SAKUSAKU気分

毎日の暮らしにちょっとしたアクセント、サクサク気分で行こう

俳優

佐野勇斗の性格や役作り、プロフィールなど(トドメの接吻長谷部役・ちはやふる筑波役)

投稿日:2018年1月5日 更新日:

 

佐野勇斗

 

今シーズンのドラマ「トドメの接吻」、山﨑賢人さんが主演のサスペンスドラマです。

菅田将暉さん、新田真剣佑さん、志尊淳さんなど、イケメン揃いのドラマです。
楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

このドラマに、ドラマ「砂の塔」や映画「ちはやふる」に出演した佐野勇斗さんも出演します。

今回は佐野勇斗さんにスポットを当てて、性格や役作り、家族との関係、プロフィールなどをまとめました。



 

 

プロフィール

佐野勇斗さんは、俳優だけでなく、ボーカルダンスユニット「M!LK」としても活動していました。

佐野勇斗

プロフィール

名前:佐野勇斗(さの はやと)
生年月日:1998年3月23日
出生地:愛知県
身長:179.2 cm
趣味:漫画収集
特技:サッカー、書道(6段)、空手(1級)
事務所 スターダストプロモーション
第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身
2014年~5人組ボーカルダンスユニット「M!LK」としても活動(いちごみるく担当)
2015年:映画『くちびるに歌を』で俳優デビュー

主な出演作
【テレビドラマ】
・ドクターカー 第10話(2016年、日本テレビ) 板倉智彦 役
・砂の塔〜知りすぎた隣人(2016年、TBS) 高野和樹 役(初めての連続ドラマ)
・カンナさーん! 第1話・最終話(2017年、TBS) カフェ店員 役
・トドメの接吻 (2018年、日本テレビ) 長谷部寛之 役
【映画】
・くちびるに歌を(2015年) 向井ケイスケ 役
・高台家の人々(2016年) 高台光正(少年時代) 役
・ミックス。(2017年) 佐々木優馬 役
・ちはやふる -結び-(2018年公開予定) 筑波秋博 役
・3D彼女 リアルガール(2018年公開予定) 筒井光 役
・羊と鋼の森(2018年公開予定) 外村雅樹 役
【舞台】
・舞台芸術集団地下空港 第16回公演「ポセイドンの牙」(2016年) 萩原安打尊 役

 

テレビドラマと映画を中心に活躍しています。

舞台の経験はまだあまりありませんが、個人的にはテレビの方が観れる機会が多いので嬉しいです(*^^*)

特技はサッカー、書道(6段)、空手(1級)

このくらいの年代の人は、サッカーをやっている人、多いですね。
書道と空手もやっていて、日本の文化にも触れているので、役にも役立ちそうです。

 

芸能界入りのきっかけと家族

芸能界に入るきっかけは、お母様と叔母さんがオーディションに応募したことだそうです。

佐野勇斗さんは、もともと芸能界に入りたいと思っていました。

その原因はお母様が芸能人が大好きで、テレビを観る度に「勇斗もこうなるんだよ」と言われて続けていたからだそうです。

一種のマインドコントロール?(笑)

お母様がオーディションに応募したのも納得です。

でもオーディションに応募したからと言って、芸能人になれるとは限りません。
やっぱり佐野勇斗さんに素質があったからですよね。

お母様の夢がかなって、佐野勇斗さんの活躍、喜んでいるでしょう。

このエピソードから、お母様とは仲がよさそうです。

共演した広末涼子さんにお弁当を作ってもらったときは、お父様に「家までもってこい」と言われたりして、お父様とも仲がよさそう
まぁ、広末涼子さんにお弁当を作ってもらえば、そう言いたくなりますが(^^;)

落ち込んだときも、家族に電話をするそうですので、仲のよい家族なんですね。

 

佐野勇斗さんの性格

自信がなくて人見知りするそうです。
でも、それを克服するよう努力しています。

例えば、仕事で一緒になる人のことは、今までの作品や、現在している仕事を調べているそう。

なるほど、相手のことを知っていれば話しかけやすいですし、話題もできます。
私も人と話すのは苦手なので、見習いたいです。

それから、いろいろな人と会う機会があるので、できるだけ自分から声をかけるように心掛けているそうです。そして、話しかけることができなかったとしても、現場では笑顔を絶やさないように気を付けているとのこと。

だから人懐っこいイメージがあるのでしょう。

きっと折角のチャンスなので、出逢った人からいろいろなことを吸収したいという気持ちがあるのでしょう。

向上心があるので、きっとこれからもっともっと伸びていく俳優さんだと思います。

自信がないというのは、人懐っこい雰囲気からは意外ですが、監督には「自信を持って芝居をしなさい」って言われるそうです。

現在は大学生ですが、高校3年生の2学期から受験勉強を始めて、志望校に合格しました。
その時の経験から、頑張れば結果はついてくると、自信につながったそうです。

まだ若いです。これからもいろいろな役や経験を積んでいくことで、もっと自信が持てるようになるのではないでしょうか。

 

佐野勇斗さんは、M!LKのメンバーの中では最年長なので、まとめ役です。

ステージでも盛り上げたりしているので、その様子からは想像できませんでしたが、苦手なことに取り組んでいたのですね。

自分なりに、どうしたら上手くいくか工夫していて、努力家だなと思います。



 

 

役作り

佐野勇斗さんは、役作りは楽しいとのこと。

お芝居するときは役と自分の似ているところを探して、そのうえで自分の中にない部分は、ほかの作品を観て仕草などを研究するそうです。

「ミックス。」という映画では、卓球のうまい引きこもりの青年役をやっていますが、そのときは「電車男」を観て研究したそうです。
映画とドラマ、両方観たそうですから、研究熱心ですね。

 

役に合わせてダイエットをしていたこともありました。

映画「ミックス。」の撮影のときだそうです。
次の役作りのために炭水化物を抜いていたそう。
育ち盛りなのに大変だったでしょう。

共演の広末涼子さんや田中美佐子さんに、しらたきパスタやもち麦などのアドバイスをもらったそうです。

若い子が食べられないでいるのですから、何かしてあげたくなりますね。

 

佐野勇斗さんの今後の活躍

今年はドラマや映画の公開がすでに決まっています。

ドラマは山﨑賢人さん主演の「トドメの接吻」、映画は広瀬すずさん主演の「ちはやふる」など、話題作に出演しています。

今年は急にお仕事が増えたように思います。

これからますます活躍するのではないでしょうか。

 

佐野勇斗さんの今後の夢

佐野勇斗さんの夢は、具体的です。

M!LKとしては紅白歌合戦に出て、司会を担当する!
俳優としてはNHKの朝ドラと大河に出演する!

だそうです。

口に出さないと叶わないので、口に出して言うことを大切にしているそう。

具体的で、今やっている仕事の延長線上にあるよい夢ですね。

今やっている仕事が好きで、充実していると感じます。

朝ドラと大河は、そう遠くないうちに実現しそうな気がします。

紅白の司会はハードルが高そうですが、頑張ってほしいです。

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

佐野勇斗さんは、自分が苦手をすることは克服しようと工夫して頑張る努力家でした。

役作りもしっかりやる、俳優という仕事が好きだということが伝わります。

今年は、ドラマにも映画にも出演が決まっています。

今後も伸びていく若手俳優さんでしょう。

夢に向かって頑張って欲しいです。

私も紅白の司会、楽しみにしています。

 

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-俳優
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


平昌オリンピック・パラリンピック

2018年4月
« 3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。