美容・健康

こんな私は何を食べればいいですか?太りにくいスイーツランキング!

投稿日:2018年11月26日 更新日:

 

こんな私は何を食べればいいですか?

 

 

「こんな私は何を食べればいいですか?」で紹介された「太りにくいスイーツランキング」をまとめました。

甘いものを我慢しなくていい、交換条件食材もご紹介します。



 

 

番組情報

TBS

11/26 (月) 19:00 ~ 21:00

こんな私は何を食べればいいですか?
普段の食生活を変えずに体の悩みを改善!

食べても太リにくいスイーツランキング、もうスイーツは我慢しなくていい!

出演者
MC:長嶋一茂・後藤輝基(フットボールアワー)
ゲスト:立川志らく・かたせ梨乃・久本雅美・具志堅用高・松本伊代・はるな愛・ヨネスケ・斉藤こず恵

 

太りにくいスイーツと太りやすいスイーツの違い

東京慈恵会医科大学付属病院 管理栄養士の赤石定典先生が教えてくださいました。

カロリーとは

カロリーとは、

「糖質」+「脂質」+「たんぱく質」

この中で、太る原因にならないものは「たんぱく質」です。

たんぱく質は食べても太らず、筋肉になり脂肪燃焼につながります。

そして「食物繊維」は、「糖質」と「脂質」の吸収を抑えます。

 

太る原因は?

太る原因は「糖質」と「脂質」です。

 

まとめ

まとめると、

「糖質」「脂質」が多いと太りやすい

「たんぱく質」「食物繊維」が多いと太りにくい

となります。

糖質と脂質の多いスイーツは太りやすく、たんぱく質と食物繊維が多いスイーツは太りにくくなるので、その観点からスイーツを選ぶとよいということになります。



 

 

主なスイーツのカロリー順

コンビニなどでも手軽に手に入るスイーツを、カロリーの高い順に並べています。

カロリーが高い順
1位 モンブラン
2位 ショートケーキ
3位 チーズケーキ
4位 みたらし団子
5位 ティラミス
6位 あんみつ
7位 チョコレート
8位 大福
9位 どら焼き
10位 おはぎ
11位 アイスクリーム
12位 シュークリーム
13位 ロールケーキ
14位 プリン

 

太りやすいスイーツランキング

今までの情報を踏まえて、まずは太りやすいスイーツです。

1位:みたらし団子

2位:モンブラン

3位:ロールケーキ

ロールケーキは、カロリーは13位でしたが、太りやすいスイーツ3位でした。

 

2位と3位は、クリームには脂質、スポンジには糖質が入っているので、太りやすい組み合わせです。

もしどうしても食べたいときは、ロールケーキはフルーツ入りを、モンブランは茶色いものを選ぶとよいでしょう。

茶色いモンブランには渋皮も入っていて、食物繊維が含まれています。

1位のみたらし団子には、お団子3本の中にご飯2杯分の糖質(100g)が含まれています。

 

太りにくいスイーツランキング

では、太りにくいスイーツは何でしょうか?

1位:あんみつ

2位:プリン

3位:チョコレート

4位:ティラミス

 

3位と4位は、カカオに食物繊維があるので、太りにくいスイーツになります。

カカオの含有量が多いものを選ぶとよいでしょう。

2位のプリンは、原材料が卵と牛乳なのでたんぱく質が多く太りにくいスイーツになります。

1位のあんみつは、寒天に食物繊維が含まれています。

その量はあんみつ1つで、1日に必要な食物繊維の1/5が摂れるのだそうです。

 

交換条件食材

一緒に食べると太りにくくなるという、赤石先生命名の「交換条件食材」が紹介されました。

交換条件食材は「きな粉」です。

きな粉には食物繊維が多いので、糖質、脂質の吸収を抑えてくれます。

大さじ3杯が適量とのこと。

スイーツにきな粉をかけたり、豆乳や牛乳に入れて飲むなどして、スイーツと一緒に摂るようにするとよいですね。

きな粉は、砂糖入りではないものを使いましょう。

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

モンブランはカロリーも高いけど、太りやすくて、怖いスイーツでした。

ロールケーキも、コンビニなどでついつい手に取ってしまうスイーツですね。

きな粉を忘れず準備です(^^;



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-美容・健康
-,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です