2019冬ドラマ

後妻業|視聴率一覧・感想まとめ・2019冬ドラマ/木村佳乃主演

投稿日:2018年12月25日 更新日:

 

後妻業

 

2019年1月スタートの冬ドラマ、「後妻業」の視聴率や、ドラマをみた人の主な感想をまとめています。



 

 

放送日時

フジテレビ(カンテレ)
火曜「後妻業」
毎週火曜日 夜9時~

■スタート日
2019年1月22日(火)夜9時スタート 初回15分拡大

 

 

原作

黒川博行「後妻業」(文春文庫刊)

 

脚本

関えり香

主な作品
・「連続テレビ小説 てっぱん」
・「ハロー張りネズミ」
・「結婚相手は抽選で」
など

 

出演・キャスト

木村佳乃・・・武内小夜子(男をだます天才)
高橋克典・・・柏木亨(結婚相談所経営)
木村多江・・・中瀬朋美(資産家の娘)
葉山奨之・・・黒澤博司(小夜子の弟)
長谷川朝晴・・・佐藤司郎(建築事務所社長)
篠田麻里子・・・三好繭美(ホステス)
平山祐介・・・橋口健太郎(本多の後輩)
田中道子・・・山本絵美里(司郎の浮気相手)
河本準一・・・新井欽司(司法書士)
濱田マリ・・・西木尚子(朋美の姉)
とよた真帆・・・瀬川頼子(小夜子同様後妻業をなりわいとする)
泉谷しげる・・・中瀬耕造(朋美と尚子の父親で資産家。小夜子のターゲット)
伊原剛志・・・本多芳則(私立探偵)

 

 

主題歌

宮本浩次「冬の花」

 

あらすじ

武内小夜子(木村佳乃)は、遺産相続目当てて資産家の高齢者を狙う結婚詐欺師。

小夜子が狙っているのは、中瀬耕造(泉谷しげる)の遺産だ。

中瀬の娘、中瀬朋美(木村多江)は、私立探偵の本多芳則(伊原剛志)に協力を頼み、父の遺産を守るために立ち上がる。

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想です。

第1話・1/22

・テンポよくてなかなか面白かった

・小夜子(木村佳乃)と朋美(木村多江)の掛け合いが楽しみになりそう

・これからもっと面白くなる予感がするドラマ

・B級臭さがたまらない

・原作も映画も知らないので、単純に娯楽として楽しめそう

・ドラマだと思って観ても、人を死に追いやるような内容に笑えなかった

・人の命を奪ってお金が手に入っても幸せにはなれないと思う

・騒がしい印象しかない

・木村多江さんと言えば幸薄い役が多いので、今回の役は新鮮で面白い

・派手でお金にしか興味なさそうな小夜子だけど、訳ありな感じがして単純ではなさそう

・小夜子は、もう少ししおらしくしないと結婚詐欺に見えても仕方ない

コメディーとして楽しんで観ている人、内容が9時台のものではないと嫌悪感を抱いた人と両極端な印象です。

ただ、大阪弁の評判はよくないです。

大阪弁の評価は厳しいですから、それを満足させるのはなかなか難しそうです。

制作がカンテレさんなので、なおさらかもしれませんね。

無理せず標準語でもいいのでは?という意見もありました。

また映画を観ている人には、物足りなさもあるようですが、別物として楽しんでいる人もいます。

私は原作も映画もしらないので、コメディーとして楽しんで観ました。

これから大ドタバタ劇になりそうな予感がしました。

 

第2話・1/29

・最後、施設のシーンが出てきたので、小夜子が可愛そうな生い立ち?こういうドラマは芯から悪い女の方が面白いと思う

・小夜子役は木村多江さんの方が合っている感じがするが、映画版とは違う描き方をするために木村佳乃さんなのかもしれないと思った。どんな展開があるのか興味がある

・一癖も二癖もあるキャラクターばかりで、来週も期待して観る

・吉本新喜劇のようで笑える

・「金持って死ねへん。なんか親父さんなりの考えがあったんじゃないかな」この言葉が意外にも響いた

・大阪&ナニワ金融道みたいなお笑いと人情的なドラマかと思っていたけど殺人?ちょっと笑えなくなった。似た事件もあるので。コメディっぽい方がよかった

・ドラマは映画とは違った良さを感じる

 

第3話・2/5

・関西弁も慣れてきた。笑えて面白い

・小夜子がコントをしているようにみえて中途半端。徹底的に悪女で描いて欲しい

・どんな事情があっても、やっぱり人を殺すのは許されないし、観ていて気分はよくない

・耕造が最初の奥さんを想って「はやくお前のところへ行きたい」というのをみたら、小夜子なら願いを叶えてあげそう

・ドラマと映画では意味合いが違うと思う。ドラマはドラマで面白い

 

第4話・2/12

・出所した子が小夜子の子供だったとは

・朋美の内縁の夫の浮気、予想通りだった

・朋美のパートナー、籍を入れていないとはいえ浮気だ。朋美が可哀そうだった

・完全コメディーとして観ていて、毎回小夜子と朋美のバトルが楽しみ

・幹夫役の佐藤蛾次郎さん、小夜子と朋美の二人との絡み、役得ですね(^^;

 

第5話・2/19

・小夜子は柏木にバディ以上の感情があると思う。柏木はどうなんだろうか?お互い気持ちを秘めているような気がする

・コミカルに描かれているけど、寂しい心情も垣間見えて目が離せない

・朋美は司郎よりも本多の方が優しくていいと思う

・司郎と絵美里には腹が立つ

・朋美と本多の展開は予想通り。幸薄い役の木村多江さん本領発揮

・小夜子の息子博司のダメっぷりはイライラする

・関西テレビのHPでやっているチェインストーリーとメインキャストのインタビューもおすすめなので見て欲しい

・子供が疎遠になっていたり一人身だったら、後妻業は最後に夢を見させてくれる存在なのかもしれないと、不謹慎ながら思うところもある



 

 

第6話・2/26

・イケメンじいさんの不動産屋舟山も詐欺師なのでは?

・今日も小夜子と朋美のバトル、面白かった

・やっぱり内縁の夫の佐藤より本多の方がいい

・本多はホテルで朋美に謝っていたけど、あれでは朋美が可哀そう

・朋美は柏木に取り引きを持ち込んでいたが、これをきっかけに惹かれあいそうな気がする

・笹島先生が早々に亡くなってしまってビックリ。小夜子の仕業?

・主題歌「冬の花」がいい

 

第7話・3/5

・朋美の内縁の夫はきっと絵美里に捨てられると思う

・絵美里は人の物を欲しがる人。手に入ったら興味をなくすと思う

・朋美はあんな夫とは別れてよかった

・柏木は悪党なのだろうけど、傷心の朋美に寄り添える優しさがある気がする。朋美と部屋に入っていったがきっと何もないのでは?

・イケメン爺さんはやっぱり詐欺師だった

 

第8話・3/12

・柏木がカッコよすぎ。「カタギには手出さへん」とか、昭和のセリフも様になっている

・今回はすべて柏木に持っていかれた。渋くて大人の色気たっぷり。小夜子の家にいったときも、舟山の家に乗り込んだときも、とにかくカッコよかった。柏木にとって小夜子が一番大事なのも分かった

・小夜子と柏木はお互い好きなのに純愛で、キスシーンが切なかった

・朋美も柏木に惹かれているけど、柏木にはその気なし?

・小夜子は口は悪いが朋美を心配していて憎めない。二人はよいコンビになってきている

・舟山の紳士からヤクザへの豹変ぶりが怖かった

・映画とは違うオリジナルストーリーになってきている。お茶の間に流れるドラマなら正解かも。これはこれで面白い

・小夜子の通帳に残高が少ないのは、施設に寄付しているのではないか

・実は小夜子は誰も殺してないというオチなのではないか?

・朋美に打ち明けたい事ってなんだろう?気になって仕方ない

・小夜子は死んでしまうの?死なないで幸せになって欲しい。なんだかんだ、みんなに幸せになって欲しい

・役者さんがみんな演技派で見ごたえがある

 

第9話・3/19

・やっぱり小夜子と朋美の掛け合いが最高だった。続編がみてみたい

・楽しくてスカッとした終わりで続編もあり

・原作では小夜子は息子に殺されるらしい。この終わり方でよかった

・大人の色気があり、最高に楽しかった

・最後のどんでん返しが痛快で最高に面白かった

・後妻業の柏木と小夜子が逃げ切ってハッピーエンドなのは納得できない

・小夜子の朋美への打ち明け話は、朋美を仲間にするためのウソ?

・通帳や注射器が捨てられていたので、柏木と小夜子は後妻業だろう

・たとえ寄付をしていたとしても、自分の父親を殺した人とは組めない

・切ない終わり方になると思っていたが、全然ちがった



 

 

平均視聴率

関東ビデオリサーチ調べ、速報値を更新していきます。

第1話・1/22:8.7% ※15分拡大、関西地区13.7%

第2話・1/29:6.5% ※関西地区11.9%

第3話・2/5:6.2% ※関西地区12.0%

第4話・2/12:5.9% ※関西地区9.3%

第5話・2/19:5.6% ※関西地区11.3%

第6話・2/26:5.7% ※関西地区10.7%

第7話・3/5:6.2% ※関西地区10.7%

第8話・3/12:5.7% ※関西地区11.2%

最終話・3/19:5.1% ※関西地区9.3%

全話平均:6.3% ※関西地区11.1%

※全話平均は、各放送回の視聴率を単純に平均したものです。

 

 

 

木村佳乃さんと木村多江さんの掛け合いが楽しかったです。

演じているお二人も楽しんでいるような、そんな感じがしました。

最後の終わり方には賛否両論ありましたが、個人的には痛快で楽しめました。

何となく続編がありそうな終わり方と感じたのは私だけでしょうか?



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2019冬ドラマ
-,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2019年5月
« 4月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031