2018秋ドラマ

下町ロケット|視聴率一覧2018・前作視聴率も比較・感想まとめ(随時更新)阿部寛

投稿日:2018年9月27日 更新日:

 

大地トラクター跡

 

10月スタートのTBS日曜劇場は、前作から3年「下町ロケット」の続編です。

原作は池井戸潤氏の「下町ロケット ゴースト」、舞台を空から大地へ変えて、新たな戦いのスタートです。

視聴率や、ドラマをみた人の主な感想をまとめています。



 

 

放送日時

「下町ロケット」
TBSテレビ
毎週日曜よる9時

■スタート
10月14日(日)よる9時 ※25分拡大

 

原作

池井戸 潤

シリーズの第3弾「下町ロケット ゴースト」

 

脚本

丑尾健太郎

主な作品「ブラックペアン」など

 

主な出演キャスト

阿部寛・・・佃航平

吉川晃司・・・財前道生(帝国重工の宇宙航空開発部部長)

杉良太郎・・・藤間秀樹(帝国重工の社長)

立川談春・・・殿村直弘(佃の社員)

安田顕・・・山崎光彦

土屋太鳳・・・利菜(航平の娘)

竹内涼真・・・立花洋介(佃の技術開発部社員)

朝倉あき・・・加納アキ(佃の女性エンジニア)

真矢ミキ・・・和泉沙耶(佃航平の元妻)

木下ほうか・・・水原重治(帝国重工の宇宙航空部本部長)

恵俊彰・・・神谷修一(佃の弁護士)

池畑慎之介・・・中川京一(ライバル企業の顧問弁護士)

倍賞美津子・・・佃和枝(航平の母)

イモトアヤコ・・・島津裕(ギアゴーストの副社長)

和田聰宏・・・江原春樹

今野浩喜・・・迫田 滋

中本賢・・・津野 薫

谷田歩・・・唐木田 篤



 

 

あらすじ

下町の工場「佃製作所」の経営者、佃航平(阿部寛)は、元宇宙科学開発機構の研究員で、夢はロケット製造だった。

航平は、大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」に、自社が開発したロケットエンジン用バルブシステムを提供し、夢のロケット開発を実現させる。

ロケットエンジン用バブルシステムは、佃製作所の主力商品となり、順風満帆のように見えたが、取引先の帝国重工の業績悪化などにより、再びピンチに立たされる。この危機をどうやって乗り越えるのか?

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想です。

第1話・10/14 ※25分拡大

・毎回同じパターンで飽きる

・感動のゴリ押しや、善人と悪人がハッキリしていて分かりやすい点は好き嫌いが分かれる

・日曜の夜の、こういうドラマは来週も頑張ろうという気持ちにさせてくれる

・佃製作所は追い詰められるけどプレゼンで勝つのはワンパターンだけど、むしろそこがいい

・相変わらず財前部長はかっこいい

・やっぱり下町ロケットっていう感じで面白かった

・次々と問題がでてきたり、プレゼンで爽快に勝ったり、見ていて楽しいドラマ

 

第2話・10/21 ※25分拡大

・佃社長の誠実さや熱意は分かるが、計画性もなく綺麗ごとで社員を振り回している

・ピンチとチャンスの繰り返し。善人対悪人という分かりやすいストーリー。ワンパターンだけど安定感の面白さ

・裏切者は誰だ?

・乗り越えられそうにない状況になっても、企業が協力しあって生き残ろうと踏ん張る姿に応援したくなる

・殿村の家の畑の後継問題、どうなるのか気になる

 

第3話・10/28

・もう少し予想を覆す展開が、たまにはあってもいいかも

・帝国重工の信用審査は、殿村がギリギリ間に合うのだろうと予想できた。お決まりの展開

・殿村は、資料をメールで送っておけばよかった

・帝国重工は、ロケットを飛ばさないために佃製作所を信用審査で落とすつもりだった。でもそんなことをしたら、バルブが他社へ売られる可能性まで考えなかったのか?

 

第4話・11/4

・ギアゴーストのために、部品を一つ一つ調べて特許侵害を探す、信用審査、今回は社員総出で論文を探していた。毎回振り回される社員が気の毒

・あまり泣く場面が多いと、逆に白けてしまう

・弁護士が絡んでいるストーリー、弁護士ドラマにも見えて面白い

・モノづくりの話が少ない気がする

 

第5話・11/11 ※10分拡大

・弁護士が情報漏洩しているというのは、あまり意外性がなかった

・財前さんの稲刈りシーン、まさかスーツとは。普通着替えるのではないだろうか

・殿村さん、代々受け継がれてきた田んぼを大事にしたいのは分かるが、銀行を辞めてまで入った佃製作所なのに、その佃製作所を辞める決断には納得いかない

 

第6話・11/18

・社員を大事にしたいと言っていた伊丹。それなのに一緒に苦楽をともにした島津を簡単に切り捨てた。ギアゴーストと一緒に仕事をするために協力を惜しまなかった佃製作所を裏切った。いくら恨みがあるからと言っても、それまでアピールされてきた人間性とかけ離れ過ぎていて違和感

・佃社長が社員を巻き込んで、必死で頑張ってやっと光が見えてきても、また新たな火種が出て来て終るスッキリしないエンディングに疲れた

 

第7話・11/25

・毎回これでもかというほどピンチが襲ってくるストーリーに、観るのが疲れてきた

・ドラマなので仕方ないが、感情表現が大げさすぎて現実離れしているので、感情移入や共感がしにくい

池井戸潤さん原作のドラマは人気がありますが、本作は最後に新たな火種が出て終わるパターンにストレスを感じている人が多いようです。

いろいろな分野の方が、演者として出演しているのも賛否の分かれるところです。

感想の中で、今回のテーマ「農作業車の自動運転」が、「みちびき」というシステムによって現実的になっているというお話をされている人がいました。

そんな観点から見てみると、また違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

 

第8話・12/2

・敵と味方がハッキリしているのは分かりやすくて好きだが、敵方に毎回イラッとさせられっぱなしで疲れる

・ロケット編は技術者が自分達の技術にプライドを持ち大企業に挑戦していく姿に感情移入して楽しめたが、今回は復讐、裏切り、嫌がらせの話でどうも見る気がうせてしまう

 

第9話・12/9

・藤間社長の重みある言葉、あっぱれ

・悪役の人たちの演技がオーバーで下品に感じる

・もうすぐ終わりで寂しい

 

前作と今作の平均視聴率・比較一覧

ビデオリサーチ調べ(関東地区)の速報値です。

前作2015今作2018
1話16.1%13.9%
2話17.8%12.4%
3話18.6%14.7%
4話17.1%13.3%
5話20.2%12.7%
6話17.8%13.1%
7話17.9%12.0%
8話20.2%11.5%
9話18.2%12.6%
10話22.3%
全話平均18.6%

※全話平均は、各放送回の視聴率を単純に平均したものです。

 

 

 

池井戸潤氏原作のドラマは、気持ちが上げては落とされ、上げては落とされで、ジェットコースターのようです(^^;

でも、どんなピンチに立たされても諦めない、そして最後はやり遂げて勝ち取ります。

今回もそんなスカッとした終わりがまっていることを期待します。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スマホ動画配信
安室奈美恵の独自コンテンツならHulu
月額500円からのdTV
フジのFOD など
ドラマだけでなく、アニメや映画、スポーツ、人気雑誌など、幅広いジャンルで配信サービスがあります。 今なら無料キャンペーンやお得なプランがあります。 各社のサービスをまとめていますので、是非チェックしてみてくださいね。
 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2018秋ドラマ
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


FODロゴ

2018年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。