ランキング

関ジャム|mabanuaが選んだ2018マイベストテン10曲

投稿日:

 

トップ10帰れま10

 

関ジャムでmabanuaさんが選んだ2018年のベスト10をまとめました。



 

 

関ジャム

番組情報

テレビ朝日

1/20 (日) 23:29 ~ 0:24

関ジャム 完全燃SHOW【売れっ子音楽プロデューサーが選ぶ!2018年間ベスト10】

関ジャニ∞&古田新太!蔦谷好位置、いしわたり淳治、mabanuaの売れっ子音楽Pが2018年の音楽シーンから独自目線でベスト10発表!今年活躍が期待されるアーティストも!?

■出演
MC:関ジャニ∞:横山裕・村上信五・丸山隆平・錦戸亮・大倉忠義
支配人:古田新太
アーティストゲスト:蔦谷好位置・いしわたり淳治・mabanua
トークゲスト:高橋茂雄(サバンナ)  進行:弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

 

第10位

Kendrick Lamar,SZA「ALL THE STARS」(2/28発売)

Written by DUCKWORTH, M.SPEARS, A.SHUCKBURGH, S.ROWE, A.TIFFITH

グラミー賞5部門ノミネート。

マーベル映画「ブラックパンサー」のリード曲。

 

9位

Tempalay「どうしよう」

作詞・作曲:Ryoto Ohara(9/26発売)

新進気鋭バンドの不安感たっぷりで無理矢理な構成曲。

 

8位

WONK feat. MALIYA「La Di Da (The Internet Cover)」(11/9配信)

Written by S.BENNETT AND S.LACY

作曲のできるドラマーが生み出した粘りのあるグルーヴ感。

 

7位

Mrs. GREEN APPLE「青と夏」(8/1発売)

作詞・作曲:大森元貴

メジャーシーンで活躍する彼らの「夏」と「青春」が気持ちよい1曲。

 

6位

Suchmos「FUNNY GOLD」(6/20発売)

作詞:YONCE
作曲:Suchmos

超人気バンドの休日の昼下がりに聴きたい1曲。



 

 

5位

POST MALONE「PSYCHO W. TY DOLLA $IGN」(6/27発売)

Written by AUSTIN POST, TYRONE GRIFFIN JR. & LOUIS BELL

SNS時代の申し子、億万長者の抱える疑心暗鬼。

 

4位

Aiana Grande「thank u, next」(11/4配信)

Written by Ariana Grande, Taylor Monet Parks, Victoria McCants, Tommy Brown, Michael Foster, and Charles Anderson

元カレの名前を堂々と歌う「ネクスト・マライア」の前進の意志。

 

3位

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ボーイズ&ガールズ」(9/26発売)

作詞・作曲:Masafumi Gotoh

聴いたときに涙が出そうになった。悩んでいる10代に真っ先に聴かせたい1曲。

 

2位

BIM「BUDDY feat. PUNPEE」(7/25発売)

作詞:BIM・PUNPEE

ヒップホップシーンを沸かせる2人が仕掛けた不思議なビート感。

 

1位

中村佳穂「You may they」(11/7発売)

作詞:中村佳穂
作曲:中村佳穂、荒木正比呂

洪水のような展開。どこがサビか分からない、分析できない訳の分からない曲。

蔦谷好位置さんは2位に中村佳穂さんの「きっとね!」を選んでいます。

 

 



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-ランキング
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年7月
« 6月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031