2019春ドラマ

ラジエーションハウス|視聴率一覧&感想まとめ(随時更新)2019春窪田正孝主演

投稿日:2019年3月17日 更新日:

 


2019年4月スタートの春ドラマ、フジテレビの月9は、窪田正孝さん主演の『ラジエーションハウス』です。

『ラジエーションハウス』の各話の視聴率や、ドラマをみた人の主な感想をまとめています。



 

 

放送日時

月9『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』
フジテレビ
毎週月曜日 よる9時~

■スタート日
4月8日(月)よる9時
初回30分拡大

 

原作

「ラジエーションハウス」
横幕 智裕 漫画:モリタイシ
「グランドジャンプ」(集英社)
コミックス6巻まで発刊、7巻は3月19日発売

 

 

 

脚本

大北はるか
主な作品:『グッド・ドクター』、『好きな人がいること』 他

 

主な出演・キャスト

窪田 正孝・・・五十嵐唯織(いがらし・いおり):放射線技師
本田 翼・・・甘春杏(あまかす・あん):放射線科医

広瀬アリス・・・広瀬裕乃(ひろせ・ひろの):新人技師
浜野 謙太・・・軒下吾郎(のきした・ごろう):放射線技師
丸山 智己・・・威能圭(いのう・けい):放射線技師
矢野 聖人・・・悠木倫(ゆうき・りん):放射線技師
山口紗弥加・・・黒羽たまき(くろはね・たまき):放射線技師
遠藤 憲一・・・小野寺俊夫(おのでら・としお):先輩放射線技師

鈴木 伸之・・・辻村駿太郎(つじむら・しゅんたろう):整形外科医
浅野 和之・・・鏑木安富(かぶらぎ・やすとみ):放射線科の科長兼診療部長

和久井映見・・・大森渚(おおもり・なぎさ):病院長

 

 

 

主題歌

MAN WITH A MISSION「Remember Me」

 

 

 

『ラジエーションハウス』ドラマ概要

ドラマの舞台は病院の放射線科=ラジエーションハウス!

レントゲンやCT、MRI、超音波、心電図などの検査画像から病気を診断するのが放射線科医。

そのレントゲンやCTを撮るのが放射線技師である。

五十嵐唯織(窪田正孝)は、アメリカで権威のある放射線科医から認められた放射線技師で、帰国後、甘春総合病院で働き始める。

甘春総合病院では、前院長の娘、甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤めていた。

五十嵐と杏は幼いころ一緒に過ごした時期があり、杏は五十嵐の憧れだったが、現在の杏は・・・。

勝ち気な杏は、医師ではない放射線技師を見下しているところがあった。

また患者のことを思いながらも、病院を守りたい気持ちから病院側の事情を優先させることも・・・。

天才放射線技師の五十嵐唯織とともに、患者の病気を診つけだし命を救う放射線科、ラジエーションハウスを描く。



 

 

原作では?

原作では、窪田正孝さん演じる五十嵐は、人とのコミュニケーションが下手で、病院もすぐクビになってしまいます。

でも本当は優秀なので、それに気づいた甘春総合病院の病院長が五十嵐を採用します。

五十嵐は、憧れの杏と一緒に働きたくて応募をしたのですが、一緒に働き始めても、幼い頃一緒に遊んだことを杏に気づいてもらえません。

そして驚きなのは、五十嵐は放射線技師なのですが、実は医師免許も持っているのです。

でも医師免許を持っていることを隠して、放射線技師として働いています。

 

電子書籍で試し読みするなら
↓ ↓ ↓
登録不要・登録無料
ebookjapan

 

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想です。

第1話:4/8

・今までに無いジャンルの医療ドラマだったから楽しみにしていたけれど、途中から退屈して長く感じてしまった

・画像解析を引っ張りすぎでイライラした

・展開がまどろっこしくて間延びしていた。30分も拡大する必要はなかったのかも

・ドラマによくある「母さんが死んだ時、父さんはいなかった」という設定はもう飽きた。幼馴染設定もベタ

・医師免許を持っていて、海外の権威ある医者が認める実力があるのに、初恋のために放射線技師になったという五十嵐の設定に無理を感じる

・放射線技師で働くのはいいが、医師免許のことをあえて隠す意味が分からない。申告すれば発言にも耳を傾けてもらえる。場合によっては患者の命に関わるのに。

・甘春先生の印象が悪すぎる

・甘春先生の高慢な医者が突然「転院は待ってください!責任は私がとります!」と、キャラが変わるところが違和感

・放射線部門の役者は良かったが、ドクター部門の役者はイマイチ

・漫画が原作なので、こういうものだと思ってみれば楽しめる

・ツッコミどころはあるけれど、ストーリーはそれなりに楽しめた

 

 

個人的な感想ですが、今までにない放射線技師が主役のお話ということで、私も楽しみにしていました。

リアルな医療現場と比べたらツッコミどころはあるのでしょうが、ドラマということで私は物語としては楽しめました。

ただやっぱりちょっと退屈になりました。

録画したものを追っかけで観ていたので、途中から倍速で観たら丁度よかった(^^;

全体的にモタモタした印象と、甘春先生も印象が悪くてそれもイライラしました。

ただ甘春先生は、原作でもそんな感じなので仕方ないですね(^^;

これからの展開を楽しみにしたいです。

 

動画配信はFOD

 

 

第2話・4/15

・放射線技師にスポットをあてたのは面白い。目の付け所がいいと思った

・放射線技師の話ではあるが、結局最後に五十嵐は伝家の宝刀 「医師免許」を出すことになるのだろうと思う

・五十嵐が医師免許を持っていることで、他の放射線技師のレベルが低くみえてしまう

・放射線技師の話だと思っていたのに、結局五十嵐は医師免許を持っていた。放射線技師にしかできないことをドラマにすべきで、医師免許を持っているなら普通に医師のドラマにすればいい。

・前回よりもテンポが良くなって観やすかった

・杏が五十嵐のことを思い出せない理由が分かり、面白くなってきたと感じた

・医師免許を持っているのにわざわざ技師として初恋の人を支えるという価値観が分からない。患者のことを考えて欲しい

・子役の子の演技が上手かった

・題材はいいのに、展開がお決まり過ぎて読めてしまってつまらない

・小野寺さんの息子さんが、あんな簡単にラジエーションハウスに入り込めるのはあり得ないし、本当ならまずい

・原作の漫画の方がリアリティーがあった

 

 

 

第3話・4/22

・デンスブレストを初めてしった。勉強になった

・たとえ知識があっても技師は医師から見下されてしまう。だから本当に患者のことを考えるなら医師として働けと思ってしまう。結局そこにいきつく

・五十嵐は、技師としても医者としても有能なのだから、医師として普通に働けば杏が惚れるかもしれないのに、どうして技師にこだわるのか分からない

・医者の常識が患者の非常識だという内容は分かりやすく、見下されている技師が親身になってくれて、医者の怠慢で見逃した病気が見つかるのは気持ちいい

・患者と技師の黒羽を対比させたところは工夫があったが、展開は予想した通りだった

・医者でない技師が、患者のプライベートに立ち入ったり、患者に勝手に画像診断の話をするなんて考えられない。現実離れしすぎ

・医師免許があるのに、技師という狭い範囲でしか活躍出来ない仕事を選ぶのは、やっぱり意味不明。五十嵐が活躍すればするほどそう思う

・女性にとって乳がんは恐怖の病気。検査結果が出るまで時間がかかり、その間ずっと不安が付きまとう。今回は早期に見つかってよかったと思うし、技師の黒羽も良性で良かった

・検査は心身に負担があるから患者に親身に接してくれる検査技師の人がいたら嬉しい。黒羽には怒られていたが、広瀬のような技師がいたら少しホッとする

・できれば乳房再建の話までやって欲しかった

 

 

平均視聴率

関東ビデオリサーチ調べ、速報値です。

第1話・4/8:12.7% ※30分拡大

第2話・4/15:12.3%

第3話・4/22:11.5%

 

前回のトレースの初回は12.3%でした。

初回12.7%は、まぁまぁの好スタートなのではないでしょうか。

 

 

医療ドラマですが、放射線科にスポットを当てていて面白そうです。

杏は医師免許を持たない放射線技師という立場を見下していますが、五十嵐と一緒に働くことで、放射線技師に対する見かたが変わっていくのかな?と想像します。

原作ではマンモグラフィーや、亡くなったあとのAi診断などのエピソードがあり、患者と向き合うシーンも多いでしょうから、全体的にはシリアスな感じになるのかな?

そんな中にも、温かく、希望みたいなものをみせてくれるドラマになると期待します。



 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2019春ドラマ
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2019年4月
« 3月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930