平昌オリンピック

スノーボード藤森由香・女子ビックエア・決勝結果速報・トリック技/平昌オリンピック

投稿日:2018年2月22日 更新日:

 

オリンピック

 

平昌オリンピックから新しい種目になったスノーボードビッグエア、女子ビッグエアの藤森由香選手の決勝の結果の速報です。

簡単にトリックも記載しています。



 

 

決勝結果

金:アンナ・ガサー、185.00(オーストリア)

銀:ジェイミー・アンダーソン、177.25(アメリカ)

銅:ゾイ・サドフスキシノット、157.50(ニュージーランド)

4位:岩渕麗楽、147.50(日本)

5位:シナ・カンドリアン、140.25(スイス)

6位:シリエ・ノレンダル、131.50(ノルウェー)

7位:藤森由香、122.75(日本)

8位:鬼塚雅、119.00(日本)

 

オリンピック4大会出場の藤森由香選手、2回目、3回目の滑り、着地であと少しというところだったので残念でした。

でも最後、素敵な笑顔で手を振っていました。

 

ルール

・空中での演技の、技の難度、完成度、高さ、距離、着地の正確さを競う

・決勝は12人が出場

・試技は3回、2回の得点の合計点で争う。2回は違う技を行う

・ジャッジ6人が100点満点で点数をつけ、最高得点と最低得点を除いた4人の平均点が得点になる

ジャッジ
・スロベニア:IZTOK SUMATIC
・スイス:CHRISTIAN BEUTLER
・日本:RYO HASHIMOTO
・アメリカ:CONNOR MANNING
・ドイツ:STEFAN MUNZ
・カナダ:JOHN MACDONALD

ジャンプ台
・助走は70m
・着地まで20m
・着地角度38度
・全体の傾斜39度

解説:中井孝治
アナウンサー:鳥海貴樹



 

 

決勝:藤森由香

結果

11番滑走

最終順位:7位

記録:122.75

1回目:82.25 (2)
2回目:40.50 (8)
3回目:不採用

 

決勝1回目

点数:82.25 (2)

・主なトリック
レギュラースタンス
バックサイド
900
ミュートグラブからインディグラブ

 

決勝2回目

点数:40.50 (8)

・主なトリック
レギュラースタンス
フロントサイド
ダブルアンダーフィリップ
900

・着地でお尻がついてしまった

・空中でリカバリーしたが着地で失敗

・かなり飛距離はあった

 

決勝3回目

不採用

・主なトリック
レギュラースタンス
フロントサイド
ダブルコーク
900

・惜しくも着地失敗、立てずにお尻をついてしまう

・グラブもしっかりしていたが、少し回転が早かった

 

予選

2位
点数:94.25

・主なトリック
レギュラースタンス
バッグサイド
900
インディグラブ

 

藤森由香・プロフィール

藤森由香(ふじもりゆか)

生年月日:1986年6月11日

年齢:31歳

身長/体重:160cm/55kg

所属       アルビレックス新潟

スノーボードクロス時代を含めて、オリンピック4大会出場

 

 

ご覧いただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-平昌オリンピック
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年6月
« 5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。