盛り上がりにかけた

・たまたま見たが、結構面白かった

・深山先生は日テレの大門未知子だけど、ドクターXを超えるのは無理そう

・あのお父さんの人格がどうなったのか、はっきり知りたかった

・まだ1話で、キャラクターもつかみ切れていないから来週もみたい

・最後のダンスがなんだか・・・

・医者が「殺す」という言葉を使うのが気になった

・医療ドラマが多いから、どう差別化するのか楽しみ

・天海さんはデキル女はバッチリハマるけど、外科医は米倉さんがいるからどうかな

医療もの、女医ということで、やっぱりドクターXとどう差別化をするのかを期待している人が多いようです。

ただ、ドクターXを超えるのは難しいというのが概ねの意見。

キャストはいいのだけど、ちょっと盛り上がりに欠けたという感想も多かったです。

あとは、「殺す」「死ぬよ」というセリフが気になった人もいました。

医療ものはこういう意見も多いですね。

面白かった、楽しみという意見もありますが、まだ第1話ということで、様子見という人が多いようです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第2話・1/18

1話よりも面白かったという人が多いようです。

一人一人なにか心に傷がありそうだけど、悪い人はいなさそうなので、安心してみられる、ワンチームになれれば、すごくいい脳外科になりそうという感想もありました。

広瀬アリスさんの役どころが、好意的なのと否定的なのと真っ二つという感じです。

研修医としての身だしなみやマナー、医療現場での失敗、大袈裟過ぎる演技などがあり得ないと感じる人と、広瀬さん演じる小机のようなキャラは必要、上手く演じているという意見で割れています。

 

第3話・1/25

今期は医療ドラマが多いので、どのドラマをみているのか分からなくなるという人も多いです。

特に、医療ドラマあるあるで、何かを思い出して手が震えるシーン、「あれっ、これこの間もみた」みたいな感じでしょうか(^^;

脳の話というところに面白さを感じている人、天海さん、広瀬さんのファンという人も多いですね。

逆にアンチも、もちろんいますが。

ただ、広瀬さんの評価は分かれています。

否定的な意見は、演技が大げさではないか、好意的な意見は、ドラマにはああいうキャラが必要、上手く演じている、といったところです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第4話・2/1

記憶をなくした同級生とのエピソード、緊迫のあるシーンもあったけど、最後は良い終わりかたで良かった、りんごを剥くシーンは涙がこみあげたなど、幼馴染の話にはジーンときた人も多かったよう。

椎名さん演じる黒岩先生の執刀シーンも、ドラマだから上手くいくことは分かっているのに、1分というカウントダウンにドキドキした人も。

見ている人は、回を追うごとに良くなっているという印象を持っているようです。

 

第5話・2/8

今回は、自分の才能やセンスと向き合う内容でした。

自分はもっと上にいけると思って努力してきた人が、自分の技量を認めることは辛いけど、そこから自分自身またスタートできる、そんな風に感じた人が多かったようです。

西郡先生にも、音楽家の二人にも共感した人が多かった。

ただ、患者に「分からない」と告げて病室をでていくところは、医師としてどうかという意見がありました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第6話・2/15

今期は医療物が多いですが、それぞれテーマが違うのでその違いを楽しみながら観ている人もいます。

今回は、少し多めの3症例のエピソードがありましたが、それぞれに目が離せませんでした。

野球部の仲間が来てくれたシーンでは涙した人も多かったようです。

今回は脳外科というよりも、心の治療みたいな感じでしたね。

緊張感のある現場なのに、アリスさんの役柄が浮いていて好きではない人がちょっと多いかな。

 

第7話・2/22

失敗しない女医とは対照的で地味だけど、それはそれで味があるという感想あり。

今回は、「細胞は日に日に生まれ変わるから一年たったら別人」という深山先生の言葉が深かったという意見もありました。

一年後は別人だと思えば、自分も変わるし未来も変わる。

失敗を恐れず挑戦するエネルギーになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第8話・2/29

左腕が恋人だという前川さん(金田明夫)でしたが、それは若かりし頃の奥さんでした。

女性にとって老いは寂しいものなので、奥さんにとっては、若い頃の自分に夢中になっている旦那さんをみるのは辛かったのかもしれません。

それでも、観ている方は左腕が奥さんでよかったとホッとしたようです。

このドラマを楽しみにしている人もいますが、折角脳外科に特化したドラマなので、もう少し深掘りして欲しい(患者がその後どうなったかなど)という意見もあります。

次回は、身内の中でいろいろ起こりそうですね。

何か隠しているような感じだった今出川部長(三浦友和)でしたが、病院を去るのは部長で後任が深山先生だと皆さん予想されています。

 

第9話・3/7

皆さん、洗面所に置かれた5レンジャーに涙したようです。

今回が一番よかったという声もあります。

こうなると、興味は黒岩先生がお子さんを引き取るかどうかですね。

また、頭に鉄筋が刺さってしまった男の子の証言は本当なのか?

ケガによる妄想なのか?

本当の話なのに、ケガの後遺症だと思われたら怖いですね。

さて、次回最終回です。

どのような終わりになるのでしょうか。

 

最終話・3/14

ちょっと物足りない最終回だったという感想が多いです。

えっ、これで終わっちゃうの?という感じでしたね。

前回の黒岩先生のエピソードがよかっただけに残念かな。

でも、何となく続編もできそうな終わり方だったでしょうか。

1つの症例をもっと深く掘り下げた方がいいという意見もありました。

脳に特化した話で、興味深くみていましたが、確かに1話、1話、もっと掘り下げてもよかったかもしれないですね。

そういう意味でも、黒岩先生と子供のエピソードは、二人の胸の内が見えるようで印象深い回だったのかもしれませんね。



 

 

平均視聴率

平均視聴率は、関東ビデオリサーチ調べ、速報値です。
全話平均は、各放送回の視聴率を単純に平均したものです。
放送後、随時更新します。

各話視聴率

第1話・1/11:13.0%

第2話・1/18:12.4%

第3話・1/25:12.9%

第4話・2/1:10.6%

第5話・2/8:9.1%

第6話・2/15:10.1%

第7話・2/22:10.6%

第8話・2/29:11.0%

第9話・3/7:11.4%

最終話・3/14:11.6%

全話平均:11.3%

 

視聴率ランキング

順位放送日視聴率
11話1/1113.0
23話1/2512.9
32話1/1812.4
4最終話3/1411.6
59話3/711.4
68話2/2911.0
74話2/110.6
87話2/2210.6
96話2/1510.1
105話2/89.1

トップナイフはHuluで
※2020.3月時点のものです。最新の配信状況は Huluのサイトにてご確認ください。

 

■冬ドラマ全体の視聴率ランキングはこちら

↓ ↓ ↓

2020冬ドラマ|視聴率一覧&比較ランキング(随時更新)1月スタート

 

■こんな記事もあります。

 



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2020冬ドラマ, ドラマ
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です