2020冬ドラマ ドラマ

ケイジとケンジ|視聴率ランキング・感想評価・2020冬ドラマ1月スタート

投稿日:2019年12月17日 更新日:

 

2020年1月スタート、テレビ朝日の木曜日、夜9時からのドラマは、桐谷健太さん、東出昌大さんのW主演『ケイジとケンジ-所轄と地検の24時-』です。

視聴率や観た人の感想などをまとめています。



 

 

番組情報

『ケイジとケンジ-所轄と地検の24時-』
テレビ朝日

放送日時

毎週木曜日 夜9時~

スタート日

2020年1月16日 夜9時スタート

脚本

福田靖(先に生まれただけの僕、まんぷく 他)

演出

本橋圭太・アズバーズ所属(健康で文化的な最低限度の生活、民王 他)
及川拓郎(嫌われる勇気 他)

主題歌

エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次さんの書き下ろし新曲「ハレルヤ」

主な出演・キャスト

桐谷健太・・・仲井戸豪太
東出昌大・・・真島修平
比嘉愛未・・・仲井戸みなみ
渋谷謙人・・・日下直樹
奥山かずさ・・・森岡奈緒子
矢柴俊博・・・多胡永吉
菅原大吉・・・桂二郎
峯村リエ・・・持丸栄
西村元貴・・・亀ヶ谷徹
八木亜希子・・・宮沢かほり
柳葉敏郎・・・樫村武男
風間杜夫・・・大貫誠一郎

 

ドラマ概要

神奈川県警の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、情に厚く、走り出したら止まらない、体力派の刑事。

「とにかく犯人逮捕が最優先!」。

一方真島修平(東出昌大)は東大法学部・法科大学院を出た検事。

頭が良すぎる故にズレている部分があり、5年経っても大きな事件は任せてもらえない。

「犯罪者を裁くためには「起訴すること」が最も重要。」と考える超エリート検事だ。

全く違うタイプの豪太と修平だが、ぶつかり合いながらも、いつしかバディのような存在になっていく。



 

 

主な感想&評価

ドラマをみた人の主な感想です。

・1人捕まえただけなのに表彰されて、希望を言ったら刑事になれるの?

・コメディーが過ぎてほとんどコント。期待していたのでイマイチ

・いくら教え子でも刑事は刑事としての仕事をしないと。無駄に熱血すぎる

・全体的に軽すぎて、気持ちが乗り切れない

・登場人物のキャラや関係性が分かりやすくて面白い

・単純に楽な気持ちで見られるからこれはこれでいい

・コメディーだし、難しく考えずにみたら面白かった。桐谷さんと東出さんもこれからもっといいコンビになっていくのでは?

・ツッコミどころがあるのも、設定があり得ないのもドラマだから当然。堅苦しい刑事ドラマばかりだと飽きるので、たまにはこんなのもいい

・桐谷さんと東出さんのアホっぷりと掛け合いが面白い。軽いノリで楽しく見られそう

・東出さんが出ると、ダー子が出てこないかと期待してしまう

・今期は医療ドラマが多いから、軽く見られるし期待している

あのキャラと軽さがダメな人と、逆にそのキャラと軽さがいいという人と真っ二つという感じです。

面白くなかったという人は、コメディーのやりすぎ感が逆にしらけてしまうようです。

面白かった人は、軽く見られるのがいい、単純に掛け合いが面白いということです。

このドラマの前が「科捜研の女」なので、同じ事件ものでも真逆なのがいいという意見もありました。

私は、気軽に見られて面白かったかな。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第2話・1/23

東出さんのスキャンダルが出たあとなので、どうしてもそれが頭にチラついてしまうという意見が多数ですね(^^;

気軽にみれるドラマなので、面白ければいい、気にしないという人もいますが。

東出さんって真面目なイメージがあったので、私は今回の役の方が本人に近いのかも?なんて感じました。

みなみさんを食事に誘うところなんか、逆に違和感なくみれました(^^;

 

第3話・1/30

回を重ねるごとに面白くなってきたという感想が多いです。

東出さんのスキャンダルはあったけど、嫌なら見なければいいという意見も多くなってきました。

中途半端でなく、コメディーに振り切っているのがいいようです。

テレ朝には刑事ものが多いですが、今までとちょっと違った路線で、軽くみれて面白いとファンが付き始めている感じがします。

 

第4話・2/6

まだまだ東出さんに対する嫌悪感を抱いている人はいるものの、東出さん、比嘉さん、桐谷さんの掛け合いが面白いという評価も増えています。

東出さんのことは、時間の経過とともに気にならなくなった、東出さんの私生活も含め逆に面白い、何でも降板させろと騒ぎになるのはそろそろお腹いっぱい、という意見もあります。

私も個人的には、軽いタッチで気軽にみられて面白いです。

ついつい笑っちゃったりします。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第5話・2/13

今回は、爽快な終わり方で、楽しんだ人が多かったようです。

桐谷さんや東出さん、比嘉さんのキャラもみないい味で、コミカルで面白いという意見も多いです。

東出さんのプライベートとは切り離して、ドラマが面白ければいいという人もいて、シリーズ化を望む声も多いです。

 

第6話・2/20

テンポがよくて面白いです。結構評判いいですね。

シリーズ化を望む声も増えています。

今回は兄弟の話でした。

ちょっとおバカな兄と、そんなお兄ちゃんを受け入れる弟という兄弟がよかったという声がありました。

 

第7話・2/27

今回は三者三様の取調べと、それぞれの検事と事務官、刑事の組み合わせが面白かったですね。

キラキラネームのくだりや、仲井戸刑事と真島検事の幼稚な戦いなどもお笑いポイントのようです。

コメディーに振り切っていますが、「俺は大勢で一人を痛めつけるのが一番嫌いなんだ!」というセリフは、皆で叩くという風潮に対してのツッコミのようでもあり、「意外と深い」と感じている人もいました。

大バッシングの中、真島検事を演じている東出さんを応援する声もあります。

最近は暗い話題やドラマが多いので、面白くて笑えるこのドラマは、シリーズ化をのぞむ声も多いですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第8話・3/5

刑事ものですが、起承転結がハッキリしていてスッキリ終わるところが楽しめているようですね。

シリーズ化の声も多いいです。

次回、最終回なのが寂しいですね。

 

最終話・3/12

スキャンダルは関係なく面白かった、という人が多いですね。

刑事ドラマではありますが、バリバリのコメディーなのがよかったようです。

続編を希望している人も多いです。

続編があるのか?

あったとしたらキャストはどうなるのか?

気になりますね。



 

 

平均視聴率

平均視聴率は、関東ビデオリサーチ調べ、速報値です。
全話平均は、各放送回の視聴率を単純に平均したものです。
放送後、随時更新します。

各話視聴率

第1話・1/16:12.0% ※拡大

第2話・1/23:9.7%

第3話・1/30:10.3%

第4話・2/6:8.3%

第5話・2/13:9.3%

第6話・2/20:9.9%

第7話・2/27:9.7%

第8話・3/5:9.4%

最終話・3/12:9.9%

全話平均:9.8%

 

視聴率ランキング

順位放送日視聴率
11話1/1612.0
23話1/3010.3
36話2/209.9
4最終話3/129.9
52話1/239.7
67話2/279.7
78話3/59.4
85話2/139.3
94話2/68.3

■冬ドラマ全体の視聴率ランキングはこちら

↓ ↓ ↓

2020冬ドラマ|視聴率一覧&比較ランキング(随時更新)1月スタート

■こんな記事もあります。

 



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2020冬ドラマ, ドラマ
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です