生活情報

お正月はいつまで?正月飾りは?松の内の期間が関東と関西で違う理由

投稿日:

 

 

年始のお休みと言うと3日までというのが多いと思います。

では「お正月」はいつまでなのでしょうか?

3日まで? 7日まで?

その疑問を池上彰さんがテレビで解説していました。



 

 

お正月の目的は?

そもそもお正月って何のためにあるのでしょうか?

何をするための期間なのでしょうか?

お正月は「年神様」をお迎えして除災と幸福をお願いする日です。

年神様をお迎えするために、年末には家を綺麗にしてお迎えの準備をするのです。

 

年神様とは?

年神様とは、各家にやってきて豊作や幸せをもたらす神様です。

 

お正月はいつまで?

「お正月」が何日までなのかは、地域によっても異なり、厳密には決まっていないそうです。

「お正月は松の内まで」と言われていますが、この「松の内」が関東と関西では期間が違います。

・関東圏・・・7日まで
・関西圏・・・15日まで

場所によっては20日までというところや、旧暦の1月を正月と呼んでいたところでは31日までが正月というところもあるとのこと。

 

松の内とは?

松の内とは、門松やしめ飾りなど、正月飾りを飾る期間です。



 

 

正月飾りはいつまで?

正月飾りを飾るのは「松の内まで」です。

その松の内の期間が、地域によって違うので確認しましょう。

大きくは、関東は7日まで、関西は15日までとなります。

 

松の内の期間が関東と関西で違うわけ

なぜ、関東と関西で松の内の期間に違いがあるのでしょうか?

諸説あるようですが、有力な理由として紹介されていたお話です。

昔は関東の松の内も15日まででしたが、江戸時代に徳川幕府が「正月飾りは1月7日をもって飾り納めとする」というお触れをだしたのが、関西まで上手く伝わらなかったのだとか。

早めに正月飾りを外すお触れが出たのは、江戸は火事が多かったので、火事の原因とならないように、という考えがあったのではないかとも言われています。

 

お正月に飾る正月飾りの意味や、正月飾りの片付け方については、次の記事にまとめましたので、よろしければそちらもどうぞ。

正月飾りの意味と処分方法|家庭での捨て方は?使いまわしは?

 

 

「お正月」の期間には、地域によって随分幅がありますね。

それよりもお正月は「年神様」をお迎えする日だったとは・・・知りませんでした。恥ずかしい。。。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-生活情報
-,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


FODロゴ

2019年1月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。