スポーツ

世界フィギュア2018女子フリー結果・総合順位と点数・樋口2位・宮原3位

投稿日:

 

スケート靴

 

世界フィギュアスケート選手権2018、女子シングルフリープログラムの結果、総合順位をお知らせします。

宮原知子選手、樋口新葉選手の得点、技術点、演技構成点もまとめています。

この大会の結果で、来シーズンの世界選手権の出場枠が決まります。

※ 男子フリー総合の結果はこちらの記事「男子フリー結果・総合順位と点数・宇野・友野・田中」へどうぞ!



 

 

世界フィギュアスケート選手権

開催日程・開催地

開催期:2018年03月19日 ~ 2018年03月25日

開催地:イタリア、ミラノ

 

出場枠

上位選手2名の順位の合計で、来シーズンの出場枠が決まります。

上位2名の順位合計
・13位以内→3枠
・14位~28位→2枠

 

女子:ショート・フリー総合結果順位

優勝:ケイトリン・オズモンド 223.23

銀:樋口新葉 210.90

銅:宮原知子 210.08

4位:C.コストナー 208.88

5位:アリーナ・ザギトワ 207.72

平昌オリンピックで金メダルのアリーナ・ザギトワ選手はジャンプの失敗で、5位に終わりました。

樋口新葉選手は、冒頭の3回転サルコウや、後半の3回転フリップを決め、ミスのない会心の演技でした。

 

女子:フリープログラムの結果

女子フリープログラムの結果をまとめました。

総合順位 フリーの順位 ショートの順位 選手 フリー ショート トータル
技術点 演技構成 減点 得点
1 1 4 ケイトリン・オズモンド カナダ 75.35 75.15 0.00 150.50 72.73 223.23
2 2 8 樋口新葉 日本 74.72 70.29 0.00 145.01 65.89 210.90
3 3 3 宮原知子 日本 64.20 72.52 1.00 135.72 74.36 210.08
4 5 1 カロリーナ・コストナー イタリア 54.71 74.90 1.00 128.61 80.27 208.88
5 4 2 アリーナ・ザギトワ ロシア 62.34  69.87 4.00 128.21 79.51 207.72

 

女子:ショート・フリー・点数順位まとめ

ショートとフリーの結果をまとめました。

順位 選手 ショート フリー トータル
点数 技術点 演技構成 減点 技術点 演技構成 減点 得点
ケイトリン・オズモンド カナダ 72.73 36.53 36.20 0.00 75.35 75.15 0.00 150.50 223.23
樋口新葉 日本 65.89 34.69 32.20 1.00 74.72 70.29 0.00 145.01 210.90
宮原知子 日本 74.36 37.79 36.57 0.00 64.20 72.52 1.00 135.72 210.08
4位 カロリーナ・コストナー イタリア 80.27 41.30 38.97 0.00 54.71 74.90 1.00 128.61 208.88
5位 アリーナ・ザギトワ ロシア 79.51 42.51 37.00 0.00 62.34 69.87 4.00 128.21 207.72


 

 

宮原知子選手の結果

音楽「Madame Butterfly by G. Puccini」

点数:135.72
技術点:64.20
演技構成点:72.52
減点:1.00

ショート:74.36
トータル:210.08
総合順位:3位

 

エレメンツ

・3 ループ 綺麗に決まった
・3 ルッツ + 3 トウループ
・3 フリップ
・フライング キャメル スピン 回転軸の安定感、ポジションの転換もよい
・足換えコンビネーションスピン
・ステップ シークエンス

後半
・3 ルッツ + 2 トウループ + 2 ループ 3ルッツが少しつまる、何とか持ち直し2ループは手をあげて
・2アクセル + 3 トウループ 綺麗に決まる
・3 サルコウ → 2サルコウになり転倒
・コレオ シークエンス スパイラル綺麗
・2アクセル
・レイバックスピン 綺麗な回転軸

ミスパーフェクトと言われる宮原知子選手が、珍しく転倒です。

私も今シーズン、始めてみました。

それでも3位に踏みとどまりました。

 

競技後のコメント

今シーズン、沢山のことがあり、沢山の経験ができた。

スケート人生で、一番中身のつまった1年だった。

この1年を次につなげられるように、新しいスタートを頑張りたい。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

樋口新葉選手の結果

音楽:映画「007スカイフォール」より

点数:145.01
技術点:74.72
演技構成点:70.29
減点:0.00

ショート:65.89
トータル:210.90
総合順位:2位

 

エレメンツ

・3サルコウ 綺麗に決まった
・3ルッツ+3トウループ 高さも余裕がある
・足替えコンビネーションスピン 回転軸、ポジションの転換もよい
・2アクセル

後半
・3ルッツ+3トウループ 余裕があり回転も安定
・3ループ
・2アクセル+2トウループ+2ループ
・3フィリップ
・フライングキャメルスピン 回転もいい
・ステップシークエンス
・コレオシークエンス
・レイバックスピン

全てのジャンプを決めて、ミスのない演技でした。

感極まった樋口新葉選手、氷上で涙を見せていましたが、キッス&クライで点数を聞いて、さらに涙でした。

オリンピックに行けなかった悔しさを晴らせたのではないでしょうか。

この演技で2位となりました。

 

競技後のコメント

銀メダルを確定した今の気持ちは?
全然実感がわかないが、嬉しい。

 

どんな思いで世界選手権にのぞみましたか?
全てを出し切るつもりでのぞんだが、ショートでミスをしてしまい、今日完璧な演技をするのが目標だったので、それができてよかった。

 

来年の世界選手権の枠取りも3枠確定しましたが。
去年すごく悔しい思いもしたので、枠もメダルも獲れて、よいシーズンの締めくくりになったと思うので、来年につなげたい。

 

来年以降のビジョンを教えてください。
変わったプログラム、新しい自分を引き出せるようにしたい。

 

全日本まで頑張ってきて、オリンピックは出れなかったが、宮原知子選手と一緒に(世界選手権に)出られた。

自分も良い演技ができて、来年つながるような1年になった。無駄にしないようにしたい。

 

一夜明けてのコメント

一夜明けての気持ちは?

樋口選手:
まだまだ実感がわかない。
昨日の演技が今シーズンで一番いい演技だったので、メダルも獲れて嬉しいです。

昨日はコーチの誕生日とのことで、素敵なプレゼントになったのでは?
はい、なったと思います。

 

宮原選手はいかがですか?
宮原選手:
演技自体は、フリーは悔しい演技だったが、メダルをいただけたことに感謝して、来シーズンに向けて頑張りたい。

 

昨年、髙橋大輔さんは「2枠になったからこそ、女子は強くなる」と言っていたそうです。
それを受けて、髙橋大輔さんからの質問がありました。

髙橋:
2枠を獲得する上で、必然的にレベルアップが必要。
2枠だったからこそ、成長できたというところはありますか?

樋口選手:
去年、自分のミスで、2枠に減ってしまったことを考えながら、今回試合にのぞんだ。
ショートで失敗して、8位になってからすごく焦った。
フリーで、全部出し切るということを考えながら滑れて、枠も獲れたので良かった。

宮原選手は?
宮原選手:
自分の演技をすれば、点数がついてくるというのを考えながら滑ったが、ちょっと力が入ってしまった。

 

1年間振り返っていかがですか?

樋口選手:
いろいろな経験をさせてもらって、諦めないことが一番大切だと感じた。
オリンピックには出たいという気持ちが強くなったので、この4年間大切にしていきたい。

宮原選手:
シーズンの初めから、いろいろな思いをして、今までで一番詰まった1年だったと思う。
この経験を次に活かせるように、頑張りたい。

 

 

女子、すごいです。これで来シーズンの3枠決定です。

樋口新葉選手の追い上げ、オリンピックに出られなかった悔しさをぶつけたのでしょう。

宮原知子選手も、ケガから復帰したシーズンで、オリンピックに出場し、世界選手権と大変なシーズンだったと思います。

女子のエースとして頑張ってくれました。

両選手、お疲れさまでした。

 

世界フィギュア選手権2018の結果です。

男子ショートプログラム

女子ショートプログラム

男子フリープログラム

 

ご覧いただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-スポーツ
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です