SAKUSAKU気分

毎日の暮らしにちょっとしたアクセント、サクサク気分で行こう

ニュース・エンタメ

犬飼貴丈の特技や免許で性格がわかる!家族や血液型などプロフィール【仮面ライダービルド】

投稿日:

 

犬飼貴丈1

 

犬飼貴丈さんと言えば、「第25代JUNONスーパーボーイ・グランプリ獲得」をして、芸能界入りをした人です。

JUNONスーパーボーイ出身には、溝端淳平さんや、小池徹平さんなどがいらっしゃいます。

そして仮面ライダーを演じる人も多いですね。

そんな中、犬飼貴丈さんが映画で演じる仮面ライダー役が、ちょっと変わっていました。

「平成ライダー史上最高IQを誇る天才物理学者であり記憶喪失という傷を抱える、シリーズの中でも特徴的なキャラクター」とのこと。

その役をを演じる犬飼貴丈さんって、どんな人なのか調べてみました。



 

犬飼貴丈さんのプロフィール

犬飼貴丈さんのプロフィールをまとめました。

犬飼貴丈

名前:犬飼貴丈(いぬかい あつひろ)

誕生:1994年6月13日

出身地:徳島県、千葉育ちで、その後また徳島に戻る

身長:176cm

体重:57kg

趣味:音楽鑑賞 DVD鑑賞

特技:ギター、110mハードル、ひざをすぐポキポキ鳴らせる

血液型:O型

2012年 第25代JUNONスーパーボーイ・グランプリ獲得

活動期間:2013年 –

事務所:バーニングプロダクション

 

犬飼貴丈さんは千葉で育っていますが、その後徳島に戻っているので、高校は徳島の高校です。

徳島の富岡西高等学校を卒業しているのですが、富岡西高等学校は進学校です。ほとんどの生徒が進学を希望するという学校です。

犬飼貴丈さんは成績優秀だったんですね。

 

犬飼貴丈さんの特技からわかる性格

スポーツ編

特技はギターと110mハードルとあります。

ハードルでは、新人戦において県6位に入賞していました。

凄いですね。努力家という一面が分かります。

 

またスポーツは他に、シュートボクシングの経験もあります。

『仮面ライダービルド』役をやったときには、変身ポーズにファイティングポーズの要素も取り入れたそうです。

野球もやっていたとも言っていました。

ホントにスポーツが得意なんですね。

 

犬飼貴丈さんはご自身のことを、「1つのことに夢中になるとそれ以外のことが見えなくなる、まっしぐらになってしまうタイプ」と言っています。

きっと、やり始めたことには、集中して猪突猛進?

それで勉強も運動も抜群、という結果につながっているのでしょう。

 

面白い特技編

面白い特技に「ひざをすぐポキポキ鳴らせる」というのがあります。

この特技からも、犬飼貴丈さんの人柄が分かりました。

緊迫した空気のときにポキッと鳴らすと、笑ってもらえるので(笑)。人をちょっと笑顔にできます。

 

確かに、緊迫した空気はプレッシャーをより強く感じそうです。そんな時「ポキッ」なんて音がしたら、ちょっとホッとしますね。

このエピソードから、犬飼貴丈さんは人懐っこい正確かと思いきや、共演者の方の話によると、犬飼貴丈さんは人見知りな方なのだそうです。

それなのに人を笑顔にするために、ひざを鳴らすなんて、気づかいの人なんだな、と思いました。

でも、仲良くなるとよくしゃべるみたいです。

そしてギャグセンスの評価も高いです。

一体どんなギャグを言っているのでしょうかね?



 

役柄のために免許取得

犬飼貴丈さんが取得した免許からも、犬飼貴丈さんの性格がうかがえました。

『仮面ライダービルドビルド』のオーディションを受けるときに、普通自動二輪車免許を取得したそうです。

これは『仮面ライダービルド』でバイクを乗るだろうという、役の準備だったと思います。

実際は番組の中では、バイクは牽引だけでした。これは安全面の配慮からだそうです。

でも、乗れるのと乗れないのでは、役に入り込む気持ちや意気込みが違うだろうし、それは見ている人にも伝わると思います。

役に向き合う姿勢が、真面目で強い人なんだと思いました。

 

健康管理のための料理

料理をするのも好きだそうです。

そして体調管理のために、自分で食事をつくるそうです。

撮影中はお弁当中心の食事になりがちなので、家ではあったかいものとか野菜をたくさん食べたいなって。一番好きなのは、鶏のつみれ鍋です。つみれから自分で作りますよ!

 

この話からも、犬飼貴丈さんは、責任感が強くて、役にも責任をもって向き合う、努力家だと感じました。

 

家族との関係

仮面ライダーシリーズのオーディションは、演技面、アクションの動きなど、細かく見られてとても大変だとのこと。

なんと5回のオーディションがあるのだそうでう。その審査を経て、『仮面ライダービルド』の役をつかみました。

オーディションは大変だと思っていましたが、5回もあるなんでビックリしました。

そのオーディションに合格したときのエピソードです。

水嶋ヒロさんが主演を務めた『仮面ライダーカブト』が大好きで、家族全員で観ていたんです。

なので、母も「仮面ライダーに合格したってことは水嶋ヒロさんの後輩になるんだね!すごいじゃん!」と喜んでくれました。

喜んでくれるのは嬉しいけど「そこ!?」って思いました(笑)。

 

家族全員で観ていたとのことですが、お父様も一緒でしょうか?

この表現、何となく兄弟がいるような感じがしますが、実際はどうなのでしょう?分かりませんでした。

お母様とは仲の良さが伝わってくるエピソードです。なんか微笑ましいです。

でも反抗期はあったようで、口を聞かなかったりしたとのこと。

でも今は、親孝行しないといけないと思って、週に一回は連絡するようにしているそうです。

反抗期って誰にでもあることだと思うし、それを過ぎて、大人になったということですね。

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

犬飼貴丈さんは、

・成績優秀

・運動神経がいい

・ハードルでは、新人戦において県6位に入賞

・仮面ライダーの役のためにバイクの免許を取得

・その場をなごませるために、ひざをすぐポキポキ鳴らせる

・料理が好きで、健康管理のために自炊する

 

犬飼貴丈さんは、一つのことにまっしぐら、という男らしい部分もあれば、緊張をほぐすためにひざを鳴らしたりもする、心づかいのある優しい部分もある人でした。

きっとこれからも役に夢中になって、素敵なお芝居をみせてくれることと思います。

 

それでは、

最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-ニュース・エンタメ
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


平昌オリンピック・パラリンピック

2018年4月
« 3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。