2018夏ドラマ

義母と娘のブルース・原作あらすじネタバレ.主題歌.キャスト/綾瀬はるか.竹野内豊

投稿日:2018年5月21日 更新日:

 

家族3人

 

2018年7月スタートのドラマ「義母と娘のブルース」、主演は綾瀬はるかさんと竹野内豊さん。

原作は桜沢鈴さんの4コマ漫画です。

この原作は、4コマ漫画を越えた笑いと感動があると評判です。

ドラマ「義母と娘のブルース」の原作のあらすじ(ネタバレ)、キャストや主題歌をまとめました。

情報が不足している部分は、発表後更新していきます。



 

 

放送日時

TBS

火曜ドラマ「義母と娘のブルース」

7月10日(火)よる10時スタート
毎週火曜よる10時〜

 

原作

桜沢 鈴 コミック「義母と娘のブルース」全2巻(ぶんか社刊)

笑って泣ける4コマ漫画

■脚本:森下佳子

 

主な出演・キャスト

綾瀬はるか・・・岩木亜希子
竹野内豊・・・宮本良一
横溝菜帆・・・みゆき(良一の娘・小学生)
佐藤健・・・麦田章(台風の目になる人物)
浅利陽介・・・田口朝正(亜希子の部下)
浅野和之・・・笠原廣乃進(宮本良一の上司)
麻生祐未・・・下山和子(不動産屋のおばちゃん)
奥山佳恵・・・宮本愛(宮本良一の亡き妻)
川村陽介、橋本真実、真凛

 

主題歌

発表後更新

 

原作あらすじ・ネタバレ

あらすじ

TBS公式のあらすじ

岩木亜希子は、業界トップシェアの金属会社で働くバリバリのキャリアウーマン。
誰よりも真面目でその真面目さゆえ、“土掘り土下座”という宴会芸まで編み出してしまうツワモノ。
普通の話し言葉にもビジネス用語を多用する。
四六時中、仕事のことばかり考えており、趣味や人生を楽しむことなど知らないような仕事の虫。

 

宮本良一は、老舗の金属会社に勤める。8歳の娘を持つ父親。
朗らかな性格で日々、小さな奇跡を見つける目利きであり、周囲を和ませることについては天下一品。
「みやもっちゃん」の愛称で親しまれ、職場では「みやもっちゃんはこの会社のひだまり。癒し」と年齢性別を問わず社員に大人気。
小さなことは気にせず、鈍感とも言えるし、包容力が大きいともいえる男。
ある想いからライバル会社のやり手部長である亜希子にプロポーズする。

 

あらすじとしては、バリバリのキャリアウーマン亜希子が、娘を持つ良一からプロポーズをされ結婚。

今まで仕事一筋で家事もできない亜希子が、いきなり子持ちになり、母親になろうと家事や育児に奔走します。

そしてお決まり、娘からは母親と認められず反発される。

さて、3人は家族になれるのでしょうか?というよくありそうな物語です。



 

 

ネタバレ

ネタバレですが、良一のある想いがポイント。

良一は病気で余命があるのです。

 

良一は奥さんを亡くしていて、男手ひとつで娘を育てていました。

ところがその良一自身が、今度は病気で余命わずかということが判明します。

そんな時に取引先のキャリアウーマン、亜希子と出会います。

「娘を1人残したくない」という良一、仕事一筋で人恋しさをもっていた亜希子。

良一と亜希子は仮面夫婦になることを決めるのです。

 

最初は仮面夫婦だった二人も、本当に愛し合うようになりますが、それも束の間、良一は亡くなってしまいます。

それをきっかけに、距離が縮まっていく亜希子と娘。

その後の亜希子と娘の生活、関係が描かれていきます。

パン屋にパートに出る亜希子、そこで出会いがあり再婚か?と思いきや断る亜希子。

娘はだんだん亜希子に言動が似てくる。。。

 

 

 

 

キャリアウーマンの亜希子が、家事や子育てに失敗する様子はコメディー。

仮面夫婦だった二人は愛し合うように、反発していた娘は少しずつ亜希子のことを認め、家族になっていくところは感動。

笑って泣けるお話です。

 

亜希子の面白エピソードとしては、

・初対面の娘に名刺、履歴書で自己紹介

・娘との会話はビジネス仕様

・娘へのお願いは土下座

・料理をこがす

・ティッシュと一緒に洗濯をしてしまう

・常にスーツにエプロン

・スーパーでは商品会社に値切りの交渉

などなど、これはほんの一部です。

仕事はできても家庭生活においては、常識的なことを知らない亜希子の行動が笑えます(^^)

 

原作には、長い時間経過が描かれています。

良一と結婚したときに娘は小学生ですが、それが高校生になり、彼氏を連れてくる年頃になり、結婚、そして亜希子が人生を終えるところまで書かれているのです。

それがこの原作の感動するところです。

 

そう考えると、ドラマも亜希子の最期まで描かないと、原作のよさが伝わらないと思います。

ドラマで最後まで描くなら、娘役は年代ごとに何人か必要でしょう。

ドラマも原作の最後まで描かれるといいなと思います。



 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

動画配信サービス
いろいろあって迷ったら

↓ ↓ ↓

動画配信サービス比較

お得な見放題プランや
無料キャンペーンあり

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2018夏ドラマ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年6月
« 5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。