2018夏ドラマ

グッド・ドクター|視聴率一覧・感想まとめ(随時更新)山﨑賢人・上野樹里/2018夏

投稿日:2018年7月9日 更新日:

先生と子供

山﨑賢人さん主演のフジテレビドラマ「グッド・ドクター」の視聴率をまとめています。

山﨑賢人さん初めての医者役で、「伝えたいメッセージがたくさん詰まった作品」ということです。

毎週どんなエピソートがあるのか楽しみですね。



 

 

放送日時

フジテレビ
木曜劇場「グッド・ドクター」
毎週木曜よる10時~

スタート:7月12日(木)よる10時 ※初回15分拡大

 

原作

『グッド・ドクター』(c)KBS(脚本:パク・ジェボム)
2013年に韓国で放送『グッド・ドクター』
2017年にアメリカで放送『グッド・ドクター 名医の条件』

 

脚本

徳永友一
『海月姫』、『刑事ゆがみ』、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』など

大北はるか
『刑事ゆがみ』、『好きな人がいること』など

 

主要キャスト

山﨑賢人・・・新堂 湊
上野樹里・・・瀬戸夏美
藤木直人・・・高山誠司

 

 

主題歌

「Hikari」androp(image world/ZEN MUSIC)

 

概要

新堂湊(山﨑賢人)は、幼い頃から小児外科医になることが夢だった。

だが新藤は、自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群でもあった。

そんな主人公がレジデントとして小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にあいながら、子供たちとともに成長していく姿を描く。

 

第一話あらすじ

舞台は「東郷記念病院」

東郷記念病院では、人件費削減などにより経営を改善する会議が行われていた。

小児外科は採算性が悪いと指摘されるが、小児病棟は減少し、人員が足りていない。赤字だったとしても、自分たちの科は子どもたちの最後の砦だと小児外科主任の高山誠司(藤木直人)は反論。

病院長の司賀明(柄本明)は、高山の意見に賛成だった。そして、人員不足の小児科に新しいレジデントを招くと告げる。そのレジデントが新堂湊だった。

バスで初出勤する新堂湊は、バスを降りたところで事故に遭遇。子供の怪我の手当をし、到着した救急車で病院に付き添う。子供が運ばれた病院は東郷記念病院だった。



 

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想です。

第1話・7/12

・最近韓国のリメイク版が多いと感じる

・最近は子供が命を失うニュースが多く、小児外科医の話しはタイムリー

・ドラマの通り、全ての子供たちが大人になれるよう心から願う

・ドラマが自閉症を広く社会に認知されることに一役買ってくれるとよい

・医療の現場の葛藤をちゃんと描いている

・自閉症の小児外科医は、現実的にはあり得ないだろうけど、フィクションとして、医者の本分とその情緒を追うドラマだと思う

・山﨑賢人が好演していた

山﨑賢人さんの演技が良かったという意見が多く、ストーリーも医療ドラマとして、引き込まれて観た方が多いようです。

これからが楽しみ、次も観るという人が多いです。

 

第2話・7/19

第2話は、女子高校生の菅原唯菜が、妊娠、出産。産まれた赤ん坊は、低出生体重児で、腸のほとんどが壊死状態。その赤ん坊を助けるために、医局の方針を無視して手術するという展開でした。

・何かあると「責任は私がとる」という場面が多い。人の命をどうやって責任とるのか?この言葉を軽く使い過ぎ

・高校生で妊娠して出産。お金もないのにどうやって育てるのか?健診も受けずに無責任。それなのに偉そうにしていることにイライラした

・母親の「こっちも生きるのに必死なんだよ」は、胸に刺さる言葉だった

・高校生で出産なんて確かに無責任だが、赤ちゃんに罪はない。助けたいと思って何が悪い

・誰も一人でなんて子育てしてない。みんなに助けられて生きていると思う。一時期親に頼るのもいいと思う。産まれてきたことを喜んであげて欲しい

・冒頭の高山先生のお墓参り、過去に何があったのか気になる。湊先生にきつくあたるのも理由がありそう

・高山先生が、湊先生の話を聞いて「新堂が正しい」と言ってくれたのはよかった。タッグを組めば最強になりそう

・湊先生の「赤ちゃんにとってのお母さんは唯菜さんです」という言葉がよかった

・瀬戸先生(上野樹里)が、一時的な里親制度のことを調べてくれてよかった

「素直に感動した」という人と「ただのファンタジードラマ、感動もない」という両極端の意見があります。

アメリカ版の方がよい、という人もいます。

好みや感じ方は人それぞれなので、いろいろな意見がありますね。

 

私はアメリカ版も韓国版も観ていなくて、「素直に感動した」派かな。

ドラマに、そこまでのリアリティを求めていないからかもしれません。

ドキュメンタリーでも、ノンフィクションでもなく、ドラマだと割り切ってみているからだと思います。

 

実際に、こんなことあり得ないと分かっていても、ドラマのエピソードから考えさせられたり、気付かされたりすることで、次が楽しみになっていきます。

このドラマを観て思うのは、人はしがらみ、世間体、体裁、組織、上下関係、権力争い、妬み、ひがみ、偏見・・・ホントにいろいろなものに縛られているんだなぁと。

何にも縛られていない湊先生の言葉は、胸に響くし、癒されます。

今回は、「どれだけ遠くに離れても、赤ちゃんを産んだのは唯菜さんです」「赤ちゃんにとってのお母さんは唯菜さんです」というシンプルな言葉に、その通りだなぁと。

当たり前のことなのに、気がつかなかったなぁ、と、そんな風に思いながら観ました。

次回、湊先生がどんな言葉を聞かせてくれるのか楽しみです。

アメリカ版がいいという人がいるので、観たくなりました。

 

平均視聴率

視聴率は、ビデオリサーチ(関東地区)調べです。

第1話・7/12:11.5%

第2話・7/19:

 

 

山﨑賢人さんは、フジテレビ系ドラマに初主演、初の医者役だそうです。

サヴァン症候群で医者という難しい役ですが、どんな演技をみせてくれるのか楽しみです。



 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

見逃したドラマ、もう一度みたいドラマはありませんか?
ドラマだけでなく、アニメや映画、スポーツなど、幅広いジャンルで配信サービスがあります。
今なら無料キャンペーンやお得なプランがあります。
各社のサービスをまとめていますので、是非チェックしてみてくださいね。
 
動画配信サービス比較はこちら
↓ ↓ ↓
動画配信サービスで見逃し無し!お得な見放題プランや無料キャンペーン  
 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2018夏ドラマ
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年7月
« 6月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。