グルメ

冬の四大食材!山形雪中軟白ねぎのしゃぶしゃぶ食べた感想とレビュー

投稿日:

 

雪中軟白ねぎ

 

先日、日本テレビで「冬の四大食材!博覧会・この時期もっとも美味しい食材は何なのか?」という番組がやっていました。

その中で紹介された食材に「ねぎ」があり、最高得点は「雪中軟白ねぎ」でした。

たまたま「雪中軟白ねぎ」をしゃぶしゃぶで食べる機会があったので感想をレビューします。



 

 

「雪中軟白ねぎ」とは

雪中軟白ねぎ(せっちゅうなんぱくねぎ)」は、山形のねぎです。

番組「冬の四大食材!博覧会」では、「土にまみれないヤワなねぎ」というキャッチフレーズで紹介されていました。

通常のねぎが土をかぶせて栽培するのに対し、「雪中軟白ねぎ」は、土の代わりに黒いシートをかぶせて育てます。

土からの圧迫がないので軟らかくなります。

そのため「土にまみれない」というキャッチフレーズなんですね。

山形県なので雪が多いです。そのため気温が低く、その寒さがねぎにストレスをかけて美味しくなるそうです。

 

「雪中軟白ねぎ」のおすすめ料理

番組のなかで紹介されていた、おすすめの料理は「ねぎのしゃぶしゃぶ」でした。ねぎを主役にした料理です。

シンプルな方が、ねぎの美味しさが引き立つのかもしれませんね。

 

ねぎは白髪ねぎにして、かつおと昆布だしでしゃぶしゃぶにし、ポン酢で食べでいました。

番組では他の具に、お豆腐と牛肉を使っていました。

お肉は同じ山形の米沢牛で贅沢なゃぶしゃぶです。

食べるときのポイントは、火を通しすぎないこと。

さっと湯にとおして、まだシャキシャキ感が残っているくらいが美味しいようです。

 

「雪中軟白ねぎ」発見!

なぜ「雪中軟白ねぎ」を食べる機会があったかというと、番組をみた翌日に、買い物へ出掛けたら、八百屋さんに「雪中軟白ねぎ」が売っていたのです。

これって番組で紹介されていたねぎ? 産地をみると山形とあります。

なんてタイムリーなのでしょう。

しかも100円! 野菜が高い時期で100円は嬉しいです。

もう「ねぎのしゃぶしゃぶ」にするしかありません(^^;)



 

 

ねぎのしゃぶしゃぶ

翌日「ねぎのしゃぶしゃぶ」にしてみました。

試しに、普通のねぎでもやってみました。

山形「雪中軟白ねぎ」

軟白ねぎ

白髪ねぎには、100均の白髪ねぎ用の道具を使いました。

軟白ねぎはとっても軟らかくて、緑の部分まで使いました。

試しに生で一口食べてみましたが、本当に甘かったです。ただ少したったら辛みが出てきました。

採りたてだったら違ったのかな、と思います。

 

さて、しゃぶしゃぶにした結果ですが、とっても柔らかくて美味しかったです(^^)

ホントに、少ししゃぶしゃぶするだけOK。辛さがなく、ねぎだけでも美味しいです。

青い部分はぬめりがあって、白い部分とはまた違う食感がありました。

美味しくて、ねぎ3本分をペロッと食べてしまいました。

シンプルな材料ですが、贅沢なしゃぶしゃぶを食べている感じがして、満足しました。

 

普通の「長ねぎ」

普通の長ネギ

比べてみたくて、普通のねぎも使ってみました。

同じように白髪ねぎにしましたが、軟白ねぎと比べるとやっぱり固いです。

こちらも一口生で食べてみましたが、意外にも甘かったです。でもすぐに辛さがやってきて、しばらく口の中に残りました。

辛みも、食感も軟白ねぎの方が軟らかです。

 

しゃぶしゃぶにした感想ですが、軟白ねぎとの一番の違いは食感です。

少し長めにしゃぶしゃぶしても、繊維質があって固さを感じます。

辛みも残っています。料理によっては、この辛みがいい場合もありますが、「軟白ねぎ」と比べたときの違いは、歯触りと辛さだと思いました。

 

 

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-グルメ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。


 

主婦バイト隙間時間で稼げる在宅ワーク
スマホや初心者でも5分でOKの簡単な仕事も!