2020冬ドラマ

シロクロパンダ|あらすじと視聴率予想!正解もチェック・2020冬ドラマ1月

投稿日:

 

 

2020年1月クールに日本テレビで放送されるドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』

あらすじとドラマの視聴率を、独断と偏見で予想しました(^^;

視聴率の正解は、視聴率をまとめていますので、放送後チェックしてみてくださいね。



 

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』

基本情報

日本テレビ

【放送日】
毎週日曜日 夜10時30分~

【スタート日】
2020年1月12日 夜10時30分スタート

【主演】
清野菜名
横浜流星

 

あらすじ

この世の中には、明るみに出ることのないたくさんの闇があります。セクハラにパワハラ、組織ぐるみでの不正。真相が誰にもわからないまま葬られていく事件は挙げるとキリがないでしょう。

週刊誌やワイドショー、ネットは、間違った噂や憶測をはびこらせるだけで真実にたどり着くことは困難です。

法律で裁けないグレーな事件に白黒をつけてくれる存在がいたら…。

謎の男「Mr.ノーコンプライアンス 」(佐藤二朗)は、大学で精神医学を学ぶ一方でメンタリストNとしてもテレビなどで活動している直樹(横浜流星)に目をつけて、司令を出します。

直樹は、人の心を読むことに関しては卓越した能力を持っていました。

目の前にいる相手のかすかな動揺や変化から、瞬時に相手の頭の中も心の中を読み取ります。

また直樹は、相手の潜在意識に働きかけ、眠れる能力や記憶を呼び起こしたり、時には人格を変えさせることすらできるのでした。

そんな直樹が操っているのは「ミスパンダ」こと川田レン(清野菜名)です。

レンはトップアスリート並の身体能力を持っていました。

レンは直樹のことを「飼育員さん」と呼びます。

「飼育員」さんと「ミスパンダ」のコンビは、最凶のバディ。彼らはヒーローなのか?

エキセントリックなのか? ハラハラドキドキのノンストップ痛快ミステリーです。



 

 

視聴率予想

日曜10時30分枠のドラマです。

主演は清野菜名さん&横浜流星さんです。

この枠の前期の放送は『ニッポンノワール』でした。

『ニッポンノワール』は視聴率平均が7%を切ってしまいましたが、日曜10時30分枠は、最近人気急上昇中の注目枠です。

2019年は「3年A組―今から皆さんは、人質です―」 が平均視聴率11.5 %、「あなたの番です 反撃編」が平均視聴率 11.5 %でした。

学生さんなどの若い人の間で犯人や真相を予測しながら盛り上がれるような、SNSで話題になる作品を多く生み出しています。

清野菜名さん、横浜流星さんといったフレッシュなキャスティングもまた、多くの若い視聴者の興味をひくことになると思います。

特に横浜流星さんは今大人気の俳優さんです。

流星さんを目当てにみる人は多いでしょう。

脚本がおもしろければ、視聴率10%は軽く超えていけるのではないでしょうか。

視聴率の正解はこちら

↓ ↓ ↓

シロクロパンダ|視聴率ランキング・感想評価(随時更新)2020冬ドラマ1月スタート

 

■一覧へ戻る

↓ ↓ ↓

2020年冬1月期ドラマ|あらすじと視聴率予想!見るならどれ?

 



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2020冬ドラマ
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です