ドラマ 2019秋ドラマ

ニッポンノワール|視聴率一覧&感想まとめ・2019秋ドラマ10月スタート

投稿日:2019年9月22日 更新日:

 

ニッポンノワール

 

2019年10月スタートの秋ドラマ、日テレ日曜ドラマは、賀来賢人さん主演の『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』です。

このドラマには、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』で出演した細田善彦さん、篠井英介さん、栄信さんが、同名同役で出演することも話題になっています。

『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』の視聴率や、ドラマをみた人の主な感想をまとめています。



 

 

放送日時

日本テレビ
『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』
毎週日曜日 夜10時30分~

■スタート日
10月13日(日) 夜10時30分~

 

脚本

武藤将吾
主な作品
・花ざかりの君たちへ
・家族ゲーム(2013年)
・3年A組-今から皆さんは、人質です-
など

 

主な出演・キャスト

賀来賢人・・・遊佐清春(ゆさきよはる)
広末涼子・・・碓氷薫(うすいかおる)
井浦新・・・才門要(さいもんかなめ)
北村一輝・・・南武修介(なんぶしゅうすけ)
夏帆・・・深水咲良(ふかみさら)
工藤阿須加・・・名越時生(なごしときお)
髙橋ひかる・・・本城芹奈(ほんじょうせりな)
立花恵理・・・高砂明海(たかさごあけみ)
田野井健・・・碓氷克喜(うすいかつき)
細田善彦・・・宮城遼一(みやぎりょういち)
篠井英介・・・本城諭(ほんじょうゆずる)
栄信・・・喜志正臣(きしまさおみ)

 

主題歌

サザンオールスターズ『愛はスローにちょっとずつ』
(TAISHITA LABEL/VICTOR)

 

ドラマ概要

主人公は刑事の遊佐清春(賀来賢人)。

ある日目が覚めると、遊佐の隣には女性刑事の死体が。

遊佐は何も覚えていない。

自分が殺したのか、それとも誰かにハメられたのか・・・。

事件の真相を追ううちに未解決の「十億円強奪事件」へとつながっていく。

先の見えない予想を覆す刑事ドラマ。

 

このドラマは、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の中で発生した『魁皇高校立てもり事件』から半年後を舞台にしています。

『3年A組』の登場人物、宮城遼一(細田善彦)、本城諭(篠井英介)、喜志正臣(栄信)が、同名同役として登場するのも見どころの1つです。

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想です。

第1話・10/13

・うーん、イマイチ。よく分からなかった

・殺人事件なのに捜査会議で大乱闘って、現実味なさすぎて引き込まれなかった

・乱暴な言葉遣いや暴力的な描写が好きじゃないので受け付けなかった

・役者さんはみな演技がうまいと思うが、主人公のキャラがみている方が恥ずかしくなるくらいカッコつけすぎで苦手

・ドラマとはいえ子供に銃を構えさせるなんて。ストーリーも子供に頼りすぎ

・工藤阿須加さんの名越、何を言っているのか全然分からなかった

・どのキャラも喚いているだけで、みんな痛々しい

・どの人物にも共感できなかった

・怒鳴り声ばかりでうるさい

・展開やキャラクターが漫画的

・キャスティングがよくてみたけど、初回は微妙。とりあえず次回もみてみる

・賀来賢人さんがカッコよかった

・これから面白くなるのでは?期待している

私も暴力的なシーンや、意気がりすぎるキャラクターはちょっと苦手です(^^;

謎があるのも最後はHuluではないかと警戒して、単純に楽しむこともできない感じですが、まだ初回なので、これからに期待したいです。



 

 

第2話・10/20

・警察の闇や殺人事件、10億円強奪事件など、暴力的な描写もありとっつきにくい

・工藤阿須加さんの役が、無駄にテンション高すぎ、ぶっ飛びすぎ

・ツッコミどころが多すぎて現実味がなく共感できない。3年 A 組も現実味はなかったが、訴えるテーマがはっきりしていたので面白みがあったし見応えがあった

・好みは人それぞれだが、暴力シーンが多くて中身を薄く感じてしまう

・机や椅子を蹴飛ばすなどのシーンが多すぎて、やかましいだけ。現実離れしすぎて状況把握が難しいので見るのに気合が必要で、俳優さんがいいだけに残念

・セリフが臭くて白けてしまう。無駄にかっこつけているところが見ていて恥ずかしくなってしまう

・2話はストーリーが読めすぎて面白くなかった

・2話目で面白くなった。人間関係が描けている

・登場人物がキテレツすぎて現実味はないがこれが癖になる

・好みの問題だと思うが恋愛ドラマなどよりはずっと面白い

・それぞれのキャラが濃くて、癖がありすぎだが、それがヒントになったり伏線が隠されたりして面白い

・退屈しないので嫌いじゃない

・同じ班の同僚たちに仲間意識が芽生えて少し見やすくなった

・3年 A 組でも最初の方は感情移入しにくかったが、周りが理解していく中で面白くなっていった。今回もそれに近いものがあるように思う。過程を楽しむドラマだと思うのでこれからを楽しみにしたい

 

第3話・10/27

・刑事なのかチンピラなのか分からない

・バンバン机を叩いたり蹴ったりする会議に唖然。普通に話せないの?

・ドラマの内容も凝ってるように見せかけてフワフワしてるし、刑事がみんな乱暴すぎて一生懸命見ていても全く内容が入ってこない。いい役者さんたくさん出てるのに何か惜しい

・たぶん順番に疑われていく展開なのだろう。真犯人が分かるのは一番最後。現時点で一番怪しくない人が犯人だと思う

・なんで彼女をスマホで撮っているのか不思議。誕生日を忘れて怒っているところや、重要なミッションに関わっている話など(しかも買い物中)、なんで動画に撮っているのか?

・お店のマスター深水(笹野)が怪しい。気になってしまう

・台本が子供に頼りすぎ

・子供が暴れるのはあの薬のせい。誰かがわざと飲ませている

・明日から仕事と言う時にみるのにはきつい

・暴力シーンが多くてあまり引き込まれないけど、犯人が知りたくてみている

・なんとなくみてみたけど意外と面白かった

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第4話・11/3

・レッツシンク、ベルムスに遊園地前の見たことある二人・・・。3-Aがあちこちに出てくる。設定や展開は無茶苦茶だけど、3-Aと同じように先が見たくなる

・最初はいまいちハマらないかもと思っていたが、3Aネタが入ってくるので、つい毎週みてしまう

・江國さんが奥さんとつつましくも幸せに生きているところがみたい

・結末が知りたくてみている

・なぜだろう、退屈になる

・ホンモノの警察関係者が見たら怒りそうな内容

 

第5話・11/10

・暴力的な部分が多くムダに大きな声を出している

・3Aとリンクした話だけどちょっとかけ離れている感がある

・たぶん結末はたいしたことがなくて、続きはHuluでになると思う

・ガスマスクって目立つと思う。どうして捕まえられないのか?

・清春は適当に叫んで適当にそこら辺の物を蹴って、暴力を使えば何でも思うようになると思っているのか?そんな清春のキャラは魅力がない

・暴力シーンが多く、怒鳴ってばかりでうるさいが、慣れてきたら何とかみれるようになった。回を追うごとに面白くなっていると思う

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第6話・11/17

・清春も人体実験されてる?清春が飲んでる栄養ドリンクが怪しい

・日テレのドマラは「続きはhuluで」ってやるから見ないと思っていたのに、つい見てしまった

・清春と才門、いい感じになってきたのに、才門がやられてしまうとは残念

・才門は死んでしまったのか?才門の役どころは今後も必要な気がするので本当は死んでないとか?

・登場人物のキャラや日本の警察とは思えない展開に最初は微妙だなと思っていたが、慣れてきたのか面白くなってきた

・展開が読めなくて面白い

 

第7話・11/24

・警察の秘密組織に改造されて、撃たれても死なないからゾンビかと思った

・だんだん全体像が見えてきて面白くなってきた

・未然に犯罪を防ぐ目的で人格矯正も一つのやり方だと思うが、他人事だからそう思えるのだと思う

・才門に生きていて欲しかった。本当に死んじゃったの?

・人体実験に人格矯正プログラム。SFになってきた

・宮城も被検者だったのには驚き

・清春がNNを見せられて記憶が戻るのは本当?逆に違う記憶を植え付けられているのでは?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第8話・12/1

・あな番のラストが残念だったので、ニッポンノワールではどんでん返しを期待したい

・ドラマだからこそ、倫理観を壊した展開でもあり。この世界観が好き

・黒幕は、やっぱりマスターなのかな?

 

第9話・12/8

・好き嫌いが分かれるドラマ。作り手もそれを承知の上で作っていると思う

・清春が父親に、父親のなりかたを聞いているところはグッときた

・清春が父性に目覚めていき、克喜と公園で遊んでる場面にはうるうるした。このドラマで泣かされるとは思わなかった

・碓氷班長、一夜の過ちって、克喜が可愛そうだった。それも偽物の記憶?

・薫が清春に罪をきせようとして、誤って薫を撃ったのはニセ物の記憶でよかった

・ガスマスクはクローンで作られた清春か?

・ガスマスクは、生きていた才門ということはないか?

・南武さんの息子は死なないで、元の人格に戻り、南武さんと再会してほしかった

・敵かと思いきや実は味方であったり、毎回後半のどんでん返しに驚きがあって楽しい。先が読めないから普通の刑事ドラマとは違い、意外性が病みつきになる

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

最終話・12/15

・才門はやっぱり生きていたけど、やっぱり殺された

・才門の語りが長く色々説明しているところががっかり。もう数話あればよかったと思う

・ブッキーの言葉が才門の心を動かしたなんてちょっとよかった

・リアリティがなさすぎてついて行くのが大変だった

・スケールの割に「人は変われるんだ…」と青臭いテーマだった

・後味悪すぎ

・清春は撃たれた?倒れ方が才門と一緒だから生き返る?

・清春を殺さず、ニッポンノワールを潰すまでやって欲しかった。結局なにも解決していない

・3Aが話題になったからといって、関連付けているところが無理やり感があった

・3Aと絡めているけど、世界観が違って帰って違和感

・3Aの立てこもった教師が言ってたんだ…のセリフで興ざめした

・賀来賢人さんも、工藤阿須加さんも、井浦新さんの演技がよかった



 

 

平均視聴率

関東ビデオリサーチ調べ、速報値です。

第1話・10/13:7.8%

第2話・10/20:6.5%

第3話・10/27:6.4%

第4話・11/3:6.5%

第5話・11/10:7.1%

第6話・11/17:6.4%

第7話・11/24:6.0%

第8話・12/1:7.1%

第9話・12/8:6.9%

最終話・12/15:8.1%

全話平均:6.9%

※全話平均は、各放送回の視聴率を単純に平均したものです。

 

暴力的なシーンが多くて、私はちょっと苦手だったかな。

3Aと絡める必要があったのかどうかも。

個人的には絡めない方がよかったと思いました。

「3A入れてます」って感じがわざとらしくて、逆に冷めてしまいました(^^;



 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-ドラマ, 2019秋ドラマ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です