ニュース・エンタメ

小平奈緒インタビュー・スピードスケート金!銀!に松岡修造が聞く

投稿日:

 

オリンピックメダル

 

松岡修造さんが帰国報告会で小平奈緒選手にインタビューをしているところをまとめました。

小平奈緒選手といえば、真面目で寡黙なイメージです。

そのイメージのままの会見でした。



 

 

小平奈緒選手、平昌オリンピックでの成績

小平奈緒選手

500 M 金メダル

1000 m 銀メダル

今回の平昌オリンピックでは、日本選手団の主将をつとめました。

 

松岡修造インタビュー

なお、読みやすさを考えて、一部添削していますので、ご了承ください。

 

・小平さんの言葉というのは、世界中に伝わってきました。
誠実さと本気さ、このオリンピックで一番感じたことは何だったでしょう?

世界の和とか、応援してくれてる皆さんとのつながりを感じました。

 

・1000mではできなかった、心の底から自分を信じることができた、というのが僕は一番嬉しかった。
信じることができたらそこには何が見えたんでしょう?

皆さんの笑顔が見れました。

と、とても素敵な笑顔で答えてくれました。

それを聞いて修造さん、「嬉しいですね」

 

・ちょうど走行会の時に、僕らみんなで「届け勇気」と、子供達といった時に、少し気持ちをもらった気がしたんですけれども、勇気というのはどういう形で競技を通してできましたか?

私にとって勇気とは覚悟することだと思います。

 

・最後その覚悟の勇気を含めて、日本の皆さんに勇気というのを伝えていただけますか、このメダルとともに!

小平選手は胸元にあるメダルを手に取り、

じゃあ皆さんに勇気を届けます、と言って「勇気」と可愛らしく言いました。

あまり聞いたことがない大きな声でした。。。

と言っても、普段の小平選手の声よりは大きい、という頑張って言った感じですが(^^;)

でも笑顔でとっても嬉しそうでした。

 

修造さんが「届いた!届いた!」と大きな声で盛り上げてくれました。

いいですね、修造さん。修造さんがいたら、絶対白けません(^^)



 

 

日本選手団主将として

帰国報告会の最期に、松岡修造さんが、小平奈緒選手に、日本選手団主将としての話しを聞きました。

 

これだけスピードスケートが活躍できた、どんな思いで選手を見ていましたか?

私が主将ではあるんですけれども、選手それぞれが、自分たちが主役というつもりで、臨んでくれたのが、今回一番良かったかなと思います。

 

・世界ですごく流れていたのが、韓国の選手とともに、思いを共有できた、あれこそがスポーツだと思ったんです。何を一番伝えたかったのでしょう?

スポーツは言葉のいらないコミュニケーションだと思うので、 お互いを高め合って、お互いを尊重し合って、成長していくのがスポーツだと思うので、それが伝えられたらいいなと思いました。

 

・本当に感極まってくるね、ありがとうございます。

 

感想

小平選手はホントに「誠実さと本気さ」が伝わる選手です。

松岡修造さんの表現、しっくりときました。

 

そして、韓国選手とのエピソード、これこそスポーツだと思いました。

今回の平昌オリンピック、始まる前は、なんだか政治的なことばかりニュースになっていました。

オリンピックに政治を持ち込んで欲しくない、オリンピックを利用しないで欲しいと思っていました。

でも、オリンピックが始まり、精一杯の力を出して競技に挑む選手を見ていたら、始まる前のバタバタしたニュースのことは忘れていました。

それこそがスポーツなんだと感じました。

小平奈緒選手は、特にそのことを強く感じさせてくれたなと思います。

 

平昌オリンピック関連の記事をまとめています。

平昌オリンピック記事一覧

 

ご覧いただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-ニュース・エンタメ
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。


 

動画配信画像動画配信サービスの比較一覧
見逃し番組の視聴! 見放題プランや無料キャンペーンあり