2018夏ドラマ

この世界の片隅に・原作あらすじネタバレ.主題歌.キャスト/松坂桃李2018夏ドラマ

投稿日:2018年5月19日 更新日:

 

原爆ドーム

 

2018年7月スタートのTBSドラマ日曜劇場「この世界の片隅に」、主演は松坂桃李さん。

ドラマ「この世界の片隅に」のキャスト、主題歌、原作、あらすじ(ネタバレ)などをまとめました。

情報が不足している部分は、発表後随時更新していきます。



 

 

放送日時

TBS

日曜劇場「この世界の片隅に」

毎週日曜よる9時〜9時54分

 

原作

こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊、「漫画アクション」連載)

「戦争と広島」をテーマに描かれた作品

 

出演・キャスト

松本穂香・・・北條すず
松坂桃李・・・北條周作(すずの夫)
新井美羽・・・幼少期のすず
尾野真千子・・・黒村径子(周作の姉)
稲垣来泉・・・晴美(径子の娘)
田口トモロヲ・・・北条円太郎(周作の父)
伊藤蘭・・・北条サン(周作の母)
伊藤沙莉・・・刈谷幸子(北條家の隣人)
木野花・・・刈谷タキ(隣人刈谷幸子の母)
土村芳・・・堂本志野(夫が出征中の主婦)
塩見三省・・・堂本安次郎(堂本志野の祖父)
久保田紗友・・・浦野すみ(すずの妹)
二階堂ふみ・・・白木リン(すずの友人で遊女)
村上虹郎・・・水原哲(すずの)幼馴染)
宮本信子・・・森田イト(すずの祖母)
仙道敦子・・・浦野キセノ(すずの母)
ドロンズ石本・・・浦野十郎(すずの父)

 

主題歌

発表後更新

音楽
久石 譲

 

原作あらすじ・ネタバレ

主人公すずは、想像力が豊かで絵を描くのが上手。

すずは、広島市江波で少女時代を過ごし、太平洋戦争中に北條周作という青年と結婚、呉に嫁ぎます。

知り合いもいない見知らぬ地で、周作の姉、径子に小言を言われながらも、戦時下の物資不足をユーモアと生活の知恵で乗り切り、すずは段々北條家の人達に受け入れられていきます。

 

ある日、すずは偶然知り合い友達になった遊女の白木リンが、周作の元恋人だったことに気付いてしまいます。

周作は家族の反対に遭い、リンを諦める代わりに、幼少時に街で出会った「浦野すず」という女性なら結婚してもいいと条件をだし、家族が探し出したすずと結婚したのでした。

すずは幼少期に、お使いに出た際に周作と会っていたのです。

 

すずは自分が、周作にとってリンの代わりではないかと思うようになります。

そんなすずの元を、幼馴染の水原哲が訪れます。

お互い憎からず思っていた相手、哲は出征前にすずに会いにきたのです。

周作は哲を納屋の二階へ泊まらせます。

そしてすずに行火をもたせ「折角だからゆっくり話でもしたらいい」と哲の部屋へ行かせ、家の鍵を閉めてしまいます。

すずはそんな周作に腹が立ち、自分は周作のことが好きなのだと改めて自覚するのでした。



 

 

やがて日本の戦況は劣勢になり、あるとき時限爆弾の爆発に巻き込まれ、すずは目の前で晴美(周作の姉 黒村径子の娘・姪)を亡くし、すず自身も右手を失ってしまいます。

晴美を守れなかったことを径子に責められ、自分も絵を描く右手を失ったすずは自暴自棄に。

すずは、北條家での居場所を失いつつありました。

 

戦火は激しくなり、北條家にも焼夷弾が落とされます。

すずを見舞いにきた妹のすみに、祭りの日に実家に帰ってくるよう誘われ、一度は広島に帰ることを決めますが、帰る当日、径子から謝罪を受け、北条家に残ることを決意します。

その日は、8月6日、広島に原爆が落とされ、爆心地から約20キロ離れた北條家でも、閃光と衝撃波を受け、故郷の広島方面には巨大なキノコ雲が。

 

8月15日、ラジオで終戦を知ったすずは泣き崩れます。

大切な人は何のために亡くなったのか、今まで信じていたものは何だったのか。

 

リンのいた遊郭は空襲によってひとたまりもなく破壊されていた。

すずの母は、8月6日、祭りの準備に出掛け、その後の消息は分からない。

父は原爆症で亡くなった。

兄、哲も亡くなった。

妹のすみは原爆症で苦しんでいる。

 

生きて終戦を迎えた周作とすず。

周作
「すずさん わしとすずさんが初めて会うたんはここじゃ、この街もわしらももうあの頃には戻らん、変わり続けて行くんじゃろうが。わしはすずさんはいつでもすぐわかる。ここへほくろがかるけえすぐわかるで」

すず
「周作さん ありがとう この世界の片隅に うちを見つけてくれて ありがとう周作さん。ほいでもう離れんで…ずっとそばに居って下さい」

 

廃墟のようになった広島市内の瓦礫の中で出会った孤児の少女。

晴美の生まれ変わりのように感じ、呉の北條家に連れて帰ったのでした。

 

「この世界の片隅に」は、2016年にはアニメーション映画になっています。

すずの声をのんさんが担当しています。

原作は、すず、幼馴染の哲、周作、周作の元恋人のリン、4人の関係が深く描かれていますが、映画では、サラッとしているようです。

特にリンとのエピソードはかなり削られているらしいです。

 

 

「この世界の片隅に」の原作は、戦争が大切な日常を奪う、いかに悲惨なものかを描いていますが、実は恋愛ストーリーだったりもします。

映画がそうだったように、ドラマも原作通りとは限らないので、どんなドラマになるのか楽しみにしたいと思います。



 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

動画配信サービス
いろいろあって迷ったら

↓ ↓ ↓

動画配信サービス比較

お得な見放題プランや
無料キャンペーンあり

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2018夏ドラマ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年6月
« 5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。