漫画 映画

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』ふりふらネタバレ・結末は?ファンの感想

投稿日:

 

待望の実写化映画がついに公開されました!

私は原作のファンで、映画館で観るのを心待ちにしていました(*^^*)

原作ファンの一員として、実写化の感想をネットでの感想と共にまとめさせていただきます☆



 

 

『ふりふら』キャストおさらい!

まずは今回の実写化のキャストをおさらいしてみます。

メインの4人はこちらのキャストの方々です。

・山本 朱里役…浜辺 美波さん
・山本 理央役…北村 匠海さん
・市原 由奈役…福本 莉子さん
・乾 和臣役…赤楚 衛二さん

そして、映画に登場する脇役はこちらのキャストの方々です。

・我妻 暖人役…上村 海成さん
・亮介役…三船 海斗さん
・乾 聡太役…古川 雄輝さん
・朱里の母役…戸田 菜穂さん

メインキャストに、今色んなドラマや映画で活躍している俳優さん達が揃っています。

イメージも当てはまるなと私は思いました!

そして、原作を読んでいる方なら、脇役としてどのキャラが出るのかも気になるところではないでしょうか。

こうやって並べてみると、「あのシーンがあるのかな?」なんて期待も出来ますよね!



 

 

原作ファンの私が語る!結末や原作との違い

今回私が映画館で「ふりふら」を観てみて一番思ったのは、『全てのストーリーがぎゅぎゅっとコンパクトにまとめられている!』ということでした。

よく言えば『たくさんの要素が詰まっていて飽きない』、悪く言えば『いいシーンが深く描かれていない』という印象です。

咲坂伊緒さんならではの、キャラ達のリアルな心理描写が、少しずつ集められて描かれています。

全体的に見ると、原作の濃さをそのままに、うまくまとまっている印象です。

でも、もう少し深く掘り下げてほしかったな…というエピソードもいくつかありました。

そして、実写化するにあたって、原作ファンなら違和感を覚えるかも…というシーンもいくつか。

ネタバレになりますが、最初から朱里も由奈も仲良しで始まっていたり…。

朱里と理央が親同士の再婚を知ったシーンの時点で、朱里が理央を呼び捨てにしていたり…。

キャラ達が、それぞれを好きになるタイミングが、原作では深く描かれていますが、結構あっさりめだったり…。

そして結構、朱里が主人公なのかな?と思えるくらい押されていました。

原作では、由奈と朱里のバランスがよく、ダブルのヒロインを楽しめたので、そこは残念に思ってしまいました。

エピソードそれぞれも、原作では違うエピソードをつなぎ合わせられていたので、それも違和感に繋がったのかもしれません。

原作を好きな気持ちが強めな方は、ふりふらの要素が含まれた別の作品と思ったほうがいいのかも?と私は思いました。

ただ、キャラ達それぞれの葛藤や、優しさから起きるすれ違いなど、「ふりふら」の良さはぎゅぎゅっと詰まっているので、原作ファンは観て損はしない作品だと思います!

エピソードも、無理なく繋がっているので、原作を読んでいなければスムーズに受け止められるのかもと思いました。

そして、結末をネタバレしますと、原作の結末と同じ展開でした。

ただ、原作の結末よりあっさりしていたので、もう少し濃い展開でもよかったかなという印象です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットの皆さんの感想!

ここまでは、あくまでも私個人の感想です。

その上で、ネットではどんな印象が多かったのか、調べてみました!

・誰かを好きになるきっかけなんて、自分がほしかった言葉ひとつで十分。そんな、久しく忘れていた気持ちを思い出させてくれる映画

・匠海くんの横顔が絵

・女の子ほっっっっっっそ

・莉子ちゃんがかわいい。こういう女の子を守るために俺は生まれてきた

・匠海くん×ニット提案したの誰?膝枕していい子いい子したげる、私が!

・映画館で聞く匠海くんの声が良すぎて多分魔法かかった

・思ってた展開は前半いや30分くらいで終わってしまい底が浅い。でもそこから先は突飛な話じゃないけど、想像してなかったので楽しめた。

ネットでの感想を見ると、学生は「とても良かった!」「キュンキュンした!」という声が多いかなという印象です。

社会人だと、「こういう青春を過ごしたかった」という声が多い印象でした。

そして全体的に、キャラ達の可愛さ・格好良さを評価する声が多いなというイメージです。

確かに皆可愛かったし格好良かった!

とても頷ける感想でした。



 

 

ふりふら、微妙?

一方、感想を調べようとTwitterに『ふりふら』と打ち込むと、『ふりふら 微妙』というキーワードが出てきました。

微妙に感じた人が多かったのかな?と思い、そちらも検索してみました。

・ふりふら正直微妙だった

・りおくんは、あんな好きだったのにあかりのこと諦められるんかーって思った。その後すぐゆなちゃん好きになるしよくわからん。

・あかりって、再婚する前はりおくんのこと好きだったの?

・あかりの元彼ってあかりを導くために出てきただけ?

・実際ふりふらはもっとりおゆなのいちゃいちゃ期待してたから内容薄く感じて微妙だった、、、、

でも『微妙だったな』と感じた声はそんなに多くなかったです。

観る前の期待値が高かった人の意見として、『微妙』と感じてしまったのかなという印象です。

今回は、映画の公開がやむを得ず延期されていたところもあったので、予想以上に期待値があがってしまっていたのかなと思いました。

 

『思い、思われ、ふり、ふられ』Renta!でみてみる

 

■こちらの記事もあります

 

まとめ

『思い、思われ、ふり、ふられ』、実写化の感想をまとめてみました!

全体的に、面白かったという声が多く感じました。

特にキャラの魅力を感じた声が多かったので、キャストのファンの方にはたまらない作品かもしれません。

『ふりふら』は、アニメ映画が2020年9月18日に公開されます。

実写化を一足先に観に行くのもオススメです(*^^*)



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画, 映画
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です