2020冬ドラマ

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の原作マンガあらすじ&結末ネタバレ

投稿日:2020年1月4日 更新日:

 

2020年1月スタートのドラマ『恋はつづくよどこまでも』

原作は、円城寺マキさんの人気マンガです。

どんなお話なのか、ポイントを押さえて、3分で読めるあらすじにまとめました。

結末も書いているので、知りたくない方はご注意を!



 

 

『恋はつづくよどこまでも』はどんな作品?

『恋はつづくよどこまでも』は、プチコミックにて2016年〜2019年まで連載されていた、大人気マンガです。

作者は円城寺マキさん。

コミックスは全7巻です。

可愛らしい絵柄で、明るくテンポよく進んでいく作品です。

 

気になるあらすじを紹介!

主人公の佐倉 七瀬(さくら ななせ)は新米看護師。

ドラマでは上白石萌音さんが演じます。

七瀬が看護師になるキッカケは、5年前の高校生の時。

ある朝、倒れているお婆さんを見つけた七瀬は、助けを呼びますが、早朝のため、誰も助けに出てきてくれない…。

そんなピンチを救ったのは、佐藤健さん演じる天堂 浬(てんどう かいり)。

たまたま通りかかった天堂は、「僕は医師だ」と名乗り、冷静に対処してくれたのです。

無事お婆さんを救急車に乗せた後、天堂は去り際に七瀬の頭を撫で、優しい笑顔で、「ありがとう」と言ってくれて…。

七瀬は「運命の王子様だ」と恋に落ちたのでした。

そこから、七瀬は医療業界へ進路を決めました。

あの笑顔にまた会うために猛勉強を重ね、看護師の道へ進んだのです。

しかも、天堂と同じ病院の看護師になれたのです。

 

やっとのことで天堂と再会した七瀬ですが、天堂はあの時の優しい笑顔と違い、『キツイ性格で有名』、そして『女関係がだらしないと噂』な医師!

しかも、七瀬の事を覚えていない様子。

実際、天堂に「看護師に向いていない」と言い放たれたりと、恋も仕事も前途多難な七瀬。

いつしか七瀬は、天堂(魔王)に立ち向かう勇者として、「勇者ちゃん」とあだ名がつけられてしまうのでした。

もう天堂のことは諦めようと心に誓う七瀬ですが、なんと、七瀬がひとり暮らしを始めたマンションの隣人は、天堂で…!

七瀬の恋は、仕事は、どうなるの?

まっすぐな新人看護師・七瀬と、超ドS医師・天堂の、勇者×魔王のラブコメディが始まります。



 

 

勇者×魔王の恋はどうなるの?結末ネタバレ

※ここから、結末をネタバレしていきますので、ご注意!

 

紆余曲折ののち、晴れて恋人同士になった七瀬と天堂。

(恋人同士になるまでについては、ぜひ本編で楽しんでいただきたいので割愛します)

しかし、天堂に、海外留学の話が浮上。

寂しいですが、七瀬は天堂を応援します。

そして、二人で、留学前のたくさんの思い出を作ります。

年月がたち、天堂が留学へ行ってから、3年近く。

しかも、ここ1年は会えていない状況。

やっと会える日に、休みをとった七瀬は、空港まで迎えに向かうのですが、アクシデントで迎えにいけず、すれ違いに…。

中々会えない二人。

でも、いつもの職場の病院で、やっと再会を果たします。

再会を果たした二人が、同時に口にした言葉は…

「結婚してくれ」そして「結婚してください」

 

七瀬の、10年越しの想いが叶う、幸せなハッピーエンドで、この話は終わります。

 

■こんな記事もあります。

 

実際のドラマは、どんな結末になるのでしょうか。

原作と同じかな?

全体的に、明るい印象の本作。

ドラマもラブコメとして描かれるようなので、気軽に楽しめそうです。

原作を読んで、ドラマとの違いを見つけるのもよいかも。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2020冬ドラマ
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です