2019春ドラマ

わたし定時で帰ります|視聴率一覧&感想まとめ(随時更新)2019春ドラマ.吉高由里子主演

投稿日:2019年3月16日 更新日:

 

 

2019年4月スタートの春ドラマ、TBSの火曜ドラマは、吉高由里子さん主演の『わたし、定時で帰ります。』です。

『わたし、定時で帰ります。』の各話の視聴率や、ドラマをみた人の主な感想をまとめています。



 

 

放送日時

火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」
TBS
毎週火曜日 よる10時~

■スタート日
4月16日(火)よる10時

 

原作

朱野帰子
『わたし、定時で帰ります。』(新潮文庫刊)
『わたし、定時で帰ります。 ハイパー』(2019年3月29日発売・新潮社刊)

 

 

 

脚本

・奥寺佐渡子
主な作品:「夜行観覧車」「Nのために」「リバース」

・清水友佳子
主な作品:「夜行観覧車」「リバース」「不機嫌な果実」

 

主な出演・キャスト

吉高由里子・・・東山結衣
中丸雄一・・・諏訪巧:結衣の恋人

向井理・・・種田晃太郎:結衣の元婚約者
内田有紀・・・賤ヶ岳八重:産休明けの先輩
ユースケ・サンタマリア・・・福永清次:部長
柄本時生・・・吾妻徹:結衣の同僚
泉澤祐希・・・来栖泰斗:結衣が教育を担当する新人
シシド・カフカ・・・三谷佳菜子:結衣の同僚

江口のりこ・・・王丹:結衣行きつけの「上海飯店」の店主
梶原善・・・戸塚学:「上海飯店」常連
酒井敏也・・・篠原友之:「上海飯店」常連
桜田通・・・謎の男・ハンドルネーム<愁>

 

 

 

主題歌

Superfly「Ambitious」

 

 

 

『わたし、定時で帰ります。』ドラマ概要

WEB制作会社でディレクターとして働く東山結衣(吉高由里子)は、残業ゼロがモットーで必ず定時で帰る。

過去のトラウマが理由で、定時にあがるために効率的に仕事をこなし、プライベートを大切にしている。

そんな結衣の職場には、空気の読めないブラック上司、福永(ユースケ・サンタマリア)をはじめ、結衣の元婚約者でワーカホリックの種田晃太郎(向井理)、ワーキングマザー、会社に住み着く男性社員、やめたがりの新人、真面目過ぎる女性社員など、一癖も二癖もある同僚ばかり。

定時で帰る結衣vsモンスター社員の戦いはいかに?

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想です。

第1話・4/16

・出社時間の30分前ってはやすぎない?それにそういう話は、皆の前より給湯室などで話す方がいい

・パスワード変えた新人、犯罪では?

・どこかで見たような感じもあるけど、意外と面白かった。次回も観る

・新人は権利を主張するなら義務も果たさないと

・三谷さん、新人のためを思って怒ってあげるのはいいけど、「自分が新人のときは」とか、自分がやられたようにやるのは違うと思う

・毎週三谷さんがあの調子だったら嫌だけど、今回で落ち着くのかな?

・吉高由里子さんは、前回の検事役より今回の役の方が合ってる

・仕事の忙しい時期と暇な時期が極端な業界なので、定時で帰るというより、トータルでどう休むかをテーマにした方がよかったのでは?

・自分は残業をしてしまう方なので、興味があって面白かった

・観ていてなぜだかイライラする。家でリラックスしたいときに観るドラマではないかも

・ユースケ・サンタマリアはテンション高くていかにも怪しい上司

・東山の生き方は理想だが、実際には多すぎる仕事量で残業している人が多いと思う。共感できるところが多いドラマだと思う。次も観る

 

第2話・4/23

・賤ケ岳さんの育休明けの大変さと気持ちは分かる。でも意固地になられても周りは迷惑に感じてしまう

・賤ケ岳さんのみんなの意見に耳を傾けない、自己中心的すぎてドン引きした

・いくら旦那さんが育休をとっていても、育児を一人でやるのは大変。双子ならなおさら。賤ケ岳さんは無理せず家庭優先にして欲しいと思った。空回りが観ていて痛かった

・チームで動く仕事は、いくら自分の仕事が終わっても定時には帰れない

・外に出て働きたいなら、他人に迷惑かけないようにしてからが基本。夫に子供を預けるなら保険証くらいちゃんと夫に渡すべき。それもできず、結局同僚に持って行かせるなんて問題外

・賤ケ岳さんは、今は素直に周りに甘えるべき。いつか立場が逆になるときがくるのだから、皆でフォローしあえばいいだけ

・賤ケ岳さんに完璧に頑張られたら、他の人も同じようにしなければならない。育休とれる旦那さんばかりではないし、みんないろいろ事情があるのだから、お互い様で働けるのが組織のよいところ

・働く事の意味、一生懸命頑張るとはどういうことなのか?いろいろ考えさせられる。意外と奥の深いドラマ

・「先輩は何と闘ってるんですか?」は名言だった

 

 

 

第3話・4/30

・予想通りの結末だった

・教育係って難しい

・結衣が来栖くんにかける言葉が温かい

・新人はモンスターすぎ。やっていいことと悪いことの区別くらいはつくし、自分が悪かったら謝らないと、社会人としてどうかと思う

・定時で帰ろうとは思うけど、人よりも仕事ができるようになりたいと思うと、時間も努力も必要だと思った

・新人くんと同じように、自分がいる意味があるのかと悩むことがあるので、感動して泣いてしまった

・失敗ばかりで腹も立つけど、存在自体が面白い人っている。すごく共感した

・新入社員の葛藤や、理想と現実のギャップ、いろんな思いが垣間見えて興味深い回だった

・どこの会社にも同じような上司や顧客がいるんだと思った

・共感できる部分があって毎回楽しくみている。今回も面白かった。

・このドラマは何となくホッとする。これからどう展開するのか楽しみ

・最近の新人の考え方や上司の考え方など、このドラマ、意外と勉強になる



 

 

第4話・5/7

・「上海飯店」のシーンが楽しみ。江口さんの存在感がいい

・ユースケが演じている福永、ああいう上司リアルにいる。いい人かと思ったら外部や上の人にはいい顔して、職場では「私が困る」と、いつも自分のことが一番

・向井さん演じる種田は、周りへの気遣いやフォロー、仕事ができてカッコいい。理想の上司だ

・会社でよく起こる出来事、職場に居そうな人、よくある悩みを描いているドラマだけど面白い

・私も定時で帰りたい

・このドラマの「落とし所」がいい

・結衣みたいな人がいてくれたらいい

・東山さんは、仕事に優先順位をつけて時間配分しているようだけど、電話をとる、来客対応をしないからできるのでは?自分ではコントロールできない差し込みの仕事もしなければいけない人には難しい

・今回の名言は「私たちには給料日がある」だ

・結衣とメールしている男の子はどういう関係があるのか楽しみ

・吾妻くんの家に帰ってもやる事なし、人生暇つぶしという虚無感が伝わってきた。結衣と話して少しは気が楽になったかな?

・吾妻くんは、家で珈琲を楽しむのかな。自分なりの楽しみ方を見つけられるといいと思う

・吾妻くんは仕事くらいしかすることないと言っていたけど、得意なことが仕事になっていて、それはそれで羨ましい

・誰かを意識して仕事を頑張ったり、張り合いがでることはあるからリアルな回だったと思う

・毎回共感するところがあって泣けてしまう

 

第5話・5/14

・種田さん、いつもピンチを上手く救ってくれる。カッコよすぎる

・種田さんがカッコよすぎて、中丸君は勝ち目なさそう

・ランダー社の件、種田さんがスカッとさせてくれた

・今どきランダー社のような人がいたらセクハラ、パワハラで人生終わる

・元上司が、ランダー社の筋肉ハラスメントと同じようなことを言っていた

・福永のような上司がいるので観ていてしんどいところもあるけど、毎回楽しみにしている

・種田さんのような上司に、東山さんのような先輩がいる来栖くんが羨ましい

・今週も考えさせられた

・毎回、忙しく残業していた頃の自分を思い出して苦しくなるけど懐かしくもある

 

第6話・5/21

・来栖君は近い年齢の同僚や同期がいないから孤独だったのかも。最近同期がいない新人は多い

・来栖君、最後ちゃんと種田さんに頭下げることができてよかった

・来栖君、入社して実績も無いのに不満は1人前。自分の仕事が中途半端だった結果なのに、顧客の前で不貞腐れたり、上司にたてついたり。今の子はあんな感じなのか?前世代の自分には信じられない

・来栖君のこと応援してたから、今回の態度にはガッカリしたけど、若気の至りだね。ちゃんと謝れてよかった

・来栖君を優しくフォローするお姉さま方達。こんないい会社ない

・来栖君が反省するまでの過程が欲しかった

・結衣は仕事ができる上に柔らかさがあって素敵

・江口のりこさんの演技がよすぎて、上海飯店シーンが楽しみ、ハマってます

・種田さんがカッコよすぎだけど、今回は短所も知れてますます魅力的に感じた

・まさかの種田さんと巧の三角関係。どうみても種田さんに軍配

・種田さんと結衣、よりを戻して欲しい

・家賃20万円はどうなるか?気になる

・このドラマをみると、一社員として働くのも悪くないかもと思える



 

 

平均視聴率

関東ビデオリサーチ調べ、速報値です。

第1話・4/16:9.5%

第2話・4/23:10.4%

第3話・4/30:6.5%

第4話・5/7:8.4%

第5話・5/14:9.8%

第6話・5/21:10.3%

 

 

定時で帰るのが難しい職場、帰りにくい雰囲気ってありますよね。

また、仕事に遣り甲斐を感じていて、残業が苦ではない人もいると思います。

ドラマの中には、自分と似ていて共感できるキャラクターがいるかもしれなぁとちょっと楽しみです。

結衣は、さまざま事情を抱える同僚たちに寄り添いながら、解決方法を模索するようです。

どんな風に解決していくのか?参考になることがあるかもしれませんね。



 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2019春ドラマ
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2019年5月
« 4月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031