生活情報

梅雨に増えるカビ撃退・ピンク.黒.灰色.カビの色別掃除法.特徴.病気の種類

投稿日:2018年6月6日 更新日:

 

お風呂掃除

 

お風呂や洗面所など、掃除してもなかなかとれないカビ、掃除してもまたすぐ出てくるカビ。

特に梅雨の時期は、カビが増える時期です。

ピンクや黒などカビの色別に、その特徴や効果的な掃除方法をまとめました。



 

 

カビが起こす病気

目につくカビを掃除しても、目に見えないカビが空中に浮遊しています。

浮遊しているカビを吸い込むと、梅雨のこの時期は「夏型過敏性肺炎」になる可能性があります。

この原因となっているカビの種類は「トリコスポロン」というカビです。

たくさん吸うとアレルギー反応を起こし、咳、痰、悪寒、頭痛、発熱などの症状がでます。

風邪と似た症状なので見逃しやすいです。

高齢者や抵抗力の弱い方は、最悪死に至ることもあります。

 

カビが発生する条件

カビが発生する条件
・酸素
・気温20度~28度
・湿度80%以上

この条件にあてはまる6月~10月くらいは、カビが多く発生する時期です。

 

カビの色別 掃除方法

ピンクの汚れ

お風呂場、洗面所などでピンクの汚れを見たことはないでしょうか?

ピンクの汚れの正体は、「酵母菌ロドトルラ」と言う菌のカビです。

吸い込むと「気管支喘息」になってしまう可能性があります。

 

ピンクのカビ・特徴

ピンクのカビは、主にお風呂場や洗面所などで見かけることが多いと思います。

このピンクのカビは、とても繁殖力が強いです。

特徴は、お風呂用洗剤で掃除しても、菌が残る、というところです。

洗剤は殺菌をしているわけではないので、表面上のピンク色は取れたとしても、菌が死んでいなければまた繁殖してしまいます。

そして、放っておくと黒カビになっていきます。

ピンクのカビが変異して黒カビになるわけではありません。

ピンクのカビが黒カビの餌になり、黒カビが増えていくのです。

 

ピンクのカビ・掃除のポイント

有効なのはアルコールです。

掃除には「消毒用エタノール」を使います。

「消毒用エタノール」は、薬局で購入することができます。

「無水エタノール」というものもありますが、無水は揮発性が高いため、消毒用がおすすめです。

 

掃除の手順

①アルコールに雑巾を浸す
・アルコールは薄めずに原液を使う
・スプレーだと、定着率が低いため雑巾を使う

②一方向に拭く
ゴシゴシ往復して拭いてしまうと、せっかく拭いたところに、また菌を戻すことになるので一方向に拭く

③水気を拭き取る

 

掃除の頻度ですが、ピンクのカビが見えた段階でやれば良いとのことです。

その際に、ピンクのカビをしっかり撃退しましょう。



 

 

黒色汚れ

お風呂場などでよくみられる黒い汚れ、これは黒カビです。

吸い込むと「肺炎」になる可能性があります。

 

黒カビ・特徴

黒カビはとてもしぶとく、一度落としてもたあっという間にまた黒くなっています。

掃除をする際にやってはいけないことは、ゴシゴシこすることです。

ゴシゴシこすると、表面に傷がつき、そこにカビが入り込んでしまうのです。

特にタイルの目地は、柔らかい素材で水分を吸うので、カビが繁殖する環境です。

ゴシゴシこすると傷がつき、そこから奥にどんどんカビが入り込んでいきます。

そうなると、表面を掃除しても、中にはカビが残った状態になってしまいます。

 

黒カビ・掃除のポイント

有効なのは「塩素系漂白剤」です。塩素系漂白剤のお風呂用洗剤でもOKです。

 

掃除の手順

①キッチンペーパーに塩素系漂白剤を染み込ませる

②キッチンペーパーをカビの部分に貼り付け、上からラップをする
カビの程度にもよるが、5分から10分程度貼っておく

③布巾で拭き取る、または水で流す

 

洗面台のオーバーフロー口の掃除

 

洗面台蛇口

 

洗面台の「オーバーフロー口」ってご存知でしょうか?

「オーバーフロー口」とは、水が溢れないように開いている穴のことです。私もネーミング、はじめて知りました(^^;)

この部分も、よく黒くなってしまいます。気になる人も多いのではないでしょうか。

ここもお風呂場と同様、塩素系漂白剤を使います。

この部分は狭く、一方向には動かせないので、カビをとっていくと感じで、歯ブラシでゴシゴシと汚れを落とします。

奥までやるのは難しいですが、出来る範囲で奥までやりましょう。

 

お風呂使用後

・お風呂から出る際は、石鹸カスがカビの餌にならないよう、壁や床など水で流すと良い

・お湯だと蒸気が上がってお風呂場の温度も上がってしまうので、水の方がよい

・換気扇を回したり、窓を開けて湿気対策をすることも有効

・マンションなどで窓がない場合は、お風呂場のドアを開けておくだけでも違う

 

灰色の汚れ

絨毯カーペット掃除

 

灰色の汚れで代表的なのはホコリです。

ホコリはカビではありませんが、ホコリ1 g の中に100万から260万個のカビなどの菌や、ダニが潜んでいるのです。

これが「アトピー性皮膚炎」や「喘息」の原因となります。

 

灰色の汚れ・特徴

灰色のホコリの中には、カビがたくさん入っています。

ホコリはふわふわと舞い上がってしまうので、吸い込んでしまう可能性は大きいのです。

また汚れたホコリは、カビや菌、ダニなどの餌になります。

水分と酸素があれば、どんどん増えていくのです。

 

灰色のホコリ・掃除のポイント

日々の掃除では、掃除機を使ってホコリを吸っていると思います。

この時の掃除機のかけ方がポイントです。

ホコリは隅に移動していくので、掃除をかける際は、部屋の真ん中からかけていきます。

掃除をかける順序

カーペット・掃除のポイント

カーペットの場合、ホコリは表面ではなくて、毛の中に入り込んでいます。

カーペットの中まで掃除しようと、掃除機でゴシゴシ掃除をしてしまいがちですが、これは逆効果です。

掃除機をゴシゴシと早く動かしてしまうと、カーペットの毛が寝てしまい、中のホコリを吸えなくなります。

カーペットの中に溜まったホコリは、人が動くことによって舞い上がり、それを吸い込むことになります。

掃除機のかけ方は、カーペットの毛を開きながらゆっくりと、1mを5秒から6秒のスピードでかけるのが良いでしょう。

 

※日本ヘルスケアクリーニング協会代表理事、松本忠男氏のお話よりまとめました。(TVモーニングショー出演)

 

 

まとめ

■ピンクのカビ
・繁殖力が高い
・掃除をしても菌は残っているので、しっかり除菌する
・掃除には「消毒用エタノール」を使う

■黒カビ
・しつこく、奥まで入り込む
・カビをとろうとゴシゴシしてはいけない。表面に傷がつきカビが入り込む
・掃除には「塩素系漂白剤」を使う

■灰色のホコリ
・1 g のホコリ中には、100万から260万個のカビなどの菌や、ダニが潜んでいる
・ホコリは舞い上がるので、吸い込みやすい
・部屋に掃除機をかけるときは、中心からかけ、壁際は最後にする
・カーペットは、毛をたたせるようにゆっくりと掃除機をかける

 

 

さて、いかがだったでしょうか。

カビは1年中いますが、梅雨の時期は特に多くなり、気になります。

適切に掃除して除去したいですね。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-生活情報
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


FODロゴ

2018年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。


 

主婦バイト隙間時間で稼げる在宅ワーク
スマホや初心者でも5分でOKの簡単な仕事も!