林修の今でしょ講座

MCTは体脂肪にならない?筋肉を作るのにもおすすめ|林修の今でしょ講座

投稿日:

 

油オイル

 

林修の今でしょ!講座の2時間スペシャルの油の特集で紹介されたMCT。

美容や健康によいことは分かっていますが、何がどういいのでしょうか?



 

 

番組情報

林修の今でしょ!講座の2時間スペシャル

■出演
【MC】林修
【日直】川西賢志郎(和牛)
【学友】伊沢拓司 佐々木久美(日向坂46)
七五三掛龍也(Travis Japan) 高畑淳子 水田信二(和牛)
【講師】伊藤明子 守口徹 山田昌治

 

MCTの特徴

・MCTはココナッツやパームフルーツ含まれる成分
・味やニオイが少なくさっぱりした油
・体脂肪として蓄積されにくい
・体に吸収されやすい
・水溶性で体になじみやすい
・適量は小さじ1杯(4.6g)程度から



 

 

体脂肪対策

MCTは他の油と比べると、約4倍早く吸収されるため、体脂肪として蓄積しにくく、素早くエネルギーになりやすいのだそうです。

継続して摂取することで代謝が高まり、運動時に脂肪を使いやすくなる可能性も報告されてます。

 

吸収の早い中鎖脂肪酸油

MCTは中鎖脂肪酸油で、体への吸収が早いです。

そのため脂肪として蓄積されにくく素早くエネルギーになります。

また水溶性という特徴があり、体内でよくなじむため、吸収がよいとのこと。

咀嚼しなくてもエネルギーが摂取でき、体内でのなじみがいいので体への負担が少ないです。

吸収も早いので病院の補助食としても利用されているそうです。

※中鎖脂肪酸油について
普通の油は、炭素の鎖が16~18個繋がっているのに対し、MCTは8~10個。
短い分体の中での吸収が早いとのこと。


 

 

番組で紹介

新しいオイルのイメージがありますが、日清オイリオグループでは50年以上にわたってMCTを研究し、いち早く家庭用の商品を開発しました。

スーパーに置いてある定番の商品ですね。

 

最近は、パウダータイプやゼリーなどもあります。

 

熱には弱い

熱には弱いので、料理や飲み物にかけて摂るのがおすすめです。

 

たんぱく質と一緒に摂るのがおすすめ

筋肉を作るときに、エネルギーが必要になります。

MCTは効率よくエネルギー補給ができるので、たんぱく質を筋肉に運ぶ際のエネルギーとなります。

卵かけごはんにかけるなどおすすめだそうです。

 

■こちらの記事もあります

 

MCTオイルは、まだ使ったことがないんですよね。

ホームステイで運動不足。体脂肪も気になります。

体脂肪対策になるのなら使ってみたいな。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-林修の今でしょ講座
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です