2018秋ドラマ

獣になれない私たち8話|あらすじネタバレ&感想・見逃し無料・動画配信は?

投稿日:

 

看板獣になれない私たち

 

前回晶に粉飾決済に加担しているのは本当なのだとバレてしまった恒星。

今回はどんな展開が待っているでしょうか。

第8話のあらすじです。



 

 

第8話あらすじ

ゲームクリエイターの橘カイジの会社の上場を手伝うことになった恒星(松田龍平)。

しかし打ち合わせに何度もドタキャンされて、橘カイジとはまだ一度も会えていません。

晶は退職届を常に持ち、仕事に挑んでいます。

そんなとき恒星に、生まれ育った家の解体が決まったと1本の電話が。

そして恒星の兄 陽太(安井順平)は「現在逃走中」です。

 

晶の会社に朱里が

ツクモクリエイトジャパンでは、九十九(山内圭哉)が佐久間(近藤公園)に、社長に向いていないと言われ、すっかりしょげていました。

そんな中、会社の求人に朱里(黒木華)が応募してきて驚く晶。

朱里が晶の知り合いだと分かると九十九は朱里を即採用し、晶に面倒を見るように言います。

晶と朱里は2人になると、晶は京谷と別れたこと、朱里は京谷がマンションを出ていったことを話します。

朱里に復縁を勧められた晶は「もう決めたことだから」と言って、よりを戻そうとはしませんでした。

 

これまではずるずると京谷との関係を続けてきた晶でしたが、成長が見られたシーンでしたね。

 

陽太が見つかったが・・・

叔父の亮一(大河内浩)から、行方不明になっていた恒星の兄、陽太が見つかったと連絡が入ります。

日雇いのバイトをして生活していた陽太でしたが、怪我をして仕事ができなくなって、居眠りしていた男性から金を奪い、窃盗罪で起訴か不起訴になるかというところでした。

亮一の家では無理ということで、恒星は陽太を自分の事務所に呼びますが、目を離したすきに逃げられ、通りがかった晶にも手伝ってもらって探しに行きますが、結局見つかりませんでした。

 

恒星は事務所でお酒を勧めながら晶に陽太との思い出話を語ります。

陽太は、父親の会社を継ぎましたが、震災の影響を受け、資金繰りに苦しくなりました。

借りてはいけないところからお金を借りて、最後は倒産したのです。

 

晶: 「でもピンチを助けたんでしょ?粉飾決済も」

恒星:「兄貴は会社を続けることにこだわってて、リストラもできなかった。いい人の末路は悲惨」

晶: 「お兄さんを助けた理由は助けたかったからでいいんじゃない?男の人のプライドってめんどくさいね」

そう言って晶はその場ではお酒を飲まずに帰っていきました。

 

男女の考え方の違いは大きいと思いますし、晶のセリフには共感できるなと思いました。

しかし共感はできなくても、まったく違った意見が聞けるのもいい関係なのではないかと感じます。

 

京谷に仕返し?

ツクモクリエイトジャパンでは、京谷(田中圭)が書類を持ってきていました。

最初は身を隠していた朱里ですが、最終的には自ら京谷の前に出てきて、驚いて二度見した京谷のことを晶と二人で笑うのでした。

 

京谷と晶、朱里の関係はかなり複雑ですが、意外と晶と朱里はいい友達になれるのかもしれないなと思ったシーンでした。

最初は隠れていた朱里でしたが、やればできる姿を京谷に見せたかったのかもしれません。



 

 

恒星は飲み友達?

京谷が5tapにやってきて晶と話します。

ここでようやく、京谷はもう朱里と一緒に住んでいないことを話すことができました。

「恒星と付き合うのか?」と聞く京谷に晶は「その発想はなかった。ただの気を遣わない飲み友達」と軽い調子で言うのでした。

 

まったくその気がないというのは、一視聴者としてはちょっとさみしいなと思ってしまいました。

気を遣わないのなら恋人同士になるのに最適な気がしますが、付き合うとなるとまた話は別なのでしょうか。

 

晶と陽太

仕事の帰り道、偶然陽太を見つけた晶。

晶は陽太を何とか三郎(一ノ瀬ワタル)の店に連れていき、一緒にラーメンを食べます。

「真面目に誰にも迷惑をかけずに生きてきたのに」と悲しげに語る陽太。

晶はその真面目さに同意し、自分と似ていると思うと話します。

3万2583円貸してくれないかと言う陽太に、晶はお金を貸しました。

三郎が連絡したこともあり、陽太は恒星のもとへ連れ戻されます。

 

晶は、陽太にお金を貸したことを「私が貸したくて貸したから、恒星さんには関係ない」ときっぱり言いました。

晶にはお人好しなところがありますが、それとはまた違った彼女の強さを感じました。

そして恒星の過去は予想していたものよりかなり重いな、と思ってしまいました。

 

橘カイジ

陽太は晶から借りたお金を現金書留で妻のもとへ送っていました。

それは毎月の家賃だったのですが、妻の真実は「もう送らなくていいから、離婚届出してくれって伝えて」と恒星に言います。

 

その話を5tapで齋藤(松尾貴史)にしていると、見知らぬ男が話しかけてきます。

彼は呉羽(菊地凛子)の夫の橘カイジ(飯尾和樹)でした。

呉羽とは友達の紹介で出会い、色々と話していたら自分もがんばらなきゃと刺激を受けたようです。

楽しそうに「新しいゲームで会社を作り直す」と話すカイジに恒星は「おとぎ話ですね。どん底にいる人間にしちゃ、成功者のざれごとですよ」と毒舌を吐くのでした。

 

正直このセリフは重いな・・・と感じましたね。

それにしてもここで橘カイジが出てくるとは予想外でした。

しかも、ずんの飯尾さんとは意外なキャスティングでしたね。

 

兄弟喧嘩

陽太は不起訴になり、前歴は残るが前科は残らないという結果になりました。

陽太は、恒星に埼玉の陽太の妻子が住む家へ連れていかれそうになり、嫌だとタクシーを降ります。

逃げようとする陽太に「家賃払ってるから家族守ってるつもりか?」と言い、2人で喧嘩になります。

それを止めに来たタクシー運転手に恒星は「誰に怒っていいか分かんないから、互いに怒るしかないんだよ」と言うのでした。

結局陽太は逃げるのをやめて恒星と2人で歩いていました。

帰ってきた陽太に娘は喜んで駆け寄り、妻は涙を流し、それを恒星は見守っていました。

そしてバスで1人帰りながら解体の写真を見て、恒星もまた涙を流すのでした。

 

奥さんが涙を流したのはちょっと意外でした。

離婚したい相手とはいえ、無事を祈っていままで帰ってくるのを待っていたところもあったのでしょうか。

1人になってから涙を流すシーンは恒星らしいなと思いました。

 

一歩踏み出せた恒星

「兄弟対決は終わった」と言う恒星。

晶がネットオークションで買ったゲームを一緒に事務所でやることに。

それは昔陽太と一緒に遊んだゲームでした。

 

恒星:「橘カイジ変な奴だった。俺のこと毒舌で信用できるって。あれは呉羽と気が合うわ。俺、呉羽のこと好きだったんだな」

晶: 「今さら?」

 

恒星は陽太が晶から借りたお金を返そうとしますが、いつの間にか晶は寝落ちてしていて、静かにベッドまで運んで灯りを消しました。

 

見逃し無料・動画配信は?

「獣になれない私たち」第8話は、

12/5 午後9時59分まで無料でみれます ⇒ 日テレ無料TADA!

無料期間が終わったらHuluでみれます ⇒ 2週間無料ですべてのタイトルがみれるHulu

 

 

これまで恒星の兄の陽太のことはあまり明かされずもやもやしていましたが、過去のことも恒星が抱えている辛さの理由も分かって、すっきりした回だったのではないかと思います。

晶が人前で寝落ちてしまったのは、それだけ恒星が一緒にいて安心できる相手だからじゃないかなと思います。

今のところ恋愛対象ではないようなのが残念ですが、恒星は晶のことが気になるみたいですよね。

橘カイジはこれまで登場したキャラクターの誰かかもしれないと思っていましたが、全く違っていたので驚きました。

今後、恒星との仕事のシーンで登場シーンが増えるかもしれませんね。

一歩踏み出せた恒星と晶の2人がどうなっていくのか次回も楽しみです。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2018秋ドラマ
-



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


FODロゴ

2019年1月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。