美容・健康

夏野菜の栄養効果・医師が選ぶ体に良い夏おすすめの旬野菜ベスト5/林修今でしょ

投稿日:2018年6月12日 更新日:

 

野菜

 

現役の医師は、夏にどんな野菜を意識的に摂っているのか、100人にアンケートを行った結果をまとめています。

医師が選んだ、本当に体によい夏野菜ベスト5です。

選ばれた野菜には、どのような栄養価があるのでしょうか。

「林修の今でしょ講座5/16」からまとめました。



 

 

夏野菜の魅力

・日光を浴びて、色鮮やかな野菜が多いが、この色にも栄養素がたっぷりある

・暑い気温に耐えられる栄養素も入っている

 

医師が選んだ、本当に体によい夏野菜ベスト5

第5位:赤パプリカ

■5月から7月が旬

■不足すると肌荒れの原因にもなるビタミンCが豊富に入っている

赤パプリカ1個分の中に、トマトなら15個分、みかんなら7個分のビタミンCが含まれる

■パプリカは、成長の度合いで色が変わる

■色は10種類あるが、赤パプリカがダントツでビタミンCが多い

■ビタミン C の効能は、シミ・シワ対策、遺伝子のコピーミスを防ぐ

・人は遺伝子のコピーによって新陳代謝が行われる

・その遺伝子のコピーミスは、加齢や病気などで起こる

・遺伝子のコピーミスを減らすことで病気を防ぐことができる

・ビタミン C には、遺伝子のコピーミスを減らす機能がある

・遺伝子のコピーミスは子孫にも影響を与える

 

赤パプリカをおすすめする理由

・豊富なビタミン C で夏の日焼け、肌荒れを撃退

・ビタミン C には、遺伝子のコピーミスを減らす機能があり、病気を防ぐことができる

 

赤パプリカの栄養素を最大限に引き出す調理法

・柔らかくなるまで煮て、煮汁ごといただく

・鰹節をかけると、煮汁をもれなくいただけて、タンパク質も補給されるのでおすすめ

■簡単レシピ
パプリカの煮浸し
①パプリカは繊維に沿って縦に切る(苦みがでない)
②魚粉、醤油、みりん、水を入れ、 蓋をして弱火で15分煮る
魚粉を使うことで、出汁がいらない

縦に切ると甘みが出て、苦みが抑えられますパプリカカット

 

第4位:ミニトマト

■5月から6月が旬

■トマトには抗酸化力が高いリコピンが多く含まれている

■ミニトマトのリコピンは、トマトの3倍含まれている

■ミニトマトの方が皮の表面積が広い。皮の部分にリコピンや、カロテン、ビタミン B 2、食物繊維、ビタミン Cなどの栄養素が多く含まれており、 全ての栄養素においてミニトマトの方が含有量が多い

 

ミニトマトをおすすめする理由

・食物繊維が腸内環境を整え、免疫力を上げる

・夏風邪を予防する

・リコピンは抗酸化力が高いので、体を錆びさせない

・リコピンの抗酸化作用には、癌を抑える作用もある

 

ミニトマトの栄養素を最大限に引き出す調理法

・刻んで食べた方が栄養素が吸収されやすくなる

・切って空気に触れると栄養素が壊れてしまうため、オリーブオイルで和えるとコーティングされてよい

・リコピンは油に溶けて、油と一緒に頂くことで小腸まで届き、より吸収される

・トマトは冷蔵庫より常温保存の方が、追熟され甘み・栄養価がアップする
夏は2~3日、冬は7日程度がおすすめ

プチトマトカット

 

第3位:青じそ

■5月から8月が旬

■漢方に使われるほどの栄養価がある

■青じその香り成分はペリルアルデヒドで、抗菌作用があるため、食中毒予防ができる

■青じそにはカロテン(人参よりも多い)、ビタミンk、 ビタミン B 2、食物繊維が多く含まれている

■カロテンには炎症を抑える効果がある

 

青じそをおすすめする理由

・食中毒予防

・栄養価が高く、炎症を抑える効果がある

 

青じその栄養素を最大限に引き出す調理法

・香りを活かすために刻んで生で食べると良い

・ 炊いたご飯に和える程度の熱は大丈夫

・青じそとみょうがを和えて薬味ソースにするのがおすすめ



 

 

第2位:枝豆

■6月から9月が旬

■枝豆はタンパク質が豊富

■疲労回復に良いビタミン B 1が豊富

枝豆100gに含まれるビタミン B 1は、にんにく2.5個分

 

枝豆をおすすめする理由

・筋肉増強

・夏バテ予防

 

枝豆の栄養素を最大限に引き出す調理法

・枝豆の塩ゆでは、栄養が流れ出てしまうためおすすめしない

・炊き込みご飯にすると、水に溶け出す栄養素もれなく頂ける

・ 鮭にはビタミンD、アスタキサンチンが豊富に含まれている

アスタキサンチンはビタミン C と比べて抗酸化力が約6000倍ある

枝豆と鮭を炊き込みご飯にすれば、枝豆にはないビタミン D を補うことができる

 

第1位:モロヘイヤ

■6月から9月が旬

■モロヘイヤにはカルシウムが豊富に含まれている

モロヘイヤ100gに含まれているカルシウムは、生めざしなら4尾、しらす干しなら約120g に匹敵する

 

モロヘイヤをおすすめする理由

・夏のだるさやイライラを解消

 

モロヘイヤの栄養素を最大限に引き出す調理法

・ 細かく刻むとよい

・刻むことでネバネバ成分やペクチンがより多く出る

・ネバネバ成分は腸内環境を整えて免疫力をアップする

・細かく刻みスープにして煮汁と食べるとよい

 

 

まとめ

第1位:モロヘイヤ
・夏のだるさやイライラを解消
・ネバネバ成分は腸内環境を整えて免疫力をアップする
・細かく刻みスープにして煮汁と食べるとよい

第2位:枝豆
・筋肉増強
・夏バテ予防
・枝豆と鮭を炊き込みご飯にすれば、枝豆にはないビタミン D を補うことができる

第3位:青じそ
・食中毒予防
・青じそとみょうがを和えて薬味ソースにするのがおすすめ

第4位:ミニトマト
・食物繊維が腸内環境を整え、免疫力を上げる
・夏風邪を予防する
・刻んでオリーブオイルで和えるとコーティングされてよい

第5位:赤パプリカ
・豊富なビタミン C で夏の日焼け、肌荒れを撃退
・ビタミン C には、遺伝子のコピーミスを減らす機能がある
・柔らかくなるまで煮て、煮汁ごといただく。鰹節をかけると、煮汁をもれなくいただけ

 

さて、いかがだったでしょうか。

今では色々な野菜を1年中食べることができます。

でも旬の野菜は、栄養が豊富です。

今回のランキングも参考にして、暑い夏を元気に乗り切りたいです。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

日傘だけでは不十分
体の中からも紫外線対策を!
↓ ↓ ↓
飲んで紫外線対策!飲む日焼け止め「Dr’sホワイトセラミド」

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-美容・健康
-,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。


 

主婦バイト隙間時間で稼げる在宅ワーク
スマホや初心者でも5分でOKの簡単な仕事も!